靴擦れの原因はサイズ?かかとの靴擦れ防止方法やグッズなど!

かかと 靴擦れ 防止

新しい靴を買ってルンルン気分で外出、せっかく楽しい雰囲気だったのに靴擦れしてまった!
そんな経験、誰にでもありますよね。

とくに女性はヒールのある靴を履く機会が多いですから靴擦れしない方法はぜひ押さえておきたいポイントです。
今回は靴擦れ防止方法や便利な対策グッズをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク




靴擦れの原因とは?サイズ?歩き方?


どうして靴擦れは起こってしまうのか、根本的な原因をさまざまな角度から解明していきましょう。

靴のサイズによる靴擦れ


まずは靴のサイズの問題です。
自分の足の大きさと、靴のサイズに誤差があると靴擦れしやすくなります。
とくに自分の本来の足の大きさより大きめの靴を着用したほうが靴擦れは置きやすいです。

サイズからくる靴擦れは、とくにかかとを傷つける可能性があります。
二番目に多いのが足の小指です。
余った空間によって、足が靴の中で移動してしまうために靴擦れが引き起こされます。


歩き方による靴擦れ


次に、歩き方が原因で靴擦れになってしまう場合です。
あまりピンと来ないかもしれませんが、実は歩き方や靴擦れを起こします。

特に問題なのが歩くときの姿勢、バランスです。
左右どちらかに姿勢が偏った歩き方をしていると靴擦れを起こしやすいです。

正しい姿勢を常に意識して、足の先まで歪みのない歩き方を心がけたいですね。

歩き方が正しいかどうかは、靴の底のすり減り方を見てみれば一目瞭然です。
姿勢による靴擦れを起こしている方は、左右の足で底のスレ方が違います。
体が歪んで左右対象に重心がかかっていないと、このようなスレ方になってしまうのです。

心当たりのある人は、今すぐ靴の裏側の減り方をチェックしてみましょう。


足の形による靴擦れ


そしてどんな靴を履いても靴擦れになってしまう、という方はそもそもご自身の足の形に問題があるかもしれません。
足の形というのは、人間の他の体の部分と一緒でひとぞれぞれ個性があるのです。
同じ顔の人がいないように、足の形も皆ばらばらということ。

足の形によっては、どんな靴にも適応できないというケースも出てきます。
この場合は、靴をフルオーダーするのがいちばんいいのですが・・・
なかなか値段も張りますし、実践できる方は少ないと思います。

それではこれらの原因を知った上で、
どのように靴擦れ対策していけばいいのかを次の章でご紹介していきます。


かかとの靴擦れを防止する簡単な方法をご紹介!


具体的なかかとの靴擦れを防止するにはどうしたらいいのか、それをご紹介します。

まずは応急処置としては、テーピングを利用することをおすすめします。
擦れてしまった箇所に、貼って痛みを減らします。
見た目はあまり良くないですが、靴擦れで傷ついた足をケアしましょう。

とくにこちらの商品がオススメです。

■バンドエイド キズパワーパッド 靴ずれ用


クッション性が高いので、傷の上から貼っても痛みはありません。
そして防菌加工してある絆創膏なので、傷の治りも非常に早いと評判の商品となっています。


スポンサーリンク




そして靴を柔らかくするために、アルコールを吹きかけるという方法もおすすめです。
実は靴擦れを助長させているのは、買ったばかりの新品の靴が異常に固いということにある場合が多いです。

なのでアルコールを吹きかけて、靴の素材をほぐし・柔らかくすることで靴の方から足の合わせてもらえるような環境を作り出すのです。
とくに「サイズの合わない靴を買ってしまった」と感じている方には、ぜひこの方法を試していただきたいですね。

また、靴擦れしない靴を選ぶにはその時間帯が大切です。
できれば仕事が終わった夕方以降に靴を購入してください。
夕方は一日働いて、足がむくんでいることが多いです。
この時刻の足の大きさに合わせれば、靴擦れを引き起こすリスクがぐっと減ります。


まとめ


靴擦れを起こすと、もう一日どんよりした気分になりますよね。
私もすぐに擦れが起きるので、常にカバンに絆創膏を忍ばせています。

できれば擦れをまったく起こすことない、快適な靴を選びたいです。
ぜひこの記事を参考にして、靴擦れ知らずの生活を目指してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ