尿酸値が高い原因と症状は?尿酸値を下げる効果的な方法とは?

尿酸値 高い 原因

健康診断ではいろいろな数値が具体化されますよね。
ふだん健康に気遣っている人でも、結果が出るのは緊張することでしょう。

今回はその中でも尿酸値に注目してみました。
尿酸値、聞き馴染みのない方もいますよね。
これが高い数値を出しているとどんな弊害が生まれるのでしょうか。
さっそくご紹介します。


スポンサーリンク




尿酸値が高くなってしまう原因とは?


それでは尿酸値が高くなってしまう、具体的な原因について触れていきます。

まずは食生活。
偏った食生活は、尿酸値を上げる一方です。
どこかで見直さなければ、健康を害す原因になっていきます。

やはり野菜を多めに摂ると、尿酸値は減少していくと最近の研究結果で明らかになっています。
肉、または海産物の食べ過ぎは尿酸値を上げてしまいます。
十分に気をつけたいところです。

そして飲酒も尿酸値が高くなる根源と言えます。

アルコールは体内で分解される時に、生成物として尿酸を生み出します。
これは体外になかなか排出されずに、蓄積されてしまうのです。

とくにプリン体を含むアルコールは要注意が必要です。
代表格はなんといってもビールでしょう。
プリン体の宝庫とも言うべきアルコールです。

ウィスキー・ブランデー・焼酎などのお酒は逆に尿酸値を下げます。
このように、お酒は種類によって尿酸値を上げたり下げたりします。

さらにストレスも尿酸値と大きな関わりがあります。
過度なストレス環境下にいると、尿酸値が上がってしまうです。
食べるもの・飲み物に気をつけていてもストレスを強く感じるような環境も避けなければいけません。

以上が尿酸値と密接な関わりのある要因たちです。
あなたは思い当たることがありましたか?


尿酸値が高いと体にどんな影響がある?どんな症状が出るの?


尿酸値が高い人はさまざまな病気にかかりやすくなります。
その中でもいちばん気をつけたいのが、痛風です。
痛風というのは関節炎を伴う疾患のことを指します。

読んで字のごとく、「風が吹いても痛い」くらいの腫れが体のあちこちにできてしまいます。
基本的には、一度痛風になったら完治することはできません。
これ以上症状を悪化させないために、一生療養しながら付き合っていくのです。


はじめは関節に真っ赤な炎症ができる程度なのですが、だんだん痛みの大きさや痛いと感じる時間も大きく・長くなっていきます。
そしてひどい場合には、炎症部分が変形してしまうのです。
痛風は本当に防ぐべき疾病です。

さらに尿道結石ができたり、合併症の心筋梗塞や脳卒中を引き起こすのも尿酸値が高い人の特徴となっています。
尿酸値が高いままだと、ひとつの病気にとどまらずさまざまな病気を連鎖的に引き起こしてしまうというのが最も恐ろしいところですね。


スポンサーリンク




尿酸値を効果的に下げる方法とは?


それではこんな恐ろしい病気にならないためにも、普段から尿酸値を上げないような生活を心がけましょう。

いちばん身近で直しやすいのは食生活です。

前述したように、肉や海産物には尿酸を高くする要素がつまっています。
絶対に摂取してはいけない、ということはないですがやはり食べる量には気をつけなければなりませんね。

肉や魚だけでなく、貝類や明太子といったものにも尿酸値を上げる成分は多くふくまれていますので注意しましょう。

そしてアルコールも飲みすぎないようにしてください。
とくにビール。
ビールはあっという間に尿酸値を高くします。
どうしてもお酒が飲みたいときは、ビール以外のお酒をチョイスしましょうね。

また、日頃から適度な運動をすることも重要です。
一日数十分のランニングでいいので、行ってみてください。
適度な運動によって人間の精神というのはストレスから解放されます。

ストレス環境にいる方は、ぜひ空いている時間を有効に使って体を動かしてください。


まとめ


尿酸値というフレーズはたまに耳にしますが、この数値が高いとこのような健康危害があるのですね。
食生活にも要因が潜んでいるので、ぜひ気をつけたいところです。

健康診断などで高濃度の尿酸値を記録してしまった方はすぐにでも対策をして、尿酸値を下げる努力をしてきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ