フローリングの傷や凹みを自分で補修して目立たなくする方法

ある晴れた日曜日。
窓からの光に照らされた我が家のフローリングを見て愕然としました。

なんか、傷が増えてる??!!

そういえば最近子供が新しいおもちゃを祖父母から買ってもらって、遊んでたっけ。
なんかやたら先端尖ってたよな~。。。(涙

フローリングは裸足で歩くと本当に気持ちがいいですが、傷付きやすいのが悩み。
重たいものを落としてしまったときに凹んでしまうこともしばしば。
もちろん私自身も凹みます。。。

キレイな状態に戻したい!
とはいえ業者さんに頼むと高つきそうだし、そこまで酷い傷でもない。
なるべくお金をかけずに、直したいですよね。

私たち夫婦は二人揃ってとっても不器用。
なので完璧は求めないけどお手軽に目立たなくしたいというのが本音です。

そんな方法ってあるんでしょうか?

今回は、DIY大好き!!という頼もし~い友人に色々と聞いてみました!

よくある傷や凹みのパターン別に修復方法をご紹介します。
市販の修復キットを使った簡単なものばかりなので、ぜひ参考にしてみて下さいね♪


スポンサーリンク




フローリングに付いた傷を目立たなくする方法


浅いひっかき傷から、ガッツリ削れてしまった傷まで、フローリングの傷と言っても実に様々な種類がありますよね。

まずは浅い傷の補修です。

フローリングの傷や凹みを自分で補修して目立たなくする方法

これはわざわざ補修キットを買わなくても家庭にあるもので隠すことができますよ。
おすすめの方法をいくつかご紹介していきます。


紅茶のティーパックで擦る


意外に思われる方も多いですが、結構効果があるので試してみる価値ありますよ。
方法は、飲み終わったあとの紅茶のティーパックをフローリングの傷に擦り付けるだけ。

これは、紅茶に含まれるタンニンという成分を利用した方法で、紅茶のキレイな飴色を傷部分に付けることができます。
フローリングの色によっては合わない場合もあるのでまずは目立たない場所の傷で試してみて下さいね。


簡単な補修キットを使った方法


次は、ホームセンターなどで簡単に手に入る補修キットを使った方法です。
浅い傷から深くえぐれたような傷まで幅広く直せるのでオススメです。


■建築の友 かくれん棒 フローリング用ハードタイプ




色を選ぶのがちょっと難しいですが、単色にすれば200円~300円で購入することができます!

傷の付いた部分にぬりぬりするだけなのでとっても手軽ですよ。
色は、見た目よりも実際塗ってみると濃くなるようなので、若干明るめの色を選ぶことをオススメします。

また、こちらは材質がワックスなので、ロウソクのように溶かして使うこともできます。
ちょっと深い傷の場合は、かくれん棒を削ってスプーンなどにのせ、ライターであぶって傷にタラリ。
傷よりも少し多めに盛ってあげるのがコツです。

乾いたら、下敷きやボール紙などをつかって盛り上がった部分を削り取ります。
もし、テカリが気になるようでしたら目の細かいスチールタワシで軽くこすってあげると馴染みますよ。



■かくれん棒ミニ4色入り




色の選択に自信がない、何箇所か色の違うフローリングを修復したい、という方にはオススメです。
複数の色を調合できますし、修復範囲が広がってお得ですよね。
お値段も800円~1000円ほどと気軽に買える値段なのも嬉しいです。


スポンサーリンク




フローリングの凹みをキレイに修復する方法


我が家はやんちゃな男の子が二人いるのですが、おもちゃを投げあったりと遊び方がとにかく激しい!!
硬いプラスチックの車のおもちゃなんかもボンボン投げるので、当然床は傷だらけ。。。

当たり所が悪くて、ガッツリ凹んでしまった箇所も・・・(涙

フローリングの傷や凹みを自分で補修して目立たなくする方法

結構凹みが大きくて、靴下が引っかかってしまう始末。
これは早急になんとかせねば!!

ということで、凹んでしまったフローリングの修復方法をいくつかご紹介します。


水を吸い込ませて膨張させる


これは、丸太をそのまま切り出した無垢材や、小さな板材や木材をくっつけて作られた集成材に有効な方法です。

木は水を吸い上げて生きていますよね。
ですから、水分を含むと膨張するという性質があります。
この性質を利用して凹みを膨張させて目立たなくしてみましょう。

方法は、凹んでしまった部分に水を垂らして吸い込ませるだけ!
この時、水を吸い込みやすいようにあらかじめ凹んだ部分に画鋲などで穴を数箇所開けておくとスムーズに膨張します。


アイロンの蒸気で膨張させる


水を吸い込ませる方法も結構目立たなくなりますが、さらに効果を上げる方法があります。
それはアイロンの蒸気を使った方法です。

スチームアイロンをお持ちであれば、凹んだ部分にスチームを当てるだけ。
熱と蒸気によって、木は膨張しやすくなります。

この時、当て布を当てるようにしましょう。
直接アイロンの熱がかかると焦げてしまうことがありますので注意して下さい。

もしスチームアイロンをお持ちでない場合は、タオルなどに水を含ませて、その上からアイロンをかけるようにすると、スチームアイロンと同じ効果が出せますよ。


補修キットで凹みを目立たなくする方法


水を含ませる方法は、無垢材や集成材にオススメと書きましたが、合板のフローリングの家庭も多いですよね。

合板とは、薄い板を層状に重ねたもののことで、凹むというよりも割れに近いような状態になるのが特徴です。
この場合は、修復専用のねんどや、パテを使うことで素人でも簡単に目立たなくすることができます。

私のオススメ補修キットをいくつかご紹介しますね。


■フローリング+スタイル 床の手なおし キズけしねんど




簡単に直せるねんど状の補修材です。
お値段も、300円~400円程度でお財布にも優しい~。

必要な分だけ切り取って、よーく練って凹んだ部分に詰め込むだけでオーケー!という不器用さんにはありがたーい商品。

密着させるためのプレートも付属しているので、見た目もきれいに仕上がります。
もしも色が合わずに目立つようでしたら、先に紹介したかくれん棒との合わせ技で仕上げましょう。


■キズなおしま専科家中のキズはおまかせ!




こちらはなかなか本格的なキットです。
なんといっても補修材を溶かす専用の電気ゴテまでついてますからね!

天然の樹脂成分でできたシェラックスティックという補修材はプロも愛用しているほどだとか。

私的には、木目マーカーがついているのがポイント高いと思います。
フローリングを補修したときは、木目をつけるかつけないかで仕上がりにかなり差が出ますからね~

お値段は4000円ほどとお高めですが、フローリング以外にも家具やドアなどにも使えて重宝しそうなので持っていると何かと役に立ちそうですよね。


まとめ


フローリングに傷や凹みがつくと、妙にそこだけ気になってしまいますよね。
とはいえやんちゃな子供たちや、うっかり者の旦那さまの動きを止めておくのも不可能。

私自身も、ついうっかりなんてのはしょっちゅうです。

そんな時も、今回ご紹介した方法を使えばご家庭でも簡単に補修することができます。
特に塗るだけのタイプなどは、お子さんでも簡単に補修作業ができるので、一緒に作業することで傷をつけないように気をつけて遊んでくれたりするのでオススメですよ。

みなさんも色々試してみて下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ