タオルがくさい!?部屋干しの臭いの原因と対策は?おすすめ柔軟剤もご紹介!

長雨が続いたある日、お気に入りのタオルを手に息子が一言、

「なんか、タオルくさ~い!」

そんなはずは・・・と思って嗅いでみると、あの独特のイヤ~なニオイが。。。
そう、あの部屋干し臭と言われるニオイ。

そりゃあ天気の良い日に洗濯したいのは山々ですが、小さな子供がいるとご飯で汚れ、トイレを失敗して汚れ・・・と洗濯物が大量に出てしまうので毎日せざるをえないんですよね。

当然雨の日が続けば、部屋干しを余儀なくされてしまいます(涙)

タオルがくさい!?部屋干しの臭いの原因と対策は?おすすめ柔軟剤もご紹介!

我が家では除菌効果があるという除湿機を稼動させているというのにこの有様。
世の主婦のみなさまはどうやっているのでしょうか??!

そもそも臭くなってしまう原因は?
もしかして私が普段使っている洗剤がダメなのかしら。。。と考え出すと夜も眠れません!!

ふわふわでいい匂いのタオルを子供たちに使って欲しい!

そんな思いで、部屋干しの臭いの原因と対策を調べてみましたよ~
部屋干し臭がしにくくなる洗剤&柔軟剤もご紹介しますのでお楽しみに!!!


スポンサーリンク




タオルがくさい!部屋干し特有の臭いの原因は?


洗剤を入れて洗濯機をぐるぐる回して、しっかりすすぎ&脱水もしているというのにナゼ臭う!?

その原因はズバリ!「雑菌」&「洗い残した汚れ」なんです!
聞いただけでもガックリきちゃう言葉ですよね~。。。


雑菌が繁殖する原因とは?


じめじめした場所にカビや雑菌が発生しやすいのと同じように、洗濯物も湿った状態では雑菌が繁殖しやすいのです。

サンサン照り付ける太陽の下、さわやかな風なんぞふいていれば、すぐに水分も飛んでしまい菌も繁殖できないのですがこれが雨の日で、窓を閉め切った室内だったらどうでしょう?

想像しただけでも分かりますよね。
雑菌にとってこれほど繁殖しやすい場所はないのです!!

特に、ふわふわとした厚みが気持ちよいタオルは乾くのに時間がかかりやすいため、雑菌繁殖の餌食になりやすいのです。


洗い残した汚れが臭いの原因に!


私たちは知らない間に、衣類やタオルに皮脂汚れや食べ物などの油汚れを付着させています。
困ったことにこれを洗濯で完璧に取り除くのは至難の技。

見た目はキレイになっていても、繊維に残っていることが多いんです。
この汚れが、酸化したり変質することによって、独特のイヤ~な臭いを放つ物質へと変化してしまうのです。

ちなみにこの部屋干し特有のニオイ、一度ついてしまうとなかなか取れないという恐ろしい特性もあります。
実際我が家も、臭くなったタオルを天気の良い日にしっかり干しましたがニオイが取れず涙した経験あり。

これも、結局汚れや繁殖した雑菌が取りきれずに残ってしまうのが原因なのでした。とほほ。。


とはいえションボリしてばかりもいられません!
息子にいい匂いのふわふわタオルを使わせてあげたいのです!

原因を調べて分かったことは、とにかく素早く乾燥させること(雑菌の繁殖を抑える)と、汚れをしっかり落とす(ニオイの原因を残さない)ことですよね。

これらを踏まえたうえで、具体的にどのような対策をすればいいのか考えてみました。


部屋干しにするときに臭くならない方法とは?


原因も分かったところで、具体的な対策方法についてご紹介します。

注意すべきは2点。
洗濯物の乾かし方のコツと干す場所です。
順番に見て行きましょう。


洗濯物を臭くならないように乾かすコツ


部屋干しで最も大切なのはとにかく早く乾かすこと!これに尽きると言っても過言ではないでしょう。
とにかく素早く乾かすことで雑菌の繁殖を防ぐのです。

以下に、早く乾かすためのコツをいくつか調べてみたので参考にしてみて下さい。


■洗濯が終わったらすぐに干す!

脱水が終わった後の半乾きの状態で長時間放置することは雑菌に「さぁ繁殖して下さい」と言っているようなものです。
終わったらすぐに干すことを習慣づけましょう。


■お部屋に空気の流れをつくる

部屋干し中の室内は、窓を閉め切っていることが多くどんより空気がとどまりがち。
エアコンを送風状態にしたり、扇風機を回すことで室内の空気に流れを作ることが大事なのです。

特に洗濯物にしっかり風が当たるように工夫すると、乾くスピードが段違いに速くなりますよ!


干す場所を工夫して臭くならないようにする


次は洗濯物を干す場所に注目してみましょう。

みなさんは部屋干しするときどこに干していますか?
干す場所の選択を間違えると、洗濯物は永遠に乾かない・・・と言ってもいいほど乾きにくくなるのです。

オススメは、部屋の真ん中!
風通しが良くて広い場所は洗濯物を乾かすのにピッタリです。

逆にNGなのが壁際や窓際。
特に窓際はカーテンレールを使って吊るしたくなりますよね。

窓際の場合、窓を開けることで空気の動きができるというメリットもありますが、窓は結構汚れていることが多いので、洗濯物が窓に触れないように注意する必要があります。

窓を閉め切った状態なら、全く意味がないのでやめましょう。

干す場所がない・・・という方は、思い切って室内用の物干しを購入するのもオススメです。
我が家では、天井に吊り具を取り付けて、物干し竿かわりのポールを渡しています。

天井なので普段はジャマになりませんし、たっぷり干せるのでとても重宝していますよ!

私のオススメはこちら!

■室内物干し DRY・WAVE(ドライウェーブ)




長さの調整もできてとっても便利ですよ。
遊びにきた友人に必ずと言っていいほど羨ましがられる自慢の一品です!お試しあれ。


スポンサーリンク




部屋干し専用の洗剤&柔軟剤を使ってみよう


干し方の工夫で洗濯物の臭いを抑えることはできますが、部屋干し専用の洗剤や柔軟剤を使うことで、かなり臭いを抑える効果が期待できます。

便利なもので、洗剤&柔軟剤メーカーさんからは、ニオイの原因を排除するために洗浄力を高めたり、雑菌の繁殖を抑える働きのあるものが数多くでています。

その中でも私オススメの商品をご紹介しますね。

■アリエール サイエンスプラス7




こちらの商品、あのニオイにシュシュッでおなじみの「ファブリーズ」と共同開発したというニオイ対策に関してなんとも頼もしい商品なんです。

除菌効果が高いというのは心強いですよね。

また意外としられていない業界の常識があって、洗剤を選ぶときは、「粉」洗剤を選ぶことが洗浄力を高めるポイントです!
実は洗剤の洗浄力は全く同じ商品でも、粉>ジェルボール>液体の順に洗浄力が違うんです。

粉洗剤は価格が手頃なため洗浄力が弱いと思っている方も多いので、知っておくと得しちゃいますよ!!


■レノア オードリュクス イノセント




柔軟剤もアリエールと同様、ファブリーズと共同開発したというレノアがオススメ!
香りの種類もたくさんあるので、我が家では気分に合わせて色々使い分けていますよ。


まとめ


息子の「タオルくさい」発言から、ショックで一念発起した私。

部屋干しのニオイも原因がわかればその対策方法もそんなに難しいことはなく、どんな風に干せば早く乾くかな、この洗剤試してみようかな、と対策を考えるのも楽しくなってきました。

なにより、家族の「ふわふわのタオル気持ちいい~」という言葉が聞ければ努力も報われるってもんです。

部屋干しは確かに憂鬱ですよね。

けれど、ちょっとしたコツと工夫で太陽の下で干したのと同じレベル!。。。とまでは言いませんが十分気持ちよく使えるレベルに干せちゃいますよ。

みなさんも、次の雨の日の部屋干し対策に、ぜひ参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ