サーキュレーターの効果的な使い方!冷房効率が大幅にアップするって本当?

先日物置をゴソゴソ片付けていると、出産祝いにいただいた「サーキュレーター」が出てきました。

サーキュレーターの効果的な使い方

貰ってから、その使い方がイマイチよく分からずずっとしまいっ放し。。

そういえばプレゼントしてくれたときに
「これを使えば光熱費の節約になるよ!これから子供のために空調管理大変だから活躍させてね!」
なんて言ってたっけ。

たしかに子供が生まれてからは、熱中症や脱水にならないようにと夏場はエアコンをしっかりつけて過ごしてたので電気代高かったな~。。

貰ったことすっかり忘れてた。。プレゼントしてくれた友人、ごめんよ(涙


我が家では夏場はエアコンと併用して扇風機も使っているのですが、サーキュレーターってそんなに効果あるんでしょうか??

でも友人がわざわざプレゼントしてくれるのだからきっと役に立つに違いない!!
今年の夏はサーキュレーターを活躍させて、光熱費削減させるぞー!

ということで、サーキュレーターの効果的な使い方や、実際どれぐらい電気代が安くなるのか、また、扇風機と比べてその効果に違いはあるのか?など気になることを調べてみましたよ!

サーキュレーター初心者の方オススメの内容となってますのでぜひ参考にしてみて下さいね。


スポンサーリンク




そもそもサーキュレーターって何?どうやって使うものなの?


熱い夏の夜、1階に比べて2階の寝室が異常に暑くて寝苦しい!!
なんて経験をされた方は多いはず。

これは、暖かい空気が冷たい空気よりも上へいこうとする性質によるもので、家全体だと1階と2階での温度差がとても分かりやすいですが、実は1つの部屋の中でも同じ現象が起きているんです。

それがよく聞く「温度ムラ」というもの。

エアコンをつけると、お部屋の空気は冷やされていくのですが、その冷たい空気は部屋の下の方にたまります。

どこの家庭でもそうだと思いますが、エアコンって部屋の高い位置についていますよね?

エアコンは部屋の空気を取り込んで、設定温度に合わせて冷やしています。
つまりエアコンにとっては部屋の上層部(エアコンのそば)の空気温度=部屋の温度と認識するのです。

暖かい空気が部屋の上にたまっていくと、下の方は十分冷えているのにエアコンはまだまだ冷やさなくては!と無駄に頑張ってしまうことになります。

特に夏の暑い時期は、体に直接冷たい風を当てようと、風向きを下に設定しがち。
これによって、部屋の温度が冷えすぎてしまう、ということが起こりやすくなるのです。

これはそのまま、無駄な電気を使っていることになり、電気代が増えてしまう原因にも。。。

その温度ムラをなくすべく、登場したのが「サーキュレーター」なのです!!




サーキュレーターは、2層のゼリーのように温度が分かれてしまった室内の空気を、ぐるぐる~っと攪拌(かくはん)させるのが主な役割。

これでエアコンで冷やされた空気はまんべんなくお部屋にいきわたり、エアコンが効きすぎてしまうことを防ぐばかりか、部屋の中に空気の流れが生まれるため普通にエアコンだけつけているよりも、風の動きを感じて涼しいのです。

まるで木陰でそよ風に吹かれているような、あのさわやかさが得られるのです!!!

設定温度を低くしすぎなくても涼しくなるなんて、なんてエコで体に優しいのでしょう!
スバラシイじゃないの、サーキュレーター!!

これは早速つかってみなければ!
ということで、次は具体的にどのように使えば効果的なのかご説明します。


エアコンの冷房効率を大幅アップさせるサーキュレーターの効果的な使い方とは?


せっかくサーキュレーターがあっても、効果的な使い方をしなければ意味がありません。
正しい使い方をマスターしましょう!


<お部屋の空気をぐるぐる攪拌させる設置方法>

冷房効果がアップする設置方法、それはズバリ、サーキュレーターを真上方向に向けて風を送る!です。

これでエアコンで冷やされて下にたまった空気は、上へ強制的に上げられて上の暖かい空気と混ざり合います。
これが繰り返されることで、部屋の空気は2層に分かれることなく循環されるのです。


<こんなメリットが!サーキュレータの驚くべき効果>

サーキュレーターを回してお部屋の空気を循環させる、たったこれだけのことで実際どれぐらいの効果が得られるのか、気になりますよね!

大体1台2,000円~6,000円ほどで売られているサーキュレーター、しっかり元をとれるのでしょうか?

結論は、イエス!イエス!イエーーーース!!!(←しつこい?笑)


エアコン、サーキュレーターの電気代、併用した場合の省エネ効果、合わせて見ていきましょう。

まず、サーキュレーター自身にかかる電気代。

例えば一般的なサーキュレーターの消費電力50Wで考えてみます。
この場合、1日8時間程の使用で、1日の電気代は約10円かかります。

次にエアコンの電気代。

消費電力や性能によってかなり差が出るエアコンの電気代ですが、6畳用の平均的なエアコンで消費電力500Wとすると、先ほどと同じ1日8時間程の使用で、1日の電気代は約100円かかります。

なんと、サーキュレーターの10倍!!

しかもエアコンは、室温が1℃変化するだけで電気代が10%も変動するというのだから驚きです。

ここで気になる、サーキュレーターとエアコンを併用させた場合です、実際1ヶ月の電気代が「約半分」になった!!という事例があるほど効果的なのだそうです!!

仮に、エアコン1ヶ月使用で電気代3,000円が、サーキュレーター併用で半額の1,500円になったとするとサーキュレーターを1ヶ月使用しても電気代は300円ほどなので、1,200円もお得!!

ワンシーズンで十分元が取れちゃいますよね!!!

さらにサーキュレーターは、冬場の暖房効果を高めることができたり、部屋干し中の洗濯物に風を当てることで速乾性を高めたり・・・とほぼ一年中活躍してくれる優れもの!!

もはや一家に1台と言わず、各部屋に1台あっても十分使えちゃいますよね♪


スポンサーリンク




サーキュレーターは扇風機とは効果や機能面でどう違う?扇風機で代用できない?


サーキュレーターは、お部屋の空気をぐるぐる攪拌させるのがその主たる役割だと説明しました。

そのために、その構造も特徴的です。
羽根がクルクル回転している、という点では扇風機と混同されがちですが、あなどるなかれ!!

空気を攪拌(かくはん)する、という目的達成のためにとても考え抜かれた構造をしているのです。


サーキュレーターと扇風機はそもそもその使用目的に違いがあります。
先に説明したとおり、空気の攪拌が目的のサーキュレーターに対し、扇風機は、体に心地よい風を当てることを目的とした製品。

実際使ったことがある人はイメージしやすいのですが、扇風機は、風が広い範囲に広がるように送られるので、少し離れると風はあまり強く感じません。
体に直接当たってもやわらかい風を感じることができます。

サーキュレーターの効果的な使い方

それに対し、サーキュレーターの場合は人に当てることなんて考えていません。
目的は、強い風を遠くに送る!ただそれだけなのです。

そのため、空気は直進するよう螺旋状に渦を巻きながら送られます。
離れた距離からもその風圧をしっかり感じることができます。
この強い風が、お部屋の空気を循環させるのに必要なんです。

サーキュレーターの効果的な使い方

また、サーキュレーターは効率よく空気を循環させるために風向きを真上方向など広い角度に向けることができます。

ですから扇風機ではこの役目を務めるのは非常に厳しいのがわかりますよね。

逆に、サーキュレーターを扇風機がわりに体に当てようとすると、風が強く当たりすぎて冷えすぎてしまうのでそれぞれの役割にあった使い方をしましょう。


まとめ


節電、節電、と呪文のように唱える日々。

電気の基本料金が右肩上がりに上がっていく昨今、ちょっとでも電気代を安く押さえたいと考えるのはどこの家庭でも一緒ですよね。

今回は夏の冷房効率をアップさせる救世主「サーキュレーター」についてご紹介しました。
コンパクトで場所を取らない控えめな見た目からは想像もできないような効果に驚いた方も多いのでは?

使わずにしまわれていたかわいそうな我が家のサーキュレータも今年は大活躍してくれそうです!

暑い夏を快適に乗り切るためにエアコンはやっぱり必要ですが、その効果を高め、なおかつ節電になっちゃう「サーキュレーター」を、みなさんも取り入れてみてはいかがでしょうか?

ぜひ検討してみて下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ