畳にカビが!?綺麗に除去&予防する掃除方法教えます!

長雨が続くと窓もあまり開けられないし、なんだか家中がムワ~ッとしちゃいますよね。
とくに普段あまり使うことがない和室はついつい換気を忘れてしまいがち。

畳にカビが!?綺麗に除去&予防する掃除方法教えます!

そんなある日和室で探し物をしていたらタンスの後ろに物を落としてしまいました。

なんとかタンスをずらしてみると・・・畳に黒いシミのようなものが。
触るとなんだかベトベトして気持ち悪い~

もしかしてこれってカビ?!!!(涙

畳にカビが!?綺麗に除去&予防する掃除方法教えます!

和室はお客様用の部屋としても使っていたのでショックーーーー!!!
しかも来週は姉夫婦が子供たちと泊まりに来ることになってるんだった。

早急に対策せねばー!

でも畳のカビ掃除ってどうすればいいの?!フローリングと違って拭き取るだけではダメそうだし畳が傷んでしまわないか心配…

みなさんはこのような経験ありませんか?
畳はこするとカビがい草の隙間に入ってしまいそうだし、お掃除方法が難しそうなイメージですよね。
また、プロのクリーニングに頼むのは高そう。

そこで、家庭で簡単に畳のカビ掃除ができる方法がないか調べてみました!
また、こんな緊急事態を招かないためのカビ予防方法についてもご紹介します♪


スポンサーリンク




畳にカビが発生しやすい環境とは?


一般的に畳はフローリングと比べてカビが発生しやすいのだとか。
しかも、新しい畳表ほどカビに狙われやすい!という事実をご存知ですか?

畳にカビが発生しやすい理由や条件などを調べてみました。


畳にカビが発生しやすい理由とは?


畳にカビが!?綺麗に除去&予防する掃除方法教えます!

古い畳ほどカビが発生しやすそうなイメージを持っていただけに、とっても意外でした。
これには畳の持つ性質上の理由があるのです。

天然のい草でできた畳には空調管理システムのようなものがあり、湿気を吸ったり吐いたりする性質があります。
湿度の高い日本の風土にとても合っているこの性質は、新しい畳ほど頻繁に行われ古くてい草が潰れてしまった畳だと、この性質があまり機能しなくなっているそうです。

そういえば、新しい畳ってなんだかしっとり気持ちがいいですが、古~い畳って、カサカサっとして毛羽立っているように見えますもんね。

ところがこの新しい畳の空調管理システムも、長雨が続いたりして極端に湿度が高い状態が続くとどんどん湿気を吸っていってしまいます。

カビにとって湿度が高い状態は繁殖にもってこい!
ということで、実は新しい畳ほどカビが発生しやすくなってしまうんです。。。

他にも畳にカビが発生しやすい条件がありますので簡単に書いてみますね。


カビが発生しやすい条件


畳にカビが!?綺麗に除去&予防する掃除方法教えます!

カビが発生しやすい季節は、初夏の6月~9月ころの湿度の高い状態が続く時期といわれています。
また畳を新しくしてから1、2年は特にカビが発生しやすいので注意しましょう。

気温は、25度前後が最も活発に発生・繁殖します。
湿度は、75%以上になるとカビ発生のサインです。

蒸し暑いな~と感じる気温で、雨が降っていたらカビにとってはパーフェクト!な環境ですね。

また、お部屋の向きなんかも重要な条件となります。

例えば、1階北向き、庭では樹木を植えていて風通しが悪い、というパターン。
これは和室には結構ありがちなんですが、これらの条件はカビの発生を後押ししてるんです。

ご自身の家の間取りを見れば、カビが発生しやすい部屋が分かりますね。
ちなみに我が家はこのパターンに見事合致!!!そりゃあカビも発生しちゃうよな~(涙


畳に発生したカビを綺麗に除去する掃除方法とは?


発生したカビに泣いて悲しんでばかりもいられません!
見つけてしまったらすぐにキレイに掃除して除去すればいいのです。
その方法についてご説明します。


掃除前の準備編


畳にカビが!?綺麗に除去&予防する掃除方法教えます!

お掃除の前には、必ずマスクをつけましょう。
カビの胞子は吸い込むとアレルギー反応を起こす可能性があるためです。
私はメガネにマスク、ゴム手袋を着用し万全の体制で挑みました。


カビと戦う!掃除方法編


まずカビ掃除での禁止事項から。
それは、水拭き&擦ること!!!

カビの大好物である水分を畳に含ませるのは厳禁ですし、い草の隙間にカビを擦りこむ擦り作業はやめましょう。

これを頭に入れて、オススメの掃除方法を実践してみましょう。

まず準備するのは、アルコールやエタノールです。




これは掃除用の除菌アルコールスプレーがあればいいですが、無ければ消毒用の物でもオーケーです。

アルコールなどは揮発性が高く、水のように残らないので畳掃除にピッタリなんです。
また、殺菌作用でカビ菌を殺す働きもあります。まさにカビ掃除の救世主ですよね!

カビにアルコールをしっかり拭きつけ、乾燥したら掃除機で吸い込みます。
掃除機の付属ブラシがあればそれを使うと、畳の目に入ったカビも取れやすいですよ。
なければ歯ブラシなどでかき出すとよいでしょう。


カビが取れたら再びアルコールをスプレーし、今度はドライヤーや扇風機でしっかり乾燥させます。
お部屋の湿度が高いようでしたら、除湿機などで除湿することをオススメします。


スポンサーリンク




畳にカビを発生させないための予防策とは?


カビの除去作業が終われば、やはり知りたいのはカビの発生を防ぐ方法ですよね。
ここでのポイントははじめにご紹介した、カビが好きな環境にならないようにすること!

具体的な方法についてご説明します。

まず1番大切なことは、湿度が高くなり過ぎないようにすること。
また、湿度が高い状態が長く続かないようにすることですよね。

私のオススメ予防策は、温湿度計の設置です!




これでお部屋の状態が一目瞭然。

こまめに確認することを習慣にして、湿度が高いな~と思えば換気したり、それで足りないようであれば除湿機を使って機械的に湿度を下げることができますよ♪

我が家では子供に確認係をしてもらっているのですが、ゲーム感覚で確認してくれるので楽しみながら湿度管理ができてます。

普段のお掃除では、定期的に消毒用のアルコールやエタノールで畳を拭き掃除することをオススメします。

除菌もできるので、カビが発生しにくくなりますよ。


まとめ


目に見えないほど小さなカビの胞子が、いつの間にやらひっそり繁殖しているなんて
想像してみるととってもこわ~い現象ですよね。

でもそれにはちゃんと理由があり、正しい対処方法があることが理解いただけたのではないでしょうか?

最後にご紹介した温湿度計での空調管理は、我が家でも実践しているオススメの方法です。
目で見て簡単にお部屋の状態が分かるのはとても安心感がありますし、子供も巻き込んで楽しく除湿できるのは私自身のストレスを軽くすることにつながりました。

除湿!除湿!って考えてばかりいるとストレスになっちゃいますもんね。

畳はとっても気持ちよくて大好き!という方も多いと思います。
今回ご紹介したカビ発生時の対処法や予防策を参考に、快適な和室を維持して下さいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ