結露が酷い!サッシの結露の原因と対策とは?カビの除去・掃除方法も!

結露 サッシ 原因

寒くなってくると悩まされるのが、窓やサッシに付く結露ですよね。
特にアルミサッシは酷いもので、水滴どころかずぶ濡れ状態になってしまうことってありませんか?

そして気がつけば、アルミサッシを固定しているフローリングも濡れてしまっていて、下手をするとカビまで生えてしまっている始末。
これ、放置しておくとかなりマズイかも。

そんなやっかいなアルミサッシの結露、どうやって解決していけばいいのでしょうか。?
そこで、結露が付く原因や結露対策、フローリングのカビ対策などを詳しく調べてみました。


スポンサーリンク




結露が酷い!寒い冬に窓のサッシに結露が付く原因とは?


そもそもなぜ寒くなるとサッシに結露が付いてしまうのでしょうか?
それには外気温と室内の「温度差」と室内の「湿度」が関係しています。

まず室内には、必ず水分を含んだ空気が存在しています。
この水分が含まれている率を、湿度といいます。
これはみなさん知っていますよね。

その水分量はその日によって変わってきますが、晴れの日でも湿度は60%程度はあるそうです。
雨の日はほぼ100%になります。

この水分を含んだ空気というのは、冷やされると水に戻るという性質があります。

思い浮かべてみて欲しいのですが、ガラスのコップに氷水を入れておくとガラスの表面に水滴がたくさん付きますよね。
これは何故かと言うと、室内の湿った空気が氷水が入ったグラスによって急激に冷やされて、水に戻り、グラスの表面に付着するからです。
これが結露の原理なんですね。

窓というのは外気と室内の境目にあるので、冬の寒い日は外気によって冷やされます。
コップに氷水が入っているのと同じ状態ですね。

特にアルミサッシの場合は金属ですので、キンキンに冷えている状態です。
このキンキンに冷えたアルミサッシに水分をたっぷり含んだ室内の空気が触れると、水滴となって付くんですね。
氷水のグラスと同じ現象が起きているわけです。

まとめると、結露の原因は、
  • 寒い冬は外気温によって窓やサッシが冷やされる
  • 特にアルミサッシは金属なので冷えやすい
  • 冷えた窓やアルミサッシに室内の温かくて湿った空気が触れると結露となって水滴が付く

ということになります。


結露でぐっしょり。サッシの結露対策とは?


では、結露がつかないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。
一番簡単は方法は、結露が付く条件を満たさないようにすること、
つまり部屋の湿度を下げるか、室内を温めすぎないことです。

寒くてたまらない冬なら、室内を温めるな、というのはちょっと無理がありますよね。
では湿度はどうでしょうか。

人間が一番快適に感じ、かつ、結露が付かない湿度は45%~50%と言われています。
これを超えると結露が付きはじめてきます。

室内の空気の湿度は使用している暖房器具によっても変わってきます。
湿度を低く抑えたいならエアコンの暖房が最も効果的です。
エアコンから出る空気は乾燥しているので、結露を抑えることができます。

逆に石油ストーブやファンヒーターは湿度が高くなり、結露が付きやすいのです。


ただし、冬というのはどうしても乾燥を防ぎたいものですよね。
乾燥すると風邪やインフルエンザの感染、喉の痛みの原因にもなりますし、暖房器具などによる火災の危険性も増します。
これらを予防するために、湿度を下げるどころか、逆にしないように加湿器を付けたりすることが多いでしょう。

結露を抑えたいがために部屋の温度を下げたり、湿度を下げたりするのは本末転倒と言えるでしょう。


そこで、部屋の温度や湿度を快適に保ったまま、結露をなんとか解消出来ないか調べてみました。
どれも簡単な方法ばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね。


新聞紙を使って結露を付きにくくする方法


まずは新聞紙を使って結露を極力出さなくする方法です。
方法は簡単で、新聞紙で窓をキュキュと磨くだけです。
こうすることで、新聞紙のインクが窓について結露の付着を防いでくれます。

結露がつかないだけでなく、ワックス効果も出ますので窓が非常にきれいに掃除できますよ。
とてもおすすめな方法です。


洗剤を使った結露予防


次にご紹介するのは、台所用洗剤を使う結露対策です。
台所用洗剤を20倍以上に薄めましょう。
これを使って窓を拭いていきます。
全体を吹いたら、最後は乾拭きしてあげてください。

台所用洗剤には界面活性剤という成分が含まれています。
この成分の効果によって、新聞紙の油と同じように結露の付着を妨げることができるのです。


こまめに換気をする


結露を除去するためには換気もとても有効です。
近くに換気扇があれば常時回しておくようにしましょう。

換気扇がなければ、適度に窓を空けて空気を入れ替えるだけでもかなりの効果があります。

雪が降るような寒い日にこまめに換気するのはちょっと気が引けるがあるかもしれませんね。
ですが暖房を使っている以上、換気はした方がいいので、是非実践してくださいね。

どの方法もとても簡単に実践できるはずですので、是非試してみてください。


スポンサーリンク




結露が放置してしまい床にカビが!除去&掃除方法とは?


サッシに付いた結露は放置すると当然ですが床に溜まっていきます。
そうするとサッシを固定している床が腐ったりカビが生えたりしてしまいます。


実はフローリングのカビって結構厄介なんですよ。
お風呂などで、カビを除去するためによく使われるのが、塩素系漂白剤が一般的です。
有名な商品で言うと、カビキラーとかハイターなどですね。
ツンとした塩素独特のニオイがしますし、手などに付いたら荒れる可能性もあります。

こういった塩素系漂白剤によるカビの除去はフローリングで使用できません。
何故かと言うと、高い確率で色落ちしてしまうからです。

私の友人で、同じように結露からフローリングにカビが生えてしまって、カビキラーを塗布してみたところ、白いシミが出来て取れなくなってしまった、と嘆いてた人がいます。
これはシミではなく、フローリングが色落ちしてしまったんですね。
そのことを知ってとてもショックを受けていました。

ですので、塩素系のカビ除去剤はフローリングには使用しないようにしましょう。
同じ理由でアルコールによる除菌も色が剥げてしまう危険性がありますので注意してくださいね。

さて、そこでおすすめしたいのがこちらの商品です。

■AURO(アウロ)カビ取りジェル



この商品の一番の特徴は塩素不使用、100%天然素材からできているという点です。
そのため、お風呂のカビ取りはもちろん、フローリングなどの木製品にも安心して使えます。

さらに嬉しいのが、ジェルタイプになっているので、カビにしっかり密着して落としてくれる点です。

ただし、お風呂のパッキンなどに入り込んだ頑固なカビにはあまり効果は期待できないでしょう。
あくまでもフローリングのカビ取りとして使ってみてください。

また、即効性は無く短時間でカビを除去することはできません。
カビが生えた箇所に塗布してから1時間は放置する必要があります。

もし頑固なカビで、1回では綺麗にならなくても、2回、3回と使えばかなり綺麗になりますよ。


カビ取り剤の他には、スチームクリーナーを使ってカビを取り除くのもとても有効な方法です。
高熱のスチームで、カビを根こそぎ除去できますし、除菌もできるので、カビ予防にもなります。

ただし、サッシが樹脂でできているなど、高温に弱いパーツが近くにある場合は変形の恐れもありますので、十分に注意が必要です。


まとめ


冬の寒い日にサッシに発生する結露について参考になりましたでしょうか。
結露の原因は外気温と室内温度の温度差と、湿度が関係しています。

冬は湿度をしっかり保ちたいので、結露の発生は仕方ないかもしれませんが、それでも結露をつきにくくするコツはありますので是非実践してみてくださいね。

また、結露によってフローリングにカビが生えてしまった場合の対処方法も注意が必要です。
塩素系漂白剤は使用しないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ