エアコンの暖房効率を劇的に上げる方法とは?風向き調整&断熱が効果絶大!

エアコン 暖房 効率

皆さん、冬の暖房器具はどうされていますか?
うちは毎年大体エアコン+こたつで過ごしています。
石油ファンヒーターもあって、どうしても寒い日は使うようにしています。

エアコンの暖房ってちょっと効きが弱かったり、また電気代も気になる所ですよね。
ここではエアコンの暖房効率についていろいろ調べてみました。


スポンサーリンク




エアコンの暖房効率ってあまり良くないの?他の暖房器具との比較


冬に使う暖房器具にはエアコン以外にもたくさんの種類があります。
まずはそれらのコストパフォーマンスを比較してみましょう。

いちばん家庭でもお馴染みなのはエアコンだと思います。
エアコンの良さといえば、すぐに暖まること。
そして温度の調節がしやすいこと。

電気代は最新のものだと一時間10円程度です。

エアコンのメリットは広い部屋でもすぐに暖まることですね。
しかし空気を送って部屋を暖めるというその特性から、頻繁に掃除しないと汚い空気で体に悪影響を及ぼす、なんてこともあります。

次は石油ファンヒーターとガスファンヒーター。
こちらは石油・ガスを燃料としているため、そのパワーは非常に強力です。
電気代+燃料費で一時間30円前後が一般的なランニングコストです。

石油ファンヒーターやガスファンヒーターは非常に強力な暖房器具ですが、如何せん広い部屋に対してはなかなかその効力を発揮できません。
一人暮らしや単身の方におすすめな暖房器具と言えるでしょう。

そして石油ストーブです。
「石油ファンヒーターとどこが違うの?」と思われがちですが、違いは非常に明確です。
ファンヒーターはさらにその名のとおり「ファン」がついていますので、この働きによって部屋を極力ムラがないように暖める働きをしてくれます。
また、タイマー設定や温度設定などの機能が付いていますよね。

石油ストーブはただ石油をその場で燃やすだけのストーブの事です。
ファンヒーターのように温風を送り出す機能や室温設定などの機能は付いていません。
よって価格はファンヒーターよりも廉価なことが多いですが、効率性を重視するならばファンヒーターの方がオススメと言えます。

ランニングコストは石油ファンヒーターも石油ストーブもあまり変わらないそうです。
石油ストーブの利点は、上にヤカンなど置いて温めができることくらいでしょうか。

またこたつは冬に欠かせない暖房器具という方も多いでしょうが、やはり暖める箇所が局所的なので部屋の暖めには効力をほとんど発揮しません。
こたつはどちらかと言うと補助的な役割ですよね。

しかし電気代は一時間で3円ほどと非常にお安いのが魅力的です。
つけっぱなしで寝ても30円程度。
でもこたつで寝るとあまり体に良くないそうなので、注意してくださいね。

ホットカーペットも局所的な暖房器具で、こたつ同様、補助的な役割をする暖房器具と言えます。
お子さんがいる家庭はホットカーペットを使っていることが多いのでしょうか。
カーペットは大きさによって電気代が異なってきますが、3畳分の大きさで一時間9円くらいです。
やはり少しお高めですね。

こうしてそれぞれの暖房器具を比較して、見てみると、エアコンはとてもバランスが良い暖房器具と言えそうです。
コストもそこそこ、部屋を暖める機能もそこそこと言った感じでしょうか。
ただし、ものすごく寒い地域だとエアコンだけで冬を乗り切るのは厳しいですね。
部屋を暖める効果はファンヒーターの方が優れています。


エアコンの暖房効率を上げる方法とは?風向き&サーキュレーターで大きく改善!


エアコンの暖房効率を上げるために重要なポイントとして、まずは「風向き」が挙げられます。
暖かい空気というのは、上へ上へ移動する特性がありますので、これをいかに部屋中に満遍なく行き渡らせるかがポイントです。

おすすめしたいのが、サーキュレーターとの併用です。

サーキュレーターとは、簡単に言えば風を送るファンです。
エアコンで温まった空気を、サーキュレーターで上手に部屋に拡散させることで、エアコンの暖房効率を上げることが出来ます。


上手な併用の方法としては、
  • エアコンの風向きをいちばん下に向ける
  • サーキュレーターを天井に向けて回す
この2点に気をつけてみてください。

まずエアコンから出る暖かい空気を部屋の下に向けて送ります。
そうすると前述したように暖かい空気は部屋の上に上がっていきます。
そこで、サーキュレーターを上向きにすることで、その温まった熱が上から下へ降りてくるという循環ができるんですね。

暖かい空気を部屋中にぐるぐる回すイメージです。
この循環がうまくいけば、エアコンの温度設定を弱めにしてもしっかりと部屋中が温まっていくのです。
すごく革新的ですよね!

節約上手な方だと、この方法で年間2万円近くも安上がりにしているんだとか。
これは試してみない手はないですよね。


スポンサーリンク




暖房効率を上げるもう一つの重要な方法!窓を断熱せよ!


もう一つ重要なポイントが断熱です。

特に窓。
窓は部屋の熱を奪い取る根源となっているのです。
それに意外と気づかない方が多く、外気で冷やされた窓によって、せっかく暖めた部屋の熱をどんどん奪っていってしまうんですね。

そこで、サーキュレーターといっしょにもう一つ併用して欲しいのが窓の断熱シートです。
断熱シートでしっかり窓の断熱対策をして部屋の熱を奪われない工夫をしましょう。
ここで大人気の断熱シートをご紹介します。



保護フィルムを剥がして窓にペタっと貼るだけの簡単な断熱シートです。
3層構造になっているので、断熱効果も抜群。

断熱はもちろん、結露も抑えてくれますし、冬だけじゃなく夏にも活躍します。
90 x 180センチで3600円とコスパも抜群ですね。

一般的な家庭のリビングですと、2枚くらいあれば足りそうですね。
1万円以下でしっかり断熱ができるのであれば、主婦の方にもありがたい存在だと思います。

断熱シートを用いた実験で、シートを剥がした瞬間に部屋の温度が0.5度下がった、という結果が出ています。
これ一枚貼るだけで、かなり暖房の効きも変わってきますね。

最近の断熱シートはちゃんと見た目もオシャレになっていて来客があっても恥ずかしくないような作りになっています。


まとめ


エアコンの暖房効率を上げる方法をいろいろご紹介しましたがいかがでしたか?
サーキュレーターも断熱シートもとても簡単な方法で、しかも効果はばっちりですので、これは是非試して欲しいです。

補助としてこたつやホットカーペットも併用すると電気代もそんなに高くならないのでおすすめですね。

エアコンは便利ですが、デメリットとしては、空気が悪くなるのは気にしたいポイントです、
空気清浄機をこまめに使ったり、寒くてイヤかもしれませんが空気の入れ替えもぜひ行ってほしいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ