灯油をこぼした!車や玄関の対処法とは?臭いの消し方・引火の危険は?

灯油 こぼした 車

寒い季節には暖房器具は欠かせません。
そして、暖房器具には灯油を使う方も多いのではないでしょうか。

私も何度か失敗したことがあるのですが、灯油を買いに行って誤って車の中に灯油をこぼしてしまった!ということはないですか?
蓋がしっかりしまっていなくて、灯油缶が倒れてしまったりとか。

あと、内は玄関に灯油缶を置いておき、ファンヒーターの灯油ケースに給油するのですが、この時もよくこぼしてしまうんですよね。


灯油って一度こぼしたことがある人ならご存知かもしれませんが、ニオイがすごい強烈で何日も残ってしまうんですよね。
車や玄関に万が一灯油をこぼしてしまった時の対処方法について見ていきましょう。


スポンサーリンク




灯油をこぼしたら!車や玄関で灯油をこぼした時の対処法とは?


車の中や玄関などで灯油をこぼしてしまった時の対処方法をご紹介していきましょう。

まずは応急処置的な対処方法です。
一番初めにしてほしいことは、当然ですが、こぼした灯油を拭き取ることです。
不要になったタオル(大きめのものがベター)や新聞紙を持ってきて、こぼれた灯油を素早く極力吸い取ってください。
車に灯油を積む時は新聞紙を下に敷いておくとよいでしょう。


そして、ある程度灯油を拭き取ったら、ここへ粉状の洗濯洗剤をふりかけましょう。
これをすることによってタオル等で吸い取りきれなかった油分を洗濯洗剤が残さずに吸収してくれます。

粉が灯油を吸収しきってくれたら、これをホウキではくか掃除機で一気に吸い取ってしまいましょう。

最後は濡れた雑巾で、こぼした場所を拭けば、応急処置の完了です。

車の中などの限られた空間では、掃除機はなかなか使いづらいと思いますのでホウキ&ちりとりをうまく活用して粉洗剤を収集してくださいね。

粉洗剤でなくても、粉状のもの(小麦粉や重曹など)でも代用がきくそうですがあまりサラサラしたパワウダー状のものだと回収が大変なので
やはりいちばん適しているのは粉状の洗濯洗剤だと言えます。


灯油こぼした時に一番やっかいな臭い!どうやって消すの?


灯油をこぼしたときのベタベタ感ももちろんやっかいなのですが、やはりその強烈なニオイの処理もしっかりしておきたいですよね。

灯油のニオイを消すには、市販の消臭スプレーがいちばん効果的です。
ある程度灯油をこぼした場所が乾いてきたら、霧吹きを使って吹きかけてください。

そしてお茶がらを撒く、というのもニオイ消しには効果があるそうです。
緑茶には消臭効果がありますから、ぜひこれも試してみていただきたいと思います。

車の中など、密室空間で灯油をこぼしてしまったときはとにかく換気することを心がけてください。
風通しをよくすることで、消臭対策の効果がでやすくなります。

やはり灯油のニオイは強力なので、対策をしても1日では消せないことが多いです。
時間はかかってしまいますが、根気よく毎日続けてみてください。

そして掃除するときに、手についてしまった灯油に関してはみかんの皮でふきとればきれいに取れてニオイも消せるそうです。
ぜひやってみてくださいね。


スポンサーリンク




灯油をこぼした時の引火の危険性は?


灯油をこぼしてしまったとき、ニオイや汚れも気になりますが、いちばん危機感を感じるのはその「引火の可能性」です。
実はあまり知られていないことですが、灯油は一度乾いてしまえば引火の可能性はまったくないそうです。

灯油は液状の状態でも、なかなか火がつかない類の燃料だそうです。
炎天下や高気温の日は別ですが、たいていは灯油の中に火の元になるものを投入しても火がつくことなく消えてしまうほど引火性は低いとのことです。

なので灯油をこぼしてしまっても、あわてることはありません。

ちなみにガソリンは非常に引火性の高い燃料なので、絶対にこぼしてはいけませんし火気の近くには置くことは厳禁です。
少し濡れているだけで、火を近づけると簡単に引火してしまいます。

灯油とガソリン、なんだか私たちにとっては似たような認識ですが引火性についてはまったく異なる性質を持っているので
ごっちゃにならないように留意しておいてくださいね。


まとめ


灯油をこぼしてしまったときの対処法について紹介してきました。
これから寒さが増すに連れて、どんどん灯油を使う機会が増えていきますね。

こぼすとニオイが充満して厄介なので、できれば灯油の取り扱いは屋外でやりたいですよね。

今回の対処法をぜひ頭の片隅においてもらっていざという時に役立てていただければなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ