お餅アレンジの簡単な方法とは?ピザ・おやつ・おかずなど!

餅 アレンジ 簡単

お正月に絶対食べたいものといえば、お餅ですよね。
醤油、きなこ、ゴマ、どの味付けもおいしくて何個も食べてしまいます。

しかし、お正月をすぎてもまだまだお餅が残っているなんて状況もよくありますよね。
そんなときは、アレンジをしてお餅料理で消費していきましょう。

今回はさまざまなお持ちのアレンジ方法をご紹介します。


スポンサーリンク




お餅のアレンジの簡単な方法をご紹介します!


お持ちのアレンジ方法で代表的なのは、ピザ・スイーツ・おかずの3種類です。
それぞれに分けてレシピをご紹介します。

お餅アレンジ1「お餅ピザ」


お餅を思い切って、ピザの生地にしてしまいましょう。
モチモチの食感がくせになる、食べごたえ十分なピザになること間違いなしです。

まずは材料です。
これでだいたい4人前になります。
・切り餅 4個
・ピザソース(無ければケチャップでもいいです) 適量
・オリーブオイル 大さじ1.5杯
・とろけるタイプのチーズ 適量


ピザソースとチーズはお好みの量を使ってください。
ピザの具ですが、これも特に決まりはないので好きな食材をふんだんに使ってみてください。

ちなみにスタンダードなトッピングは、オニオンスライス(1/4個分)、ピーマン(小さいもの1個)、ベーコン(適量)、プチトマト(5~6個)というのがオススメです。
もっと大人風のピザにするのであれば、アンチョビやスパイシーソースを使ってもおいしく出来上がるでしょう。

さて、それでは作り方です。

①まず切り餅の厚さを半分にするようにカットします。
こうすれば火の通りが早くなります。

②用意したトッピング用の材料をお好みの大きさに切っていきます。
ピーマンは1ミリ幅くらいの輪切り、プチトマトは半分にカットするのがいちばん食べやすいですよ。

③そして切ったお餅を、油をしいたプライパンの上に乗せていきます。
できれば焦げ付きにくいフライパンを用意しましょう。
下準備として、お餅を電子レンジで1分ほどチンしておけば、さらに時短で早く出来上がりますよ。

④フライパンに火をかけて、大さじ1杯の水を入れたら蓋をします。
この状態で弱火でじっくり焼いていきます。

⑤お餅がぷっくりと膨れ上がってきたら、まずピザのソースをスプーンなど使って生地全体にまんべんなく塗ります。
その上にチーズ・具・チーズのような感じで置いていきましょう。

⑥さらに蓋をして3分ほど焼いたら出来上がりです。
生地のお餅が焦げないように、火はずっと弱火にしておいてください。

以上がお餅ピザのレシピでした。


お餅アレンジ2「お餅ワッフル」


お次はスイーツを紹介します。
お餅をおやつに活用できるようなレシピになっています。

用意する材料です。
・切り餅 1個
・カラメルタブレット 5g
・バニラアイス 適量


作り方は簡単です。

ご家庭にあるワッフルメーカーを使って、切り餅を焼いていきます。
そのままだと厚みがありすぎるので、半分または1/3にカットしてください。

ワッフルメーカーで中火で3分ほど焼けば、カリカリでもちもちなお餅ワッフルのできあがりです。
カラメルを絡めたり、バニラアイスをのせればお店で出てくるスイーツのようにオシャレにアレンジできますよ。


スポンサーリンク




お餅アレンジ3「お餅春巻き」


お餅を夕飯のおかずにアレンジするのもオススメです。
今回は食べごたえたっぷりの、春巻きを紹介します。

用意する食材はこちら。
これでおよそ2人前になります。
・切り餅 2個
・春巻きの皮 4枚
・薄切りベーコン 4枚
・スライスチーズ 2枚



①まずはお餅をカットします。
だいたい4つくらいに切るとちょうどいいです。
春巻きの具をもっと増やしたい方は、餅をもう少し多等分してください。

②これらを春巻きの皮に包んでいきましょう。
ベーコンははじめに敷いて、その上に餅→チーズとしていくとうまく巻けます。
餅が膨らむので、多少緩めに巻いていくのがポイントです。

③これを油を多めにしいたフライパンで焼いていきます。
巻き終わりを下の面にして焼いてください。
両面にしっかり焦げ目がつくまで焼いたら完成です。


まとめ


余ってしまったお持ちのアレンジの仕方を紹介しました。
どれも美味しそうで、さっそく作ってみたくなりますね。

お餅は意外にさまざまな料理方法があるんです。
気になる方はご自身でもぜひオリジナルお餅レシピを生み出してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ