雪が降って道路が凍結した時の滑らない歩き方とは?凍結しやすい場所も!

雪 凍結 歩き方

このところどんどん寒くなってきて、天気や気候が気になり出してきました。

雪が降ったときはとくに注意が必要です。
路面は滑りやすくなりますし、積雪すれば通勤や通学にも大きく影響します。
今回は雪で道が歩きづらくなった時の対策をご紹介します。


スポンサーリンク




雪で道路が凍結した時でも滑らない歩き方とは?


雪によって道が凍結していると、とくに滑りやすくて危険になってきます。
そんなときには、どうやって歩くのが得策なのでしょうか。


■小さな歩幅で歩く

まずおすすめなのが、歩幅を小さくして歩くというやり方です。
歩幅を広く取ってしまうと、足を高く上げる動作が必要になってきます。
そうなると当然、重心の移動も大きくなりますね。
これによって転倒しやすい姿勢が作られてしまうのです。

雪道や凍った道路を歩く際は、小さな歩幅でチョコチョコと歩くと滑らないで歩行できます。


■なるべく地面と接するような歩き方をする

そして足の裏と地面の接し方についてもひと工夫。
できるだけ足裏の全体を地面につけるようにしてください。
こうすることによって、摩擦が生まれて滑りにくくなります。

足の裏面が地面と接する面積が少ないと、摩擦はほとんど生まれませんからツルツルしてしまいます。
女性だとヒールを履くと滑りやすいという方がいるでしょう、それはこの原理が働いているからです。

凍った地面を歩くとくは、できるだけ大きめのブーツや長靴を履いていきましょう。
そうすることによって、より大きな摩擦が生まれて滑りにくくなります。


■雪道の歩行で焦りは禁物

やはりいちばん確実なのは、急いだり焦ったりしないで余裕を持ちながら歩くことが滑らないための第一歩です。
いつもはせかせか歩いている道でも、少し家を早く出るなどしてゆっくり進むように心がけましょう。

さらに最近問題になっている「歩きスマホ」にも要注意です。
集中力が散漫になって、余計に滑りやすくなります。
しかも滑ったときにとっさの防護ができない可能性があるのでやはりスマートフォンの操作をしながら歩くのは厳禁ですね。


これらの歩き方をゆるキャラが教えてくれる動画がありますのでご紹介します。



モデルの女性が歩き方を示してくれていますがとてもわかりやすいムービーとなっています。


スポンサーリンク




注意!特に凍結しやすいのはココ!


それでは日常生活において、滑りやすく危険な場所をご紹介します。
ご自身の通勤・通学路を思い浮かべてぜひ危ないゾーンを見定めてくださいね。

まずはマンホールやグレーチングの上。
マンホールやグレーチングは金属でできていることが多いため靴を履いて踏み込むと滑ってしまう恐れがあります。

雪が積もっている場合はなかなかマンホールが見えづらく、特定しにくいこともありますが極力踏まないようにしてください。


そしてスロープにも注意が必要です。
ここ数年でバリアフリー化が進んで、街のいたるところに階段ではなくスロープが設置されるようになりました。
普段はなんてことのない緩い傾斜のスロープですが雪で凍ってしまうととんでもなく恐ろしい代物になります。
なだらかでも、歩いてみると非常に滑りやすいのがスロープの特徴です。

雪が降った日や積もっているような日は、スロープでの上り下りは避けて階段を使うようにしてください。


まとめ


雪が降ると幻想的でロマンチックな気分になりますが翌日の凍った地面を見ていると、現実に引き戻されてしまいますね。
みなさんも滑らないようにくれぐれも注意して歩行してください。
歩き方も、今回の記事を参考にして実践してみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ