雛人形三段の飾り方は?相場はいくらぐらい?おすすめ収納方法は?

雛人形 三段 相場

お子さんの初節句に三段雛人形の購入を検討している人も少なくないでしょう。
見た目にも華やかですし、一度買ってしまえば一生ものなのは雛飾りです。

雛人形も1段、3段、7段といろいろありますが、やっぱりお手頃でかつそこそこ豪華ということで、3段が人気のようですね。

しかし三段の雛人形、一体どれくらいのお値段なのでしょうか。

そして買ったはいいものの、主役になるのは3月のみ。
収納はどのようにしたらいいのかも迷いますよね。

今回は三段の雛人形の相場や収納方法について、詳しく調査しました。


スポンサーリンク




初めての雛人形!三段の飾り方の基本とは?いつからいつまで飾る?


雛人形を飾るようになった説はいろいろなありますが、有力なのは中国から伝来したというものです。
3月の上旬に川で身を清めて洗う儀式「上巳節(じょうしのせつ)」というものがありそこで紙でつくった人形を川に流していたのがそもそもの始まりです。
これによって人々の厄を払おうとしたことが、段々と形を変えて今のひな祭りになったと言われています。
雛人形は24センチまでという規定があり、小さくていいから豪華に装飾してあげられるようにという意味合いが込められているのです。

ちなみに雛人形を飾り付け始めるのは2月の中旬がいちばんベストとされています。
遅くてもひな祭り当日の一週間前までには飾っておくようにしましょう。

そして片付けるタイミングですが、3月3日が終わってすぐという地域が多いですが意外と3月下旬まで飾りっぱなしという家庭も少なくないです。
リミットはひな祭りが終わって二週間以内を目安にするといいでしょう。


雛人形は家の中のどこに飾るといいの?飾る時の注意点は?


雛人形を飾る上で、場所や方角にここでなければならないという明確な決まりはありません。
ご家庭のいちばんベストな場所に飾ってください。

ただ雛人形の品質を保持するために、直射日光の当たる場所やエアコンの風がダイレクトにあたる場所は避けたほうがいいでしょう。

飾る時の注意点は、汚れがつかないように手袋をして飾ること。
そしてあとはパンフレットや指示書にしたがって適切な位置に人形を置いていきましょう。


雛人形の三段の飾り方・並べ方は?


三段飾りは、まず一番上の段の左にお内裏様、そして右にお雛様を並べます。
これは結婚式の新郎新婦の並びといっしょです。

そして二段目には三人官女。
左から銚子・中央座り・長柄銚子の順番に置いてください。

一番下の段には五人囃子です。
左から、太鼓・大鼓・小鼓・笛・謡の順番に並べましょう。


三段の雛人形って大体いくらぐらいの物がおすすめ?ケースはあったほうがいい?


三段の雛人形の相場って大体どれぐらいのものが人気なのでしょうか。
コンパクトなサイズの三段雛人形だと大体10万円前後ぐらいです。


こちらが楽天で人気の三段雛人形セットです。
コンパクトなサイズで収納にも困りません。
作りもかなり精巧で、価格は約10万円です。


また、標準のサイズだと20万円ぐらいはします。
かなり高価なものですので、おじいちゃん、おばあちゃんから孫へのプレゼント、という方がとても多いですね。

人形の状態を保つためにもやっぱりガラスケースはあったほうがいいですね。
最近はケースに入っている人形も多いです。
ただしガラスケースは落とすと割れる危険があるので、取り扱いには十分に注意が必要です。


スポンサーリンク




三段飾りの雛人形を収納するおすすめの方法とは?


雛人形の役目が終わったあとも、正しく収納して来年もまたきれいな状態で使えるようにしましょう。

まずは飾ったときと同じように、手袋をして片付けましょう。
素手でベタベタ触ると、皮脂の汚れが人形に付着してしまいます。
そして手袋をしていても、極力人形の顔には触らないようにしてくださいね。

持ち物などのパーツは細かいので、ジップロックのような小分けの袋を活用するといいです。
人形は柔らかい綿や紙で包んでしまってください。
箱の余分なスペースには新聞紙など詰めておくと、人形が動かないくなります。

詰め終わったら防虫剤や防カビシートを入れておくと人形の傷みが進まなくてすみます。
できるだけ湿気のない場所で大切に保管してください。


また雛人形を収納するのにちょうどよい桐の収納タンスもあります。


大事な人形を綺麗に保存したいのであれば、桐の収納ケースはおすすめです。
もちろん、雛人形だけじゃなく、着物なんかも収納できるので、将来的に使い回すことも可能です。


まとめ


三段の雛人形について、飾り方や収納方法などをご紹介してきました。
三段でも雛人形はかなりいい値段がするものですし、しっかり保存しておきたいですよね。

今回ご紹介した飾り方や収納方法を是非参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ