ひな祭りの意味・由来は?飾りやちらし寿司、菱餅、ひなあられの意味とは?

ひな祭り 意味 由来

女の子の行事と言えばひな祭り。
雛人形を飾って、ちらし寿司を食べてなんだか華やかな一日になりますよね。

さて、ひな祭りはそもそもなにが由来なのでしょうか。
そしてひな祭りに食べるものも、きっと意味合いが隠されているはずです。

今回はひな祭りについて詳しく調査しました。


スポンサーリンク




ひな祭りの由来とは?桃の節句、初節句の意味とは?


ひな祭りの由来は諸説ありますが、一番有力とされているのは「ひな流し」が由来という説です。

昔、子供たちの健康を願って紙などでできた人形を川に流して厄を払うという行事が盛んに行われていたそうです。
この紙人形がどんどん進化していって、最終的には今の雛人形になったとされています。

人形がリアルさを増す一方で、必然的に川に流す風習も廃れて家に飾るようになったのです。

「ひな流し」は中国で発祥したという説と日本の平安時代に発祥したという2つの説があります。


桃の節句は3月3日のことを指します。
元々は上巳の節供(じょうしのせっく)と呼ばれていました。
なぜ「桃の節句」と呼ばれているかというと、旧暦いう3月3日が桃の花の季節だったことに由来します。
昔からの呼び名が変わらず定着してしまった名残なのです。

人形は女性の災いを祓うものと信じられてきたことから桃の節句は女の子のお祭りになったんだとか。
そのため桃の節句、すなわちひな祭りは今でも女の子のためだけのお祭りとなっています。


ちなみに、初節句というのは、は子供が生まれてからはじめての節句のことを指します。
女の子だったら桃の節句、男の子だったら端午の節句をいいます。



ひな祭りの料理やお菓子の意味・由来について


ひな祭りには特徴的な食べ物が用意されています。
どれも縁起を重視した、昔から伝わるものです。
それぞれどんな意味合いがこめられているのでしょうか。


ちらし寿司
ちらし寿司にはたくさんの具材が入っていますがエビ→長生き、レンコン→将来の見通しがきく、豆→マメに働くようになるなどの願いが込められています。


ひなあられ
ひなあられは砂糖を餅に絡めて作られたものですがピンク・緑・黄・白は四季を象徴しているとされ「1年間健康で幸せに過ごせますように」という思いの表れになります。


菱餅
菱餅も3食の餅が重なった縁起のいい食べ物です。
緑は健康、白は清浄、ピンクは魔除けを表していてこれも子供の幸せを願ってひな祭りで食べられているのです。
三色団子も菱餅と同様の意味合いが込められています。


はまぐり
はまぐりはお吸い物などにして3月3日に食されますがこれがハマグリの貝殻が二つぴったりくっついていることから夫婦が末永く円満にという縁起物になっているんです。


甘酒・白酒
甘酒や白酒は、邪気を祓って気力や体力を充実させるように飲むものです。
桃の飾りを浮かせることが一般的ですね。


スポンサーリンク




ひな祭りの飾りの意味・由来について


ひな飾りにおいてもいろいろな思いが込められています。
雛人形は前述したように、子供たちの厄払いの意味合いがあります。

雪洞は、暗い夜道を照らすように飾れれていますがそこまで深い意味はないのです。
装飾品としての見栄えが重要なのがこの雪洞です。

桃の花は、昔から邪気を寄せ付けない植物として人々の間で重宝されてきました。
雛人形で飾られるのも、こうした意味合いが強いとされています。

さらに箪笥や長持など、嫁入り道具で持っていくような装飾もひな飾りには見られます。
これは嫁入り中の被害や苦労を肩代わりしてもらうようにこういった飾りつけをするようになったと言われているのです。


まとめ


ひな祭りや桃の節句の由来、調べてみると面白いですね。
そして何気なく食べているひなあられやちらし寿司にもいろんな意味が込められています。
こうした知識を得るだけでも楽しいですし、また子どもたちにも是非伝えて行ってほしいなと思います。

一つ一つにこめられた意味を知ってから準備するのもいいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ