初節句のお祝いの相場は?熨斗(のし)はどうする?食事でもいい?

初節句 お祝い 相場

生まれてから初めて迎える節句を初節句と言いますよね。
女の子なら3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句。

子供の健やかな成長や厄除けを願う大切な行事ですので、しっかりお祝いをしてあげたい所です。


今回はそんな初節句のお祝いについて詳しく解説していきたいと思います。
お祝いの相場や熨斗の有無など、ぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク




甥・姪への初節句のお祝いの金額の相場ってどれぐらい?


初節句のお祝いはどれくらい包むのが相場なのでしょうか。
甥っ子や姪っ子宛てを例に取ってみましょう。

現金で渡す際は、1万円くらいが妥当な金額です。
金額は初節句を迎える子供との関係性によって金額が変わりますが親戚関係であれば、これくらいがベストでしょう。

さらにお金だけではなくて品物といっしょに併せて渡すというケースもあります。
玩具や衣類というのがメジャーな贈り物となっています。

その他にも商品券やギフト券というのも初節句においてはよく選ばれている品物です。
金券であればもらった側が好きなものを後日買うことが出来るので、ここ数年は人気が増しています。

もちろん品物だけでお祝いを済ませる人もいますが、できればお金+品物といった組み合わせで渡す方が格好がつきます。
金額のバランスですが、お金で5000円・品物で5000円というように半々にするのが一般的です。

お祝いは当日渡せればそれにこしたことはありませんがどうしても都合が付かない場合は初節句の1ヶ月までに郵送などで相手方に届くようにしておいてください。


初節句のお祝い、熨斗(のし)はどうする?表書きは?


お祝いを現金で渡すとき、しっかりのし袋に入れて渡すのがマナーです。
間違っても財布から直接、なんてことはしないでくださいね。

祝儀袋はのしありの、紅白蝶結びのものを用意してください。
本物の水引がついているものが一番いいですが、1万円くらいの金額であれば、表に水引が印刷されているようなものでも結構です。

さて、ここで迷うのが熨斗の書き方です。
初節句のお祝いではどのような表書きにするのが良いのでしょうか。

表書きは「御祝」「初節句御祝」などの言葉を使ってください。
母親の実家からご祝儀を渡すときは「初雛御祝」とするところもありますが最近ではあまり使われていないようです。


スポンサーリンク



初節句のお祝いの食事会はどんなものがいい?


初節句のお祝いには豪華な食事をしてみんなで楽しい時間を過ごしたいですよね。

食事は家で準備して食べてもいいですし、どこか料理屋さんやレストランを予約してもどちらでも結構です。
ただ外食だと子供がぐすってしまったときに大変なので家庭で料理を振舞うところが多いです。

ちらし寿司やお吸い物を作って振舞うことが一般的ですが最近はそこまでこだわりはなく、お寿司やピザのデリバリーをとってみなで食す、という食事会も増えています。
ひな祭りの季節になると、どこのお寿司屋さんも節句仕様のメニューを出してくれるのでそれを注文していいですね。

お祝いごとということで、ちらし寿司ではなく赤飯を炊いて食べる家庭もあります。
これは食事会メンバーの好みによって変えたり人数が多い場合は両方用意してもいいでしょう。


まとめ


初節句は両親はじめ、大人たちが気合を入れて準備する行事のうちのひとつ。
華やかな食事が楽しみな会ですよね。

お祝いに関してはいろいろ悩みますが、近い親族に相談しながら決めるのもおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ