初節句のお祝いのお返し|両親へのお返しは必要?内祝いの時期や文例は?

初節句 お祝い お返し

無事に子供の初節句を迎えたら、たくさんお祝いも頂くことでしょう。
初節句で頂いたお祝いのお返しはどうしたらいいのか、迷うところでもありますよね。

親戚から頂いた場合、兄弟姉妹から頂いた場合、両親や祖父母から頂いた場合などいろんな所からお祝いをもらうことでしょう。


今回は初節句のお祝い返しについて詳しく解説します。
両親へのお返しはどうするといいのか、内祝いの文言なども紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク




初節句のお祝いのお返しはどんなものがおすすめ?時期はいつまで?熨斗(のし)は必要?


どんなお祝いごとでも、もらったらお返しをするのがマナーです。
もちろん初節句もその例に漏れません。
もらったお祝いについてはしっかりお返しをしていきましょう。

それではどのようなお返しをするのが一般的なのでしょうか。
まずは金額の相場ですが、もらったお祝いの1/3というのがひとつの目安になっています。

親戚関係ですと、1万円くらいがお祝いでもらう金額の平均なのでそうなるとお返しは3000円程度になりますね。
品物としては無難なものにしておくことが多いです。
とくにカステラなんかは人気の商品です。

カタログギフトを利用する人も増えていますがこれは親戚の数が多い際に利用すると便利です。

ただお返しする親戚が高齢の場合は、カタログギフトや金券などに不慣れなことが多いのでしっかり品物としてお渡ししたほうがいいでしょう。
お菓子やタオルなどの実用的なものが比較的好まれています。

逆にお返しする人が若い層であれば、カタログギフトや金券の方が喜ばれることが多いです。

そしてお返しには礼状をつけましょう。
ささやかなものでいいので、しっかりお礼の気持ちを述べてください。
礼状の形式は、メッセージカードのような簡易なもので大丈夫です。
いっしょにお子さんの写真を添えると、なお良いです。


また内祝いの時期ですが、大体お祝いを頂いてから1週間以内、遅くとも1ヶ月以内には贈るようにしましょう。
あまり遅くなると失礼に当たりますので注意が必要です。


初節句のお祝いのお返しは両親にも必要?食事会でもいい?


両親へのお返しというのも迷うところです。
一番近い親族ですから、わざわざ内祝いという形でお返しをする必要はありません。

両親としても孫に会えることがいちばんのプレゼントですからなにか特別なお返しを!と考えなくても初節句の祝いの席が楽しくなるように心がけるのが一番ですね。

ほとんど場合、食事の席を設けてそこに参加してもらうことで「お祝い返し」としていることが多いです。
外食する場合はその食事代をもつことでお祝い返しになります。

遠方から来ている両親の場合はお車代を渡してもいいでしょう。
受け取ってもらえるかはわかりませんが、しっかり事前に用意して置く姿勢は大切です。

自分の両親であれば、そこまで気を使わなくてもいいですが義理の両親には配慮をした方がいいですね。
後日お礼のメッセージカードを送るなどして孫の成長を祝ってもらった感謝をきちんと伝えてください。

子供の写真やビデオなどを添えればとても喜ばれるでしょう。


スポンサーリンク




初節句のお祝いのお返しにお礼状は必要?文例もご紹介します


親戚などに内祝いとしてしっかりお返しをする際には、できるだけ礼状を作成した方がいいでしょう。
文言も少し固めにするのがベストです。

以下に例文を載せますので文章をつくるときの参考にしてみてください。

「拝啓 皆さまにおかれましては、
日々お変わりなくお過ごしのことと思います。

この度は○○家長女・△△の初節句に際しまして
素敵なお祝いをいただきありがとうございました。

おかげさまで、△△も元気にすくすくと育っています。
皆さまのご期待に添えるように、健やかに育ってほしいと願っております。

ささやかではありますが、内祝いを贈らせていただきます。
まだまだ寒い日が続きますが、どうぞお体ご自愛ください。

敬具」


まとめ


初節句のお祝い返しは難しいですね。
近い両親はお金だけでなく、高い雛人形を買ってくれることもありますから何かささやかでもいいのでお返しをしたくなります。

ただいちばんのお返しは孫の成長を確認することですから初節句のお礼状だけでなく、日々の中で子供の写真など定期的に送ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ