眠気覚ましに効く方法!仕事中や運転中でもできる効果的なツボなど

眠い、眠い、眠い・・・!
そう呪文のように唱えながら眠気を我慢する辛さといったら!!

眠気覚ましに効く方法!仕事中や運転中でもできる効果的なツボなど

仕事中、大切な会議の真っ只中、命の危険すら感じる運転中・・・など眠気を我慢するシーンというのは過酷な状況ばかりですよね。。

もちろん眠ければそのまま横になって眠ってしまえばいいのですが、そうはいかないのが大人の事情。
特に食後14時~15時ぐらいは私にとって眠気のピークが訪れる魔の時間帯。

風邪をひいていたり、花粉症が酷くて薬を飲んでしまったらさらに状況は悪化し、もうどうにも眠くてしょうがない!いっそまぶたに目でも描いてやろうかしら!?なんて本気で思ったり(笑

そんな猛烈な眠気と戦っている時、皆さんはどうしてますか?
きっと皆さんそれぞれオリジナルな眠気解消法があるのではないでしょうか。

とはいえやっぱり一発で眠気が覚めるような効果的な方法、知りたいですよね。
それもできれば仕事中や運転中でも簡単にできる方法がベスト!!

そこで猛烈な眠気と戦うべく、眠気覚ましに効果的な方法を調べてみました。
様々な方法がありましたので、自分に合った方法を探すきっかけになれば嬉しいです。

ぜひ参考にしてみて下さいね♪


スポンサーリンク




仕事中・運転中でもできる効果的な眠気覚ましの方法


眠気が襲ってくる時間帯というと、食後が特に多いのではないでしょうか?

この食後の眠気は、食事で摂取された糖質によって血糖値が上昇するために起こります。
体がだるく感じる人が多いのも特徴の1つ。
この状態はだいたい3時間程度でもとに戻るのだとか。

これが食後眠くなる理由だったんですね。

こうした理由から考えると、食事を見直すだけでもずいぶん改善されそうです。
一般的に白米や菓子パンなどは血糖値が急激に上昇する食品です。

血糖値の上昇を緩やかにする玄米に変えたり、野菜を多く摂取することで眠気が起こりにくくなります。
甘い飲み物も食事と一緒に摂るのは控えるようにしましょう。

こうした食生活の改善は長期的にとても効果がありますが、やっぱり知りたいのは今すぐ眠気をなんとかする方法!

ということで、効果的な眠気覚まし方法をご紹介します♪


ストレッチをする


眠気が襲ってきた状態でじっとしているのはさらに眠気を増幅させてしまいます。

座った状態でも、肩(肩甲骨)を回すように動かしたり、つま先立ちのようにかかとを上げ下げしたりすることで全身の血行が良くなり、眠気解消に効果的ですし頭もスッキリしてきます。

私の場合、周りの同僚にいかに気づかれないようにこっそりストレッチするか!ということを考えながら体を動かしていたのでそのスリル感も相まってかなり効果的でしたよ。


目元や首を冷やす


眠い時は、体温が上昇して頭がボーッとした状態が多いものです。
頭からバシャーッと冷水をかぶったり、思いっきり水で顔を洗えばものすごーくスッキリしそうですが、メイクしてる女性はなかなか難しいですよね。

そこでオススメなのが、冷たい缶の飲み物や、冷却剤を使って目元や首を冷やす方法です。
太い血管が通る首は特に効果的ですよ♪


私のオススメ商品は、「アイスノン 首もと用」です。




ジェル状なので首に当てても痛くなく、ひんやりした感触がとっても気持ちよくて目もパッチリ覚めます。
目元にも乗せやすいので疲れ目にも効果的です。


また、お手軽商品としては「コーヨー化成 ギラギラ君眠気覚まし」もオススメです。




こちらは、なんと眠気覚まし専用の顔拭きシート!!!
運転中でも簡単に使える上、持ち運びに便利なシート状です。
かなり強烈なメントールが配合されているので、拭いた瞬間眠気スッキリ!!!しちゃいますよ。

これらのグッズは、暖房が効きすぎたオフィスや、夏場に本当に重宝しますよ!


香りでスッキリ!


ミント系のガムやタブレットは眠気覚ましの定番ですが、ガムを噛んだりできないときは、香りでスッキリしてみてはいかがでしょうか?

オススメ商品はこちら
「エッセンシャルオイル/デイリーディライト エッセンシャルオイル(精油)30ml(ペパーミント)」




ペパーミントの香り爽やかな精油で、ホホバオイルやオリーブオイルなどで希釈すれば肌につけることも可能です。
自然派の女性にピッタリのアイテムですよね♪


スポンサーリンク




ツボを刺激!


ストレッチだとあからさま過ぎてできない会議中や車の運転中に効果絶大なのが「ツボ刺激」です。

ツボは「気と血」のエネルギーが通るところにあると言われており、体の急所にもなる大切な部分です。
ここを刺激することで、体の不調や自律神経の働きが改善されるなど様々な効果が得られます。

当然眠気覚ましに効果的なツボもあるわけで。
今回は手軽に行えるものをご紹介します。


<睛明(せいめい)>

目頭の脇にあるツボです。
親指と人差し指を使ってつまむようにして刺激します。

ちょっと痛いなと思うくらいの強さで15秒~60秒ぐらい押しましょう。
パッと見た感じだと、「なにか考えてるのかな?」という雰囲気に見えるので、会議中でもバレずに行えそうです(笑


<合谷(ごうこく)>

手の甲側、親指と人差し指の2本の骨の合流地点にあるツボです。
反対側の手の親指を当てるとうまく刺激できます。
ググーッと力を入れて刺激しましょう。

手のツボの場合は特に刺激していることが周囲からバレにくいのでオススメですよ。


まとめ


しっかり睡眠時間を確保しているつもりでも、突然襲われる眠気には本当に困りますよね。
眠くなるとあの独特のコックリコックリ舟こぎのような動きで周囲からもバレバレ。。

私は入社したての頃、学生気分が抜けず居眠り常習犯で、社内でも怖いと評判の上司の隣の席に移されたことがあります(涙
まぁ、恐怖心から眠気覚まし効果は絶大でしたけど(笑

そんな眠気も運転時には命の危険にもなりかねず、社会人としては評価にもかかわるのでうまく眠気を覚まして運転や仕事に集中したいですよね。

今回は手軽にできて効果絶大な方法をいくつかご紹介しました。

それぞれ試してみて、ご自身に合った対処方法が見つかれば幸いです。
ぜひ参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ