車のバッテリー上がりの対処法・防ぐ方法・交換方法を詳しく解説

車 バッテリー 上がり 対処

外出先で車のバッテリーが上がってしまって立ち往生!
なんて経験ありませんか?

特に寒い季節になると暖房もガンガンつけるので、バッテリーも上がりやすくなってしまいます。
バッテリーが上がってしまった時の対処方法やバッテリー上がりを防ぐ方法、バッテリーの交換方法を詳しく解説します。

ぜひ参考にしてください。


スポンサーリンク




車のバッテリー上がりの対処方法!これさえ知っておけば上がっても安心!


ライトやハザードランプを消し忘れて、バッテリーが上がってしまった!なんてことは誰にでもあり得ることです。

バッテリーが上がってしまったときは他の車から電気を少しわけてもらうことで、エンジンを改めて始動させることができるのです。

これは「ジャンピングスタート」といって、ブースターケーブルが必要になります。
赤(+)と黒(-)の専用コードによって、バッテリー上がりは解消することができますので不意な事故に備えてこれらは常にトランクルームに入れておくようにしましょう。

さて、ケーブルの繋ぎ方ですがまずはケーブル本体のチェックから行いましょう。
ケーブルの破損や断線がないか、また端子をはさむ部分(クリップ)に不具合はないかしっかりと確認してくださいね。

点検が終わったら、作業をすすめてきましょう。
まずは電気を供給してくれる車を用意してください。

ここで注意したいのは車種。
トラックは一般車より高圧なので使用不可ですので覚えておいてくださいね。
駐車場などでしたら、思い切って助けてくれるように声をかけてください。

「バッテリーが上がってしまったので協力お願いします」
と声をかければ大抵の人なら助けてくれるはずです。

さて、詳しい手順ですが、
バッテリー上がりの車のボンネットに、電気を供給してくれる人の車を近づけます。

両車両を近づけたら、ボンネットを開けて、エンジンを停止させます。
そしてブースターケーブルを、下記の手順でつなげていってください。
①上がった方の車のバッテリーの+側に赤ケーブル
②電気をくれる車のバッテリーの+側に赤ケーブル
③電気をくれる車のバッテリーの-側に黒ケーブル
④上がった方の車のバッテリーの-側に黒ケーブル

間違えないように慎重に繋いでくださいね。


ちゃんとつなげられたら、救護する方の車のエンジンをかけてアクセルを少し踏んでもらいましょう。
回転を高く保ったら、今度はバッテリーが上がってしまった車のスターターを回してエンジン始動させます。

エンジンがかかったら、ケーブルはつないだ順番とは逆にはずしていきます。
これでOKです。

ただし、これは応急処置にすぎません。
エンジンが無事にかかったからもう安心!と思って、すぐにエンジンを切ってしまうと、バッテリーは上がった状態ですので、またエンジンはかからなくなります。
バッテリー上がりから復旧したら、しばらく走行してバッテリーを充電する必要があります。

しかし・・・
十分に走って充電も完璧!かと言えばそうでもありません。
ブースターケーブルを繋いでエンジンをかけてもバッテリーが完全復活したわけではなく、寿命は確実に減ります。
まだ新しいバッテリーなら大丈夫ですが、数年間使用したバッテリーなら、万全を期して新品と交換することを強くおすすめします。


車のバッテリー上がりを防ぐ方法とは?弱ってきたらコレに注意!


バッテリーが上がってしまう原因は、機械的なものと人為的なものに分けられます。

まだまだバッテリーが消耗していないにも関わらず、ライトやハザードランプの消し忘れ・半ドアによるランプの点灯などでバッテリーが上がってしまうこともよくあります。
1回の消し忘れで上がってしまうことはありませんが、繰り返してしまうことでもちろんですが寿命を早めてしまいます。

こういった人為的な原因は、とてももったいないですよね。
日頃から気をつけるといった対処しかありません。
ちょっとした確認をしていけば防げるはずなので、とくに行楽地へ行ったりして気が緩みがちなときに注意してみてください。

ヘッドライトやエアコンはとくに電気を多く消費するので、使用の際は注意が必要ですね。


一方、機械的なことが原因というのは、主にバッテリーの寿命のことです。
きちんと使っていても、ある程度年数が経てばやはりバッテリーは消耗しますので交換が必要になります。
一概に何年というのは難しいので、バッテリーが弱っているかどうかを見極める必要があります。

バッテリーが弱ってきているかどうかは、エンジンをかける時の音やエンジンの掛かり具合に注目してみてください。
すんなりエンジンがかかればまだまだ大丈夫ですが、セルが回る音が長くなっていったり、弱々しい音がする場合は、バッテリーが弱っている証拠です。

バッテリーが弱っている時に、ライトの消し忘れなどをしてしまうと、一発で上がってしまう可能性も高くなります。
エアコンは特にバッテリー消耗が激しいので注意してください。

また、バッテリーは極端な低温・極端な高音に弱いので、暑い夏場、寒い冬場にエアコンをガンガンかけると一気に弱ってしまう可能性があります。
そういう時はバッテリーが上がってしまう前にしっかり点検を受けるのが無難です。


スポンサーリンク




車のバッテリーの交換方法!自分でやるのは得?


さて、バッテリー交換の方法ですが、これは自分でも簡単にすることができます。

バッテリーは今と同じ物でなくてもOKです。
自分の車種をカー用品店の店員さんに伝えると、適合するバッテリーをしっかり教えてくれます。

そしてもちろん工具も必要ですが、最低限、スパナさえあればバッテリー交換は可能です。
それと、念のため感電を防ぐため、軍手をはめて作業をするようにして下さい。


バッテリー交換のときに留意する点は、バッテリーが意外に重いので注意して扱うということです。
バッテリー液がこぼれないように、重いですができるだけ水平に扱うようにしてください。
バッテリー液は希硫酸ですので、肌に付くと危険です。
取り扱いには十分に注意してくださいね。

バッテリー交換の手順そのものは至って簡単。
①-端子につながっているケーブルを外す
②+端子につながっているケーブルを外す
③バッテリーを固定している金具を緩めてバッテリーを取り出す
④新しいバッテリーを設置する
⑤+端子にケーブルを繋ぐ
⑥-端子にケーブルを繋ぐ


以上です。
新しいバッテリーにケーブルを繋ぐ時に、+と-を間違えないよう、くれぐれも注意してくださいね。


さて、自分でバッテリーを交換するのは簡単なのですが、問題は古いバッテリーの廃棄ですね。
これは販売店で回収してくれる所が多いので、まずバッテリーを購入した時に、回収してくれるかどうか確認をしておきましょう。
その際、「自分で交換するので廃棄をお願いできませんか」と聞いてくださいね。
ほとんどのカー用品店が無償で引き取ってくれるはずですが一応念のため確認を取っておきましょう。

ちなみに自治体のゴミにはバッテリーは出せないので、必ず業者さんに引き取ってもらうようにしましょう。


バッテリーをお店で交換してもらう場合は、もちろんですが、バッテリー代金+工賃がかかります。
相場としては普通車で大体2~3万円ぐらいはします。

バッテリーの回収費用が無料なら自分で交換した方がはるかに安くできますので、是非挑戦してみてください。


まとめ


冬は特にバッテリーが上がりやすい季節です。
その場で応急処置で復旧してもまた上がる可能性があるので、一度上がってしまったバッテリーはすぐに新品に交換するようにしましょう。

また、普段からバッテリーが弱っていないかどうかも見極めが大事です。
エンジンをかける歳にちょっと注意してみてください。

バッテリー交換自体はとても簡単なので是非セルフでしてみましょう。
安く済みますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ