虫歯の痛みを和らげる方法とは?でも放置せず治療することも大事!

虫歯 痛み 和らげる

気づいたら虫歯ができていて、驚いた経験ありますか?
しっかり歯を磨いているはずでも虫歯はひっそり成長している可能性があるんです。

虫歯の厄介なところはやはりその痛み。
ズキズキ痛み出したら、どのように対処すればいいのでしょうか。
痛みを和らげる対処法をはじめ、治療したほうがいい理由も紹介します。


スポンサーリンク




虫歯が痛みだした!今ある痛みをすぐに和らげる方法とは?


虫歯によって歯がとても痛くなってきた!
そんなときにすぐできる対処法はないのでしょうか。

まず簡単な方法としては、虫歯の痛みには鎮痛剤を使うと効果的です。

一般的な鎮痛剤として挙げられるのは、「バファリン」や「イヴ」といった市販の薬です。
主に頭痛や生理痛によく効きます。
テレビCMでもおなじみですね。

これらを飲めば30分ほどで虫歯の痛みが和らぎます。
30粒で1000円くらいの値段です。
どこの薬局・ドラッグストアでも購入することができます。

そして最近は「ロキソニン」という鎮痛剤も主流です。
他の市販薬に比べて、効果が強力であることがメジャーになった理由。
ただしこちらは薬剤師の口頭説明を受けなければ、買うことができません。
すぐに購入したい、薬剤師のいない夜間に買いにいきたい、という方にはおすすめできない薬です。

また、薬には頼りたくないという人は別の方法を試してみましょう。
いちばん効果が期待できるのが、口の中や頬を冷やすということ。

口に冷たい水をいっぱい含んでいると、多少は痛みが落ち着きます。
虫歯の位置によっては頬に氷水など当てても効果的です。

こちらもぜひ試してみてくださいね。


虫歯の痛みをそのまま放置していたらどうなる?


上記で紹介した方法は、あくまでその場しのぎのもの。
一時的に痛みを和らげても、根本的な改善にはなりませんのでやはり歯医者で行って治療をすすめることを強く推奨します。

さて、虫歯をそのまま放置しているとどうなってしまうのでしょうか。
虫歯はまず歯の神経を溶かす性質があります。

歯に付着した虫歯菌は、どんどん範囲を広げて神経まで行き着きます。
神経が溶けると、もうその歯には栄養が行き届きません。
ある日ポロっと抜け落ちてしまいます。

さらにそこから体中に転移して、ひどい場合は脳にまで至ってしまいます。
症例は少ないものの、虫歯が原因で脳に機能障害を起こした患者もいるのです。

虫歯を放っておくと、口内だけでは留まらず体中をその菌に蝕まれてしまう可能性があることを覚えておいてください。


スポンサーリンク




最後はやっぱり虫歯治療!歯医者にはどれぐらい通う必要があるの?


残念ながら、虫歯は一度なってしまうとセルフ治療で治すことはできません。
歯医者へ通って治療するのがマストになってしまいます。

通わなければいけない期間は、虫歯の程度によって大きく変わってきます。

黒い点ができただけであれが、最短1~2週で完了するでしょう。
少し削って、薬を塗って終わりです。

ただ根が深かったり、神経までいっていると長引きます。
削って神経をゴリゴリ除去して、その上から銀歯ないしは人工歯を入れます。
これは1ヶ月以上かかるのが一般的です。

さらにインプラントや義歯を入れる場合は、型を取ってからその作成に入りますのでさらに時間がかかります。
2~3ヶ月ぐらいはかかると思っておいた方がいいでしょう。

自分で虫歯を治すことはできませんが、虫歯の広がりを最小限にする方法はあります。
それはフッ素入りの歯磨き粉でこまめに歯を磨くこと。
フッ素には虫歯の力を弱める効果があるでの、虫歯を最小限に抑えることができます。


まとめ


虫歯は一回できると自然には治らない厄介な病気です。
はじめは痛くなくても、次第に根が深くなっていって急に痛み出すということも多々あります。

虫歯を見つけたらできるだけ早く歯医者さんに診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ