雨の日に靴が濡れない歩き方と濡れた靴を早く乾かす方法とは?

雨 靴 濡れない

雨の日ってただでさえ憂鬱なのに、足元が濡れてさらにブルーな気持ちになりますよね。
できるだけ靴が濡れないように歩ければどんなにいいでしょうか。

今回は雨の日に靴が濡れないような歩き方や濡れてしまって素早く乾かす方法について解説していきます。
ぜひこれを読んで参考にして見て下さい。


スポンサーリンク




雨の日に靴が濡れない方法とは?歩き方で濡れ方は変わる?


それでは雨が降っていても靴が濡れない方法をいろいろな観点から紹介します。


傘のさし方を工夫して靴が濡れにくくなる方法・コツ


まずは傘のさし方に注目しましょう。
雨に濡れないようにさすというのは、誰しもがやっていると思いますが足元が極力濡れないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

まずは傘の長さに気をつけましょう。

実はさす人の慎重によって、適切な傘の長さというのが存在します。
160センチ以下の人は65センチの傘、170センチ前後の人は70センチの傘、180センチの以上の人は80センチの傘をさすと靴が濡れにくいです。

傘に落ちてきた雨というのは、そのまま垂直に地面に落ちるのではなく若干内側に巻くようにして落下していきます。
この雨の性質から、身長に見合わない小さな傘を使用していると靴が濡れやすくなるという傾向がみられるのです。

なので上記で示したように、身長に合わせて傘の大きさ・長さを変えてください。
それでもまだ足元が濡れるという人はさらに1センチ長いものを使いましょう。

そして風向きや雨の強さにもよりますが、傘をできるだけ前傾にしてさすと靴が濡れにくいです。
これもぜひ試してみてください。


歩き方を工夫して靴が濡れにくくなる方法・コツ


次に歩き方についてです。歩き方も工夫することによって足元の濡れを防げます。
雨の日に歩くと靴が濡れる原因は、歩くことで跳ね上がる水しぶきによるものが多いです。

水の跳ね上がりをできるだけ少なくするためには、スピードスケートの選手が直線を走るような走り方にすることが有効です。

スピードスケートの選手がスタートする際、直線を滑る時に、右足は右前方に、左足は左前方に、と斜めに足を出します。
つま先を逆の八の字にして、そのつま先の向いている方向へ、つまり外側へ足を出すといった感じです。
真っ直ぐではなく若干ジグザグに進むというのが特徴です。

歩いているときに飛び散る水しぶきを横に飛ばすイメージを持ちながら歩くと、うまくいくでしょう。

この歩き方をすると、歩く速度が少し遅くなるのでできればいつもより早めに歩くことをおすすめします。


靴が濡れにくい、濡らさないようにするおすすめの便利グッズ


いちばん良いのは、雨の日にはレインブーツを履くということです。
レインブーツには防水加工がされていたり、防水素材を使っているため濡れてもすぐに乾きます。

丈も長めに作ってあるので、激しい雨の中でも靴の中に水が入ってくることを防ぐことができます。

ただ仕事上、レインブーツを使えないという方もいるでしょう。
そんな方は、防水スプレーを使って少しでも靴を濡らさないようにしてください。


こちらの防水スプレーは革・布・人工皮などどんな素材の靴にも使えます。
水だけでなく、シミや汚れも防いでくれるので一石二鳥。
出かける前にさっとひと吹きするだけで、劇的に防水することができる優れものです。


スポンサーリンク




雨で靴がびしょ濡れになってしまった!早く乾かす方法とは?


雨で靴が中までびっしょり濡れてしまった時の対策を紹介します。
まずは家にあるものを使いましょう。
新聞紙をくしゃくしゃにして、つま先までしっかり詰めるようにしてください。

こてによって新聞紙が水分を吸収して、乾きが早くなります。
新聞紙が湿ったらまた取り換えると、さらに効率的に乾かすことができます。

また、靴を早く乾かせるようなグッズも販売されています。

ワニくん家族【あす楽対応】靴用 乾燥剤

ワニくん家族【あす楽対応】靴用 乾燥剤
価格:1,058円(税込、送料別)


靴の片方ずつに、このシリカゲルの袋を入れておくだけです。
吸水性はもしろんのこと、脱臭効果も期待できます。
ぜひ使ってみてくださいね。


まとめ


雨の日が続くと気持ちもジメジメしてきますよね。
靴は一度濡れるとなかなか乾きにくいのも悩みどころです。

今回紹介した方法や対策を使ってお気に入りの靴を雨から守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ