エアコンの冷房とドライの違いは?電気代や冷房効果を比べてみました

暑い夏を快適に乗り切るための必須アイテムといえば、エアコンですよね。

猛暑日の熱気がこもる我が家に帰宅して、汗だくの中スイッチをオン。
涼し~い風が出てきた瞬間の気持ちよさは言葉では言い表せないほど!! 嗚呼、幸せ~!

エアコンの冷房とドライの違いは?電気代や冷房効果を比べてみました

ところで皆さんはエアコンの「冷房」と「ドライ」の使い分けってどうしてますか?

私の場合はなんとなく、洗濯物を干すときにはドライがいいのかな~?とか、冷房って電気代高そうだから今日はドライでしのぐか~。なんて思って使い分けしてました。

ところが先日主人から、「どうやらドライ運転は電気代が高いらしい」という気になる情報が!!

ものすごーく衝撃的で、主人に「本当なの?!」と詰め寄ったものの、結局真意のほどは分からず、モヤモヤ。。

冷房とドライの違いってそもそも何なのでしょうか?
電気代はどっちが安い?!

などなど気になりだしたら夜も眠れませーーん!!!

夏には毎日のように使うエアコンですが、意外とその機能については知らないことが多いのでは?

ということで、エアコンの「冷房」と「ドライ」機能について調べてみました。
それぞれの機能をうまく使って今年の夏は快適に過ごしましょう♪


スポンサーリンク




エアコンの冷房とドライの違いとは?それぞれの効果や電気代を比較しました


エアコンの冷房機能とドライ(除湿)機能はそれぞれどういう機能で、どんなメリットやデメリットがあるのか、また電気代はどれぐらいかかるのかを調べてみました。


冷房の主な機能について


冷房は、皆さんがイメージしている通り、暑い部屋の熱い空気を冷やす機能です。
部屋の中の熱い空気を設定温度に下げるため、吸い込んでは冷やして戻す、ということを繰り返して温度をどんどん下げていくんです。


ドライ(除湿)とは?


ムワッ、ベタベタ、不快指数が上がる湿気が多い状態ってイヤですよね。
この状態を改善してくれるのが、除湿機能です。

どのような仕組みで除湿しているのでしょうか。

空気は、水を含んでいます。
この水分量は、温度によって変わることをご存知でしょうか?

空気の温度が高いほど多く水分を含むことができるんですよ。
暑くなってくると、ムワッとした湿気を感じるのはそのためなんです。

この空気の性質を上手く利用したのが、エアコンの除湿機能。
空気を冷やすことで空気中の水分を放出させて、それを屋外に排出させているのです。

そして、冷えることで水分量の少なくなった空気を再び部屋の中に戻す。
これを繰り返すことでお部屋の湿気をどんどん減らしていくんです。

もうお気づきでしょうが、エアコンの冷房機能を上手く利用していますよね。

通常エアコンの除湿機能は、「弱冷房除湿」と呼ばれます。
読んで字のごとく、弱~い冷房状態で運転させながら除湿を行っている機能です。

ですから除湿モードにしても、ちゃんと部屋の空気も冷やされるんですよ。


ところがこのような除湿機能にも問題点が。
それは、梅雨時期など、もともと気温があまり高くなく、湿度がとても高い場合は、除湿をするために空気を冷やすわけですから、除湿と同時に部屋が冷えすぎてしまうという欠点があるんですね。
気温があまり高くない状態で、不快なジメジメを除湿でなんとかしたい!と思ってドライ運転をすると、なんだか肌寒いわぁと感じる時がありませんか?
それが弱冷房除湿の特徴なんですね。

エアコンの冷房とドライの違いは?電気代や冷房効果を比べてみました

そこで、弱冷房除湿のこれらの弱点を補ってくれるのが、「再熱除湿」という方式なんです。
最近の新しいエアコンには搭載されている除湿方式で、これは、簡単に言うと、除湿のために一旦空気を冷やして、冷え過ぎた空気をちょうどいい温度まで暖めてから部屋に戻す機能なんです。

こうすることで除湿効果を高めつつ、梅雨時期や夜寝る時などあまり気温が高くない時期でも部屋が冷えすぎないというメリットがあります。

エアコンもどんどん進化しているんですね!!


「冷房」と「除湿(ドライ)」の電気代を比較


ここまで冷房と除湿(ドライ)の機能を比較してきましたが、さて、気になる電気代はどうなのでしょうか。
設定温度24度での1時間あたりの電気代を比べてみました。

冷房:約11円

ドライ(弱冷房除湿):約4円

ドライ(再熱除湿):約15円

となりました。
従来のドライ(弱冷房除湿)がやはり一番安い結果になりましたね。

ところが、最近搭載されたドライ(再熱除湿)は冷房よりも電気代が高くなることがわかりますよね。
これは驚きの結果ではないでしょうか。

再熱除湿はしっかり湿度を下げて、必要以上に冷えすぎないというとても素晴らしい機能がある反面、電気代が一番高くついてしまうというデメリットもありました。


スポンサーリンク




暑い夏を快適に過ごすために冷房と除湿、おすすめの使い分け方法ってあるの?


さて、冷房とドライ運転について調べてみましたが、結局どちらが暑い夏を過ごすのにピッタリなのでしょうか?

私のオススメは、まず帰宅後やお風呂から上がった後などとにかく早く部屋を涼しくしたい!という時には迷わず「冷房」。
そしてある程度冷えてきたら、「ドライ」運転に切り替えて、カラッとした部屋で長時間過ごす、というものです。

これは、節電を考えたときに非常に有効な使い方なんですが、これはやはりエアコンの除湿機能が「弱冷房除湿」の場合に限ります。
再熱除湿方式のエアコンだと、冷房から除湿に切り替えると逆に電気代が高くなってしまうので注意が必要です。

再熱除湿方式のエアコンの場合、電気代を気にされる場合は冷房運転をメインにしたほうがいいでしょう。
その際、設定温度は27~28度の高めがおすすめです。

エアコンの冷房とドライの違いは?電気代や冷房効果を比べてみました

どうしても湿度が高くジメジメして不快な時はたまに除湿もしてあげるとよいでしょう。

また、夜間は電気代も安いので再熱除湿であれば部屋が冷えすぎることなく除湿もしっかりしてくれるので快適に眠れること間違いなしです。
夜、どうしても暑くてジメジメして寝苦しい方は再熱除湿のエアコンを選ぶのがいいかもしれませんね。


まとめ


暑い夏、ムワーッと熱気がこもる部屋では集中力も途切れがちな上、小さな子供は熱中症の危険もあり大変ですよね。

エアコンは今や夏を乗り切るために欠かせない家電の1つですが、年々多機能なものが増えて、使い方やその効果をきちんと理解せずに使っている方も多いそうです。

それぞれの機能には、役割があり、正しく使うことでお部屋の快適さは段違いに良くなります。

今回は「冷房」と「ドライ」運転について調べてみました。

今までは洗濯物を干しているときや梅雨の湿度が高いときになんとなくドライを使っていましたし、冷房よりもドライの方が電気代は安いと勝手に思い込んでいましたが、エアコンの性能や構造によって除湿方法にも違いがあり、電気代や除湿効果に差があってとても驚きました。

皆さんもまずはご自宅のエアコンがどんな除湿方法を採用しているのか調べてみて今年の夏はどんな風に冷房とドライを使い分けるか考えてみると楽しそうですね♪

ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ