お風呂のふたを簡単に掃除する方法とは?重曹は効果的?カビの落とし方とは?

お風呂 ふた 掃除

普段のお風呂掃除ってお風呂のふたまではなかなか行き届かないですよね。
でもお風呂のふたもカビや黒ずみですごく汚れています。
年末などの節目の大掃除にはぜひともお風呂のふたまで徹底的に掃除をしたい所です。

でもお風呂のふたってパーツとしては大きいので掃除が大変ですよね。
今回はお風呂のふたにスポットを当てて、効率よく掃除をする方法をご紹介します。

どんな洗剤を使えばいいのか、カビがある場合はどうするか、など是非参考にしてくださいね。


スポンサーリンク




お風呂のふたを簡単にピカピカに掃除する方法とは?カビ落としに重曹は効果的?


ドラッグストアに行けば、お風呂用の洗剤がたくさん売られています。
キッチンハイターや強力な洗剤、どれを使ってもいいのですが実はお風呂のふたの掃除はもっと簡単に家にあるもので行うことができます。


それは重曹です。
重曹大さじ1杯を200mlのぬるま湯に溶かして使ってください。
ふたにこびりついたぬめりや、黒ずみもさっぱりきれいにしてくれます。

溝に入り込んだ汚れは、使い古した歯ブラシでかき出すようにするとよりきれいに除去することができます。

重曹には汚れを浮かせて取り除く効果もありますし、さらには防臭・防カビの効果も期待できます。
なのでお風呂のふたを洗浄するにはもってこいの代物なのです。


お風呂のフタは大きくて掃除をするのも面倒なので、残り湯を使った掃除というのも推奨します。
残り湯に200g程度の重曹を入れて浸けておく、これだけです。
スペースが余っていれば、イスや桶などのお風呂用品をいっしょに浸けるのもOKです。
ただ、この場合は重曹がいつもよりかなりたくさん必要になりますので、その点だけは注意してくださいね。


さらにしつこいカビには、重曹ペーストがおすすめ。
重曹ペーストは、たっぷりの重曹に水を少量加えてペースト状にしたものです。
水の配分はお好みでいいので、とにかくフタにしっかり密着するような粘度にしてください。

これを半日以上つけておけば、カビを落とすことができます。
重曹は体にもやさしいですし、ニオイも無臭なので快適に掃除に取り組めます。非常におすすめです。


そしてお酢を使った防カビ処置もできます。
お酢を1に対して、水4を加えて液体を作ります。
これを霧吹きを使って、お風呂のふたのカビが気になるところにプッシュ。
さらにブラシなどでこすれば、カビはみるみるきれいになっていきます。

実はカビに関しては、重曹よりもお酢のほうが効力を発揮します。
ただニオイが強烈なのでそのあたりは換気をしっかりするなどして対処してくださいね。



お風呂のふたにカビがつきにくくする方法とは?


カビの大好物は、人間のから出る汚れです。
皮脂などが代表格です。

そしてそれなりの湿度がある環境下であればどんどんカビは増殖していきます。

なので皮脂汚れなどをお風呂に残さないことが、いちばんの防カビ対策になるのです。
お風呂に入ったら、一回一回ちゃんと掃除を行いましょう。
そしてしっかり換気扇をまわして、湿度を下げてください。


スポンサーリンク




そしてそこへもうひと工夫すれば、カビは撃退できます。
それは先ほど紹介した重曹水です。
重曹は皮脂汚れを除去する効果がありますので、お風呂上がりのふたにシュシュッとひと吹きするだけで、かなりの防カビ効果があります。

さらに石鹸カスも落とすことが出来るので、一石二鳥といえる対策です。
ぜひこの重曹水を使って、きれいなお風呂環境を保ってくださいね。

お風呂のふたはとくに溝部分がカビの餌食になりやすいです。
なのでこの重曹水を常にスプレーに常備しておいてお風呂上がりには必ず溝にワンプッシュする習慣をつけると良いでしょう。


まとめ


お風呂場にはすぐにカビが発生してしまいますよね。
壁や床、浴槽だけじゃなく、お風呂のふたもすぐにカビが生えるポイントです。

毎回しっかり換気扇を回していても、少し気を抜くといつの間にか黒いポツポツができています。

今回もお掃除方法として重曹が大活躍すると思います。
重曹は本当に万能でどこでも使えるので、持っていて損はないでしょう。

しっかり防カビ対策を行って、清潔感のあるお風呂をキープしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ