寝過ぎで頭痛がする原因と治し方とは?頭痛をすっきり解消する方法

寝過ぎ 頭痛 原因

寝るのが大好きな人にとっては、時間を気にせずに眠ったり二度寝するのは至福の瞬間ですよね。
ただあまり寝過ぎると、頭痛がするなんて経験もあるのではないでしょうか。

今回は寝過ぎることで頭が痛くなるときのメカニズムやそうなってしまったときの治し方など解説していきます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク




寝過ぎで頭痛になる原因とは?


休日など、ついつい寝すぎてしまって起きた時に頭痛に襲われたことはありませんか?
実はこの頭痛には2種類あって、性質がかなり異なるのです。

まずは「偏頭痛」です。
この言葉はよく耳にする人も多いでしょう。

偏頭痛は主にこめかみのあたりがズキズキを痛むような頭痛を指します。
これは血管が広がるために、頭部の神経が圧迫されてしまった結果頭が痛くなるという原理が働いています。

刺激が直で大脳に伝わるため、かなり激しい痛みを伴うことも多いのです。


そしてもう一つの頭痛は、「緊張型頭痛」です。
これは逆に血管の方が圧迫されて起こる頭痛です。

肩や首など、頭の近くの器官の血管がキューっと圧迫されるとそれによって血流が悪くなって脳に血が行きにくくなります。

さらにその状態が続くと、脳は酸素不足に陥ってしまうのです。
この結果、頭がじわじわ痛みを感じるようになります。
なので緊張型の頭痛には、後頭部がジンジンするような痛み方が多いです。


寝すぎたときには、どちらの頭痛も起こる可能性はありますが圧倒的に「偏頭痛」の方が起こりがちです。
睡眠によって、血管が緩んだ状態になるのでその分神経が圧迫される環境が作り出されてしまうのです。

寝すぎたあとは、こめかみがガンガンするようなことが多いのではないでしょうか。
これは脳の血管が広がってしまっている証拠。

緊張型の頭痛を引き起こすこともありますが、これは寝過ぎたことが原因というよりも寝ている姿勢に問題があると言えます。
無理な姿勢で眠ることで、肩や首の血流が悪化してしまっているのです。


寝過ぎてしまった時に起こる頭痛の治し方、解消方法とは?


それでは対処法をご紹介していきたいのですが、ひとつ注意したことがあります。
それは寝すぎで起こっている頭痛のタイプをしっかり見極めることです。

頭痛には2つの種類があると前述しましたが、この2つはまったく逆ベクトルの頭痛なのでその対処法も正反対になります。
しっかりどちらの頭痛が起こっているのかを判断しましょう。


まず偏頭痛が起こっているときは、物理的に冷やすという行為が効果的です。
とくに痛んでいるこめかみにアイスノンなど当てればすぐに頭痛もよくなるでしょう。
冷えピタシートを貼るのもおすすめです。


スポンサーリンク




そしてコーヒーやカフェラテなどの、カフェイン配合の飲み物も飲んでみてください。
カフェインには血管を収縮させる働きがあります。
即効性はありませんが、じわじわと効いてくる対処法となっています。


偏頭痛には、このようなアロマも効果がありますよ。


ペパーミントの香りによって、血管が収縮活動をはじめます。
スーっとした爽快感もあるので、眠気覚ましにもぴったりです。
ぜひ試してみてくださいね。


頭痛の原因が緊張型の頭痛の場合は対処方法は偏頭痛とは逆になります。
冷やすのではなく温める方が効果的ですし、マッサージをして血行をよくしてあげるのも解消法の一つです。
また、コーヒーなどのカフェインは摂取すると逆効果ですので控えるようにしましょう。


まとめ


やっぱり寝過ぎというのは健康のためにもあまりよくはないんですね。
疲れがたまる週末でも、寝過ぎないように時間管理を行いましょう。

寝過ぎて頭痛が起こるのは気分的にも最悪ですよね。
痛みの種類をしっかり把握して、それぞれの対策をしてくださいね。


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ