体を柔らかくする方法まとめ|効果的なストレッチや体操、食べ物は?

体 柔らかく 方法

柔軟な体は、ケガや病気を防ぐ上でも大切です。
もしも体の固さに悩んでいる方がいたら柔らかくするようにストレッチや運動を心がけることをおすすめします。

今回は柔軟な体を手に入れるための、具体的な方法を紹介します。
ストレッチや運動はもちろん、食べ物からもアプローチできます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク




体を効果的に柔らかくするストレッチや柔軟体操のやり方とは?


まずは又割の姿勢になって、足の付け根をほぐしましょう。
ここから肩をぐっと入れて、さらに柔軟性を高めていきます。
左右10秒ずつ行ってください。

このストレッチは参考動画がありますので、見てみてください。


肩甲骨も柔らかくしていきましょう。
背中の柔軟性は体全体の体調を整えてくれます。

開脚して床に座り、片足はあぐらのように曲げます。
伸ばしている足の方を反対側の手でつかんでお尻を上げます。
これによって肩甲骨がじんわり伸びていくのを感じてください。

やりにくに人はタオルを使うと簡単にできます。
これも参考動画があるので、見ながらストレッチすると効率的です。



これらの柔軟体操はできれば毎日するのがベストです。
1日だいたい10分ぐらいかけてゆっくり行いましょう。

早い人で1ヶ月、遅い人でも3ヶ月ほど続けていれば、体が柔らかくなったと効果を実感できるようになるはずです。

こういう体操の場合は効果はすぐに出るものではないので、諦めずにコツコツと継続することが何より大事になってきます。
毎日少しずつでいいので、できるだけ続けるようにしましょう。



体を効果的に柔らかくする食べ物ってある?


体を柔らかくする効果のある食べ物を紹介します。

まずはグルコサミンという栄養素。
これは軟骨の主成分にもなっている栄養素です。

グルコサミンを積極的に摂取することで、軟骨がすり減るのを防ぐことができます。
グルコサミンはキノコ類に多く含まれていますし、サプリメントでも簡単に摂取することができます。
よくCMでもやっていますよね。

そして体の柔らかさをキープするには、体を酸化させないことも重要です。
フルーツは抗酸化作用のあるものが多く、できれば毎日食べてもらいたいです。

さらにニンニク、ショウガ、ネギなども体が酸化しないようにする食べ物の代表です。
これらの食べ物は栄養価自体とても高いので免疫向上にも役に立つとされています。


スポンサーリンク




体が固いとどんな不具合があるの?体を柔らかくするメリットってある?


それでは体の固さは私たちの体にどんな不具合を引き起こすのでしょうか。
まずは血行不良の心配が挙げられます。

体が固いとその分筋肉も凝り固まってしまうので、体内の血液をはじめあらゆる循環機能が低下していきます。

これによって太りやすい体に変化したり、代謝が落ちて体調不良に陥ったりする可能性があります。

そして柔軟性のない体はちょっとしたことでケガをしやすい体でもあります。
少しつまずいただけ、少し転んだだけ、それだけで場合によっては骨折してしまうこともあり得ます。

日常生活において、体が柔らかいことに越したことはありません。
ぜひ柔軟性を高めるトレーニングをはじめてください。


体を柔らかくすることで、体にどう良いのか、健康にどう良いのか


体を柔らかくすることによって、いろいろな恩恵を受けることができます。
まずは血行が良くなって、その分疲れにくい体になります。
とくに働き盛りのサラリーマンや子育て真っ最中の女性には体の柔らかさというのは必要不可欠と言っていいでしょう。

そして柔軟のストレッチや体操というのは体だけでなく、精神面でも非常にリラックス効果を得られるということが科学的に証明されているのです。
柔軟性を高めて、尚且つ心のしっかりほぐすことで老化防止の効果も期待できます。


まとめ


柔軟ストレッチや柔軟体操だったらハードさもないので毎日続けられるという人が多いでしょう。
例えばお風呂上がりに毎日10分間、という風に時間を決めると毎日継続しやすいでしょう。

柔らかい体は日常生活のいろいろな場面で必要になってきます。
今回紹介した方法をぜひ活用して、柔軟な心身を手に入れてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ