ご飯を美味しく冷凍・解凍する方法とは?炊飯器の保温はダメ?

ご飯 冷凍 方法

毎日の食卓に欠かせないのが白米。
日本人ならおいしくご飯を食べたいですよね。

ご飯はもちろん炊きたてが一番おいしいのですが、やはり利便性を考えると冷凍保存しておくのもおすすめです。

そこで今回はご飯をおいしく冷凍・解凍する方法を詳しく解説します。
いつも炊飯器の保温機能を使っている人も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


スポンサーリンク




ご飯を美味しく冷凍する方法とは?


ご飯は時間が経つとどんどん味が落ちていってしまいます。
味が劣化する条件というのがあって、
・温度が2~3℃
・水分含有率が30~60%


これらの条件に当てはまるとご飯の味は劣化していくことが分かっています。


そして、冷蔵庫に保存してしまうと、これらの「劣化条件」にピッタリ当てはまってしまうんですね!
ですので、冷蔵庫で保存するというのはご飯を美味しく食べることには適していないんです。
できれば避けたほうがいいですね。


なので食べきれなかったり、炊きすぎてしまったごはんは冷凍保存をするのがいちばん良い方法なのです。


そこでおいしく冷凍する方法を具体的にご紹介します。

まずは味が落ち始める前に、ラップでしっかり包んで下さい。
空気に触れたり水分が飛んでいくと、どんどん味が落ちてしまいます。
炊き上がったら早めにラップに包むようにしましょう。

だいたい1膳ぐらいのご飯をラップで包んでいくのがベストです。
そうすることで、解凍する時に食べたい分だけ解凍できるんです。

また、ラップの包み方にもコツがあります。
それはできるだけ平らにして包むことです。
こうすることによって解凍時にすぐに熱が行き渡って簡単に早く解凍できるからです。

ラップで包んだご飯はできるだけ早く冷凍させてあげるのもコツです。
じっくり緩やかに冷やすよりも急激に凍らせる方が美味しさを保つ秘訣です。
冷凍庫に急冷凍機能がある場合はそれを使うのがベストです。


以上がおいしくご飯を冷凍保存する方法です。
ぜひ試してみてくださいね。


ご飯を美味しく解凍する方法とは?


では次に、冷凍したご飯を解凍するときのコツを書いていきます。

まずは電子レンジで「解凍」機能を使わずに普通に「温める機能」をつかってご飯を解凍してください。
冷凍する時に、ご飯は約1膳分をラップで平たく包んであるのがベストです。

だいたい700Wで2分くらい温めるのが目安です。
温めが終わったら、いったんご飯を取り出してほぐしましょう。
中の方がまだ冷たい場合はもう1分ほど、追加で温めてください。

1回目の温めではラップのままレンジに入れてもいいですが、2回目はお茶碗に入れてほぐして温めるとおいしくできあがります。

ご飯を解凍するときのコツは、できるだけ均等に、そして一気に温めることです。
ですので、「解凍」の機能は使わず、最初から「温め」を使ったほうがいいんですね。

そしてその方が手間もかからず、時間もはやくできるのでおすすめです。


スポンサーリンク




ご飯を炊いた後、炊飯器で保温する事のデメリットとは?


炊飯器には「保温機能」がついているのが普通ですよね。
なので2日ぐらいで食べきるのであれば、わざわざ冷凍しなくても、その保温機能をつかえばいいのでは?とお思いの方もいますよね。

しかし保温機能を使うデメリットというのが実はあるのです。
それは「味の劣化」です。

炊飯器の保温は便利ですが、やはりご飯の乾燥というのは防ぎ難い面があります。
数時間保温にしてるだけで端っこがカピカピしている、ということもあるでしょう。
それはご飯の水分が失われているから起こることです。

そしてお米についている「ヌカ」も味の劣化を引き起こす要因です。
しっかりお米を砥いで洗っているつもりでも、じつはお米の表面にはヌカが微量ですが付着しているのです。

これが炊飯器の中で発酵して、ごはんがまずくなる原因になっています。
とくに保温機能中のご飯から悪臭がしたら、発酵しはじめている証拠です。
おそらく味も落ちているはずですので、注意してください。

最近の炊飯器は保温機能も高機能になっているとはいえ、やっぱり保温というのは劣化を招きます。

そしてもう一つ。
それは電気代です。
家電製品で一番電気代を消費する機能というのが実は「保温」機能なんです。
これは炊飯器に限ったことではなく、お湯を保温する電気ポットにも同じことが言えます。

以上から、やはりご飯を保存するには炊飯器の保温機能よりも冷凍→レンジで解凍というのがいちばんベストな方法といえますね。


まとめ


ご飯を美味しく冷凍・解凍する方法やメリットについて紹介してきましたがいかがでしょうか。
実はうちもこれを知るまでは、冷蔵庫に入れて保管してたんですね。
やっぱり水分が飛んでしまうのは防げませんでした。

急冷凍・急解凍が美味しさを保つ秘密です。

また炊飯器の保温も最近は高機能になったとはいえ、やっぱり味の劣化は防げないかなと思います。
電気代もかかりますしね。

ご飯の冷凍保存、是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ