結婚式の余興で簡単にできるものとは?おすすめの歌や参加型など!

結婚式 余興 簡単

友人の結婚式で余興を頼まれた!
余興って言っても何をしていいのかわからない!
そんな人のために、結婚式・披露宴でおすすめの余興をいろいろとご紹介していきます。

簡単にできる余興を始め、おすすめの歌、全員参加型で盛り上がる余興など、是非参考にしてみてください。


スポンサーリンク




結婚式の余興で簡単にできて盛り上がるものとは?


結婚式で盛り上がる余興の一例を紹介しましょう。
規模や新郎新婦との関係によって、どんな余興をチョイスするか違ってきますよね。
そのあたりも詳しく解説します。


簡単で盛り上がるのはビデオの作成です。
ビデオと言ってもいろいろ種類があります。

例えば新郎もしくは新婦の小学校、中学校を訪問して懐かしい映像を撮影するとともに、当時仲の良かった友人や、お世話になった先生方にインタビューをするというもの。

アポを取るのが難しいかもしれませんが、新郎新婦の幼馴染であれば、比較的簡単に作成できるのもメリットです。
そして、披露宴当日は少しみんなの前でビデオ紹介のために話をするだけで、ビデオが流れれば基本的には何もする必要はありません。
これは楽ですね。
事前にしっかり準備に時間をかけておいて当日に楽ができるパターンです。


これは新郎新婦の職場に置き換えてもいいですね。
もちろん職場内部で撮影OKな所を選んで、当日来れない上司や同僚さんにインタビューをしたりなど、応用を効かせることもできます。


そして特技系の余興もおすすめです。
歌は定番なので、一歩進んだ特技を持っているならそれを披露するのもおすすめです。
例えば楽器演奏、ダンス、マジックなどですね。

この日のために楽器の練習をしました、という前振りでもいいですね。
あまりに下手だと場が白けてしまう可能性もあるので、そこそこ披露できる腕前があったほうがいいと思います。

マジックはできれば派手なものがいいですね。
アシスタントに新郎新婦を選んで参加してもらうのがおすすめです。
なかなか難しいかもしれませんが、特技・趣味としてやっている人は是非挑戦してみてください。


他には、簡単な神輿を作って新郎を担いで、披露宴会場内を暴れまわったり、定番ですが、「取扱説明書」なんかもやっぱり盛り上がりますね。
取扱説明書では新婦を思いっきり持ち上げて、新郎をとことん突き落とす内容だと大ウケです。


また仕事仲間であれば、職場で着ている作業服や制服を着てきて、新郎にももちろん着替えてもらって、仕事中のおもしろエピソードを紹介したり、自警団や消防団に入っている仲間であれば、消防の服で揃えて、掛け声をかけたりするのも盛り上がります。

学生時代の部活でも面白いですよね。
可能なら当時のユニフォームを用意して着替えて、エピソードや面白い出来事を再現する、なんていうのも面白いでしょう。


何にしようか迷って全然決められない!という人も多いと思いますが、友人として心がしっかりこもっていれば何でもOKですよ!
新郎新婦とどんな関係にあるのか、そしてその関係が活かせるような余興は簡単にできて盛り上がりもかなり良いです。
是非挑戦してみてください。



結婚式の余興といえばやっぱり歌!おすすめの曲を紹介します


さて、余興の代表的なものと言えばやっぱり歌ですよね。
どうしても思いつかない場合は歌を歌うのも全然アリです。

おすすめ定番曲をいくつか挙げてみましょう。
まずは男性編。

家族になろうよ/福山雅治
結婚闘魂行進曲 「マブダチ」/氣志團
永遠にともに/コブクロ
Hapiness/嵐
バンザイ/ウルフルズ
未来/HY
365日/Mr.Children
お嫁サンバ/郷ひろみ
キセキ/GReeeeN
純恋歌/湘南乃風
希望の唄/FUNKY MONKEY BABYS


そして女性編。

Story/AI
糸/中島みゆき
未来予想図2/Dreams Come True
Best Friend/Kiroro
ハナミズキ/一青窈
愛をこめて花束を/Superfly
Butterfly/木村カエラ
ハッピーサマーウェディング/モーニング娘。


感動を誘うバラード系、盛り上がるアップテンポ系などいくつか紹介しましたが、大体上記に挙げた歌が結婚式では定番で人気曲です。
新郎新婦のキャラや歌う人の関係などで選ぶといいと思います。


また結婚式・披露宴で絶対に歌っては行けないのが、「別れの歌詞」が入っている歌です。
聞いた感じで、とても感動するバラードだったり、ノリのいいアップテンポの曲でも、実は歌詞に別れが含まれているなんてこともよくあります。

別れの曲はやっぱり気まずいですので、気を付けましょう。


スポンサーリンク




結婚式の余興に全員参加型のクイズなどものおすすめ!


会場全体が盛り上がる余興と言えば、全員参加型の余興ですね。
新郎新婦はもちろん、ご家族やご親戚の皆さんにも参加してもらっての余興というのはとても盛り上がります。
でもさすがに全員参加って難しいなぁと思うかもしれませんね。

一番簡単にできる全員参加型の余興はクイズです。
これなら座りながらでも参加してもらえるし、新郎新婦に関するクイズを選択問題形式で出せば、両家のご家族や親戚の方も面白くて参加しやすい企画です。
できれば景品も用意しておくと、盛り上がること間違いなしです。

面白いクイズとしては、
「新婦がドレスを選ぶ時に試着したドレスは合計何着でしょうか?」
「新郎新婦が結婚式の準備中にしたケンカの回数は何回でしょう?」
「新郎は新婦をお姫様抱っこしながら何回スクワットができるでしょうか?」
「結婚後の新郎の月のお小遣いはいくらでしょうか?」
「新郎が一番得意なモノマネは何でしょうか?」


などなど、いろいろありますよ。

新郎新婦の些細なことや日常をテーマにすることでよりアットホームな感じになり、みんなが参加しやすくなるのでおすすめです。
最後に何人か残れば、景品をジャンケンで争うのもいいですね。

クイズを通して、新郎新婦を巻き込むことも出来ます。

例えば、「新郎は新婦をお姫様抱っこしながら何回スクワットができるでしょうか?」という質問。
答えなんて無くてもいいんですね。

「答えはこの場で披露してもらいましょう!」

と新郎新婦に無茶ブリをすることで更に場を盛り上げることが出来ます。

モノマネのクイズも新郎に実際にやってもらうと面白いですよね。
もちろん、新郎新婦には内緒にしておいたほうがより盛り上がります。
これぞ余興を企画する友人の特権でもありますよね。

こんな感じで参加者みんなが簡単に楽しめる余興もとてもおすすめで楽しい披露宴になるし、新郎新婦からも感謝されるでしょう。

ただし、あまりに突っ込んだ内容のクイズは避けておきましょう。
場が白けるような、気まずくなって空気が固まってしまうような質問はやめておきましょう。
誰もが笑いながら参加できる内容にしておくのが無難です。


まとめ


結婚式の余興ってなかなか難しくて何にしようか悩みどころです。
どうせやるなら新郎新婦にも喜んでもらいたいし、参加者みんなにも楽しんでもらいたいですよね。

特技系があればいいのですが、それもなかなか難しいでしょう。
そうなれば、やっぱりゲスト参加型のクイズなんかはおすすめです。

是非楽しんで、新郎新婦のために素敵な余興を演出してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ