結婚式の費用ってどれぐらい?ご祝儀で足りる?内訳は?削ることはできる?

結婚式 費用 祝儀

結婚式は人生において最も重要な一大イベントと言っても過言ではありません。
ですのでやはり費用の方もかなりの金額がかかってしまいますよね。

結婚式、披露宴でかかる費用って、大体いくらぐらいなのでしょうか。
またここは削れる、ここは削ってはダメ!というようなものも含めて、結婚式にかかる費用についていろいろとご紹介していきます。


スポンサーリンク




結婚式の費用って大体どれぐらいかかるの?内訳は?


それではざっくりとですが、結婚式にかかる費用を計算してみたいと思います。
もちろん規模や付けたいオプションによっても料金は変わってきます。
あくまでも一般的にかかる費用です。


まずはチャペルでの挙式。
挙式でやることといえば、バージンロードを歩く・誓いを立てる・結婚指輪を交換するなどが定番でしょう。
1時間もかからないのが挙式です。

一般的なチャペルでの挙式は10万円前後かかります。
もちろん、これは最低限の費用なのでここにオプションをつけていけばもっと費用はかかります。
例えば入場曲を生演奏にしてもらう、結婚証明書にサインをするといった定番ものにプラスアルファする場合です。


そしていちばんお金が掛かるのは披露宴。
これも呼ぶ人の人数にもよりますが、大体80人ぐらいだとして、300万円ぐらいかかってしまうのが一般的な相場と言えます。

内訳ですが、まず一番大事でお金をかけたい点はお料理ですね。
大体一人当たり15,000円~20,000円ぐらいのコースを選ぶのが良いでしょう。

ここはあまり安くケチってはいけません。
20,000円に設定した場合、呼ぶ客の人数が80人ほどと想定して160万円になりますね。


そしてドレスや和装などの衣装代。
レンタルだとしても20~25万円はかかってきます。

式場の花代は、新郎新婦の高砂に飾る花、各テーブルに飾る花の合計で、規模にもよりますが10万円~30万円ほど。

写真撮影もお金がかかります。
前撮り、当日合わせて30万円前後ほどかかってきます。
当日はどうしても慌ただしいので、しっかり残しておきたいなら前撮りはしたいところですよね。

そして引き出物。
3,000円のメインギフトに加えて水物や乾き物で一人あたり5,000円が相場です。
80人として合計40万円ほど。

他にもまだまだありますよ。
ウェルカムボードなどの小物類、招待状に席次表、席札なども人数分必要です。

これらをトータルすると300万円は必要ですよね。
そしてキャンドルなど豪華にしたいと思ったら400万円ぐらいは見積もっておいたほうが良いでしょう。

それ以外にも遠方からのゲストへのお車代、宿泊費、最寄り駅からの送迎費も見ておかなければいけません。
やりたいことが増えればどんどん費用も上がります。
結婚式は私たちが思っている以上にお金がかかるイベントなんですね。


結婚式の費用はご祝儀でどれぐらい元が取れる?


今挙げた費用を新郎新婦だけですべて用意するのは、なかなか難しいでしょう。
なのでほとんどの人は、頂くご祝儀をある程度当てにして結婚式の準備を進めていきます。

さてそのご祝儀ですが、どれくらい入ると見積もっておけばいいのでしょうか。
これも呼ぶ人の立場や年齢によって大きく変わってきますね。

会社の上司や年配の親戚がいた場合は、5~10万円前後包んでくれることも多いです。
しかし同年代の友達が多い結婚式では、3万円に金額設定する人が大半です。
男女でも、やはり女性の方がご祝儀は少ないことが多くなります。

世代や年齢、男女比が均等な結婚式であれば大体平均して一人4~5万円のご祝儀があると見積もって良いでしょう。
よって4~5×80=320~400万円という所でしょうか。

ご祝儀で元が取れる!という確証はありませんが、そこそこ戻ってくる計算になりますね。
だからと言ってあれもこれも!とやっちゃうと、あっという間に赤字になりますので、注意が必要です。


スポンサーリンク




結婚式の費用を削るならここ!上手に節約する方法


さて、ご祝儀によって多少はまかなえる結婚式の費用ですがやはり削れるところはできるだけ削っておいたほうがいいでしょう。
しかし来てくれるゲストに「ここケチってるな」と思われたくはないですよね。
節約する際は慎重にならなければいけません。

結婚式の中でも、アットホームで手作り感のある方がいい点がいくつかありますよね。
まず候補に上がるのは、ウェルカムボードですね。
ウェルカムボードは頑張って自分たちで手作りで用意すれば、アットホーム感、オリジナル感が増し、お金をかけなくても素晴らしいものができるでしょう。

それから小物類。
招待状、席札、席次表は自分で作ることでかなりの節約になります。
自分で作るまではいかないけれど、安く抑えたいなら外注がおすすめ。
例えばホテルで披露宴をするなら、ホテル専用の招待状や席次表があるのですが、これはかなり割高です。

結婚式・披露宴の小物を扱うショップがありますので、うまく探せば品質もそれほど落とさずに安くすることができます。
上手に外注を使うことをおすすめします。
ただし、ホテルによっては「持ち込み料」を取られる所もありますので、事前に確認・注意が必要です。


あとは花嫁の装飾品です。
ブーケや花のレイは花嫁自身がつくったり、花嫁の母親がつくったりすることが多いです。
ウェディング会社からレンタルすると数万円とられることもありますからぜひ手作りに挑戦して、節約しつつ可愛い自分に似合った装飾を準備してほしいですね。

衣装も削れます。
最新の衣装や有名デザイナーやタレントさんがプロデュースした衣装はやっぱり高く付きます。
こだわりがなければ、上手に安く済ませることができる部分です。
新郎は衣装替え無しで済ませましょう(笑)
ジャケットはそのままでシャツの色を変えるだけでもガラッと印象を変えることができますよ。
後は思い切って洋装のみ、もしくは和装のみにするという方法もありますよね。


逆にここは削らないほうがいいという点もあります。
それはやっぱり何と言ってもお料理ですね。

料理は費用をケチってランクを下げてはいけません。
むしろ一番高いか、もう一つ落としたぐらいのかなり良いランクを選びましょう。

披露宴に参列した人に聞くと、やっぱり料理の感想が多いです。
美味しかった、食べきれないぐらいだった、と思われるのがベスト。
結婚式に招待されて、「料理が物足りなかった~」と言われることだけは避けたいですね。

できるだけ料理にはお金をかけたほうがいいでしょう。


まとめ


結婚式は何かとお金がかかる大イベントです。
事前に何度も打ち合わせを重ねて、当日を迎えますから花婿も花嫁もドキドキの毎日を送るはずです。

豪華さばかりに目を取られがちですが、やはり無駄になるようなものが生まれないように節約を意識することも大切。
準備に余念がないようにして、思い出にばっちり残る素敵な式にしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ