七五三の内祝いって必要?のしにはどう書くの?マナーが知りたい!

子供の初めての七五三。
分からないことだらけですよね。

お互いの両親や親戚から七五三のお祝いをたくさんいただいたのですが、七五三の内祝いって必要なのでしょうか。
どこかで、七五三のお祝いのお返しは不要ですよ、という記事も見たのですが、本当はどうなのでしょうか。

七五三 内祝い 必要

また、お祝いのお返しをする時の最低限のマナーや熨斗の書き方などいろいろ調べてみました。
是非参考にしてください。


スポンサーリンク




七五三の内祝いって必要なの?両親にはどうする?


両親や親戚から七五三のお祝いをいただきましたが、お返しって必要なのでしょうか。
よく、子供のお祝いごとに関してはお返しは不要、と書かれているのを見かけます。

本来はその通りで不要なんだそうです。
ただしやっぱり最低限のお返しはした方がマナーとしてもいいんだそうですね。

お祝いをもらって何もしないのでは、双方にとって気持ちよいことではありませんからね。


まず、一般的には七五三が終わったら食事会の場を設けます。
このお食事代をもってお返しにするという考えもあります。

お食事にプラスアルファとして手土産を用意するともっと良いでしょう。
お菓子やお赤飯、お茶などが一般的にはいいようです。

またせっかくですので、七五三で撮った子供の写真やビデオなども付けるとなお良いですね。

これは地域や各家庭で違うと思うのですが、かなり丁寧なところだと、お返しとして宴席を設けて、さらに内祝いとして、お菓子とお赤飯、子供の写真などをセットにした引き物も用意するところもあるそうですよ。

食事会を開けない場合や、遠方で来られない親戚や親に対しては、やっぱり内祝いとして品物を贈るのが良いでしょう。


七五三の内祝いの熨斗(のし)にはどう書けばいいの?


内祝いとして品物をする場合にはお熨斗は付けましょう。
一般的には紅白蝶結びののし紙をかけ、「内祝い」としてその下にお子さんの名前を入れます。
お子さんの名前は性は入れないのが普通です。

「内祝い」でもいいですし、「寿」や「七五三内祝」としても問題ないでしょう。
またお子さんが書いたメッセージや、子供の写真を添えるとより一層喜ばれるでしょう。

発送する場合は差出人は親の名前で出します。


スポンサーリンク




七五三の内祝いの最低限のマナーが知りたい!


七五三のお祝いのお返しをするときにも最低限のマナーというものがあります。

まずお返しの品の金額の相場ですが、「三割から半額ぐらい」が目安となります。
贈り物として喜ばれるのは、お菓子やお茶、コーヒーや紅茶などです。

ここで贈ってはいけないものもあるのでご紹介しておきましょう。
・お茶碗などの陶器類
・包丁やハサミなどの刃物類
・ガラス製品


陶器類やガラス製品は割れやすいから、刃物類は縁が切れるという理由から贈り物としてはふさわしくないようです。
お茶碗やお皿、ガラスの食器などは贈ってしまいがちですが、避けておいたほうが無難ですね。

また、送り状も書いておきましょう。
事前に贈ってもいいですし、品物に一緒に付けてもいいでしょう。
できれば手書きが望ましいです。

マナーにうるさいところだと、先方からお礼の電話が来る前にあらかじめ送り状を送っておくか、電話でお知らせをしないと無礼に当たるそうです。

お返しの時期は七五三のお参りの日から1週間以内が望ましいですね。

出来る限り、こうしたマナーを守っておくと、しっかりしてるなと思われます。
中には礼儀にうるさい地域もありますので、事前に確認しておくといいですね。


まとめ


七五三のお祝いのお返しについていかがでしたでしょうか。
不要であるという意見もあるかもしれませんが、私の場合も食事会を開いて手土産を渡しましたし、遠方の親戚には内祝いを贈りました。
一番喜ばれるのは子供の写真やビデオですね。
やっぱりこれって気遣いだと思いますし、お祝いをしていただいたのだから、最低限のマナーとしてお返しはしておいたほうがいいと思います。
大事な子供の事ですし、やっぱり親がしっかりしてあげたいですよね。
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ