正月飾りは玄関のどの場所に何を飾る?いつからいつまで?喪中の場合は?

正月飾り 玄関 場所

正月の飾りってどんなものを飾るんでしょうか。
お正月はやはり神聖な雰囲気があるの、間違ったものを飾りたくないですよね。

今回は特に玄関に飾るお正月飾りについて詳しく解説していきます。
玄関は人目にも付きやすいので、きちんと飾りましょう。

玄関にはどんなものを飾ればいいのか、いつからいつまで飾るべきか、また喪中の場合はお正月飾りはどうすればいいのかなど、詳しく解説します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク




正月飾りは玄関のどの場所に何を飾るの?


そもそも正月飾りというのは、年の始めに神様を迎えるためにするものです。
1年間どうか家族を守ってください、と年神様にお願いをして我が家に迎え入れるために派手やかに飾り付けるのです。

簡単に言えば、神様に見つけてもらうための目印のために正月飾りをすることがしきたりになったと言っていいでしょう。

さて、それでは具体的にどんな種類があるのか見ていきます。
玄関の外に置くものとして、一番に思い浮かぶのが、門松ですね。
松飾り・角の松とも言います。

これは古くから木には神が宿るとされてきた背景から、正月の飾りになりました。
平安時代の末期からこの門松は正月に玄関先に飾られるようになったのです。


そしてしめ縄です。
こちらは玄関のドアに飾るのが一般的です。
門松とセットとして覚えておきましょう。

これは清浄な世界と俗世の境界として用いられてきました。
しめ縄の内側を神聖なものと考える風習が昔から有り、厄災をとどめるためのバリケードとしての役割をしています。


次は家の中を見てみましょう。
内玄関の代表的なお正月飾りといえば鏡餅がありますね。
丸くて平べったいお餅を2段重ねにして上にみかんを乗せます。
平たいお餅が三種の神器の一つである「鏡」を表していることから鏡餅というようになったのです。
一般的には床の間や神棚に飾るものですが、内玄関に飾るお宅も多いですね。


玄関ではないのですが、室内の神棚などに、羽子板や破魔矢を飾る家が多いです。
これらは室町時代にあった新年の占いや厄払いから現代に伝わっているもので、羽子板は女の子用・破魔矢は男の子用という区別があります。

現代ではあまり男女の区別というのはされていないことが多いです。
そして破魔矢はその年の年明けにおいて凶の方角へ向けることになっています。
玄関だけじゃなく、神棚の飾りとして覚えておきましょう。


さて、お正月飾りはどこで入手できるか、ということですが、時期が来るとホームセンターなどで店頭に並びます。
しかし門松などはけっこう大きくて運ぶのも大変なので、ネット通販を利用すると便利ですね。


玄関の正月飾りはいつからいつまで飾っておくといいの?


正月飾りを飾っておくのは、松の内の期間というのが全国で一般的です。

松の内は、12月13日から始まります。
この日以降であれば正月飾りを出していてもおかしくはありませんが、最近ではそこまで早くお正月飾りを出している家庭は多くないです。

たいていはクリスマス明け、12月最後の週に飾りを出すことが多いです。
地方ではもう少し早い所もありますが、都心はだいたい12月末が多いですね。


そして松の内が終わる日ですが、これは地域によって多少の差があります。
関東では1月7日、関西では1月15日までが松の内です。
この時期をすぎても正月飾りが出ていると笑われてしまいますので気をつけましょう。

ざっくりと松の内の期間を示しましたが、地方によってはさらに細分化されています。
もしわからない場合は、地元の神社などに問い合わせるのがおすすめです。

と言っても、1月15日まで飾りを出しておくのは長いような気もしますね。
大体正月3が日を過ぎて、1月7日までに飾りをしまうのが一般的と言えそうです。


スポンサーリンク




正月飾りは喪中の場合はどうすると良いの?


基本的に喪中の年は正月飾りをしません。
喪中の間はお祝いごとは全て避けるのが一般的です。
お正月も例外ではありません。

門松はもちろん、しめ縄や鏡餅も飾りません。
ちなみにおせち料理も祝いの類に入るので、できれば用意しない方がいいです。

ちなみに喪中の範囲というのは、絶対という定義がありません。
喪中にしようか迷うような関係性の場合(3頭身以上の親戚関係など)は家族と相談して喪中の有無を決めるようにしましょう。


まとめ


正月飾りについて解説してきましたが、結構知らないこともあったのではないでしょうか。
特に玄関には最低限、しめ縄と鏡餅は飾ると良いですね。

しめ縄は玄関ドアに吊るすだけなので、誰でもできますし、鏡餅も飾り用として売っているので、特に若い世代のご家庭ではそういうのもありかと思います。
要は気持ちの問題ですからね。
ただ、一般的な知識だけは知っておくと何かと役に立つと思います。

是非参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ