貼るカイロで効果的に体を温める場所・位置とは?冷え性さん必見!

貼る カイロ 場所

寒さが日に日に増していく今日この頃。
やはり寒い時期に必需品となるのが、ホッカイロですよね。
とくに貼るタイプは体の各所に貼って温められるので重宝します。

今回のテーマはそんな貼るカイロを上手に利用する方法です。
貼る位置によって体のポカポカ感が違ってくるって知ってましたか?
寒さ嫌いや冷え性の方は、ぜひ読んで参考にしてくださいね。


スポンサーリンク




貼るカイロで効果的に体を温めるにはどこに貼ればいい?


それでは体をしっかり温めるための、カイロの貼り方を紹介します。
とくに外で仕事・作業をする人は、この貼り方で寒さを吹っ飛ばしてくださいね。


体全体を効果的に温めるにはどこに貼ればいいのか


まず全身をくまなく温めるには、お尻の上あたりにカイロを貼るのがいちばん効果的です。
腰の下、お尻の割れ目がちょうどはじまる部分に出っ張っている骨がありますが、ここにカイロを貼るのが全身を温める近道になっています。

このお尻の上の骨を仙骨をいうのですが、仙骨の周辺は脂肪が少なくて血液が温まりやすいという特徴があります。
よってここにカイロを貼れば、温まった血液が全身へ行き渡って冷え知らずの体にしてくれるというわけです。

首元を温めるのも、全身をポカポカにするのにおすすめです。
首にも太い血管が通っていますし、脂肪もほとんどないので仙骨周り同様温めやすい場所です。

しかし首周りはなかなかホッカイロでは温めにくいですよね。
タートルネックを着ているときや上着を羽織っているときは、首元、後頭部の下あたりにミニカイロを貼って温めてみてください。


お腹を冷やさないためにはどこに貼ればいいのか


お腹の冷えは、とくに女性にとって大敵です。
生理中など体調が万全でないときはとくに冷やしたくない部分ですよね。

そんなときはお腹にカイロを貼るのはもちろんなのですが、腰にも貼るとさらに効果的なんです。
腹側・背中側の両方からホッカイロでサンドすることによって内蔵がしっかり温まるので体調不良の日も過ごしやすくなります。
直に貼ると低温やけどを起こす危険もあるので、キャミソールやヒートテックなどのインナーの上から貼るのがいちばんおすすめです。

また何個も貼りすぎると室内に入った時に熱くなりすぎるので、お腹に一枚、背中に一枚がベストです。


スポンサーリンク




足、足の指先を効果的に温めるにはどこに貼ればいいのか


さて、足の指も冷えやすい場所といえます。
雨の日、雪の日は靴を履いているとはいえ氷のように足の指が冷たくなって動かないなんてことも多いです。
特に足の指先が冷えて困るという方におすすめの貼り方をご紹介しましょう。

足先には、足専用の貼るホッカイロを使うことをおすすめします。
しっかり足の形にカットされているので、靴下やタイツの上から貼ってもきれいにフィットしてくれます。



できればカイロを貼った上から、さらにもう一枚靴下を履くと効果的です。
こうすることでカイロから発生した熱が逃げずに靴の中でしっかり保温されます。

足先の冷えにお悩みの方は、この靴下サンドウィッチ法を試してみてください。
カイロを長持ちさせるのは、極力空気に触れさせず布に密着させるのが得策です。
そういった面から見ても、靴下を二重にしてカイロをはさむ方法は効果をさらに引き出すコツになっています。

そして足先にホッカイロを貼ると熱くなるので必然的に汗をかきます。
この汗を吸収するために、5本指ソックスを履くのが効果的です。
蒸れずに通気性もバッチリなので、ニオイ対策にもなります。
とくにブーツを履く女性にはおすすめの方法です。


まとめ


冬はホッカイロなしでは過ごせませんよね。
私も早いかもしれませんが、11月にはカイロの購入を検討し始めます。
ドラッグストアでまとめ買いするとお買い得なんですよね~。

カイロもできるだけ効率的に使って、減りを少なくしたいです。
今回の記事を参考にして、カイロの使い方をマスターしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ