お年玉の中学生・高校生の相場は?兄弟姉妹で金額に差をつける?

お年玉 中学生 相場

今回は、中学生・高校生の場合はいくらぐらいなのか、ということについて解説していきましょう。
お金にはとても敏感な年頃、もしかしたら中身をその場で見られるかもしれません。

親戚に中学生、高校生の子がいて、お正月に里帰りをする方は参考にしてください。


スポンサーリンク




お年玉の中学生の相場ってどれぐらい?


まずは中学生へあげるお年玉について見ていきます。
相場といっても家庭の経済状況によるところが大きいのがお年玉ですが、自分の子供にはどれくらい渡すのが普通なのでしょうか。

相場は5,000円前後というのがアンケート結果で出ています。
かなり幅が大きいですが、自分の子供というのがポイントで
「日々おこづかいをあげているからお年玉でそこまで大金を渡す必要はない」
と考えている親御さんが多いのです。

そのため5000円くらいというそこまで大きくない金額がアンケート回答の大多数を占める結果となりました。


そして甥っ子姪っ子の場合ですが、ここでの相場は10,000円以下というのが一般的なようです。
気持ちとしては自分の子供に渡す金額に毛が生えた程度、と認識している人が半数を占めています。

10,000円以下という結果ですが、実際に10,000円あげている人はそこまで多くなくだいたい5000~6000円ほど包むのが相場になっています。

親戚のほとんど会わないような子供、例えばいとこの子供などには10,000円程度渡すというのが最も多い回答になりました。
やはり正月くらいしか顔を合わせることがありませんからその分金額もはねあがってくるといった結果になりました。


お年玉の高校生の相場ってどれぐらい?


では次は高校生へ渡すお年玉についてです。
成人を目前にしている学生たちですから、少ない金額だとあまり喜ばれませんよね。

自分の息・娘が高校生だった場合のお年玉は10,000円くらい渡している家庭が多いです。
普段の月のお小遣いが5,000円ほどが多いので、お小遣いの倍ぐらいでしょうか。

そして甥っ子姪っ子へのお年玉は10,000円以上包んで渡すのが一般的です。
とくに高校三年生で、就職を控えているような子には「社会人としてがんばれ!」という意味合いもこめて2~3万円、お年玉としてあげるようなケースも多いのです。

いとこの子供のようなそこまで近くない親戚関係でも同様です。
たいてい10,000円以上は渡すのが相場になっています。
しかし20,000円はあげすぎと考えている人が多いのもアンケート結果として出います。


ケースバイケースですが、子供が学生の場合は10,000円ぐらいにしておくのが無難ですね。


スポンサーリンク




兄弟姉妹でお年玉の金額に差をつけるべきか?


そしてお年玉をあげる子供が兄弟や姉妹だった場合、金額に差をつけてあげるのかどうかも迷うところですよね。
調べてみたところ、関係性が薄まれば薄まるほど金額に差をつけないことが多いという結果にいきつきました。

やはり自分の子供だと、ふだんからお兄ちゃんやお姉ちゃんのがんばりを見ていることもあって「いつもありがとう」という意味をこめて上の子のお年玉を少し多めに渡す家庭が大半です。

そして正月にしか会わないような親戚の子には、例え兄弟姉妹であっても金額の差は付けずに同額を包んで渡すことが一般的になります。
ただしこれは兄が高校生、弟が中学生などの年齢が近い場合です。
あまりに年齢の差が高校生と小学生など離れている場合は金額に差を付けても大丈夫でしょうね。

しかし各家庭によって方針があるかもしれないので、相談できる間柄であれば事前に金額の差をつけた方がいいのかどうか聞いてみるのもいいでしょう。


まとめ


今回は毎年悩んでしまうお年玉の金額について詳しく調べていきました。
あくまで相場なので、紹介した金額が絶対ではありませんがやはりお年玉の額は世間一般とあまりずらしたくないですよね。

さてお正月までもう数か月です。
しっかりお年玉の準備をしておいてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ