喪中に初詣に行っては行けないって本当?理由を調べました

喪中 初詣

我が家は今年の夏、家族に不幸があって現在喪中です。

ある時友人から
「喪中は神社の鳥居をくぐってはいけないんだよ」
というようなことを聞きました。

ということは、初詣も行ってはいけないのでしょうか?
四十九日も百ヶ日も済んでいるのにダメなのでしょうか?

私はそういうことはあまりよく知らなかったので、
喪中の期間や参拝について調べてみました。


スポンサーリンク




「喪中に初詣は行ってはいけない」の真実は?


結論から言いますと、
初詣に行くならお寺は大丈夫、神社は原則ダメ
ということがわかりました。

ちょっと曖昧な答えなんですが、神社によってはそれぞれ考え方が違うのだそうです。


神社に行ってはいけない理由とは?


まず、神社では「血」とか「死」は「穢れ(けがれ)」を意味するのだそうです。

ちなみに、「穢れ(けがれ)」というのは仏教や神道において、「理想ではない汚れていて悪い状態」
ということを指します。

つまり、考え方としては、死者が出た家全体が「穢れ(けがれ)」の中にいる、という解釈です。

神社というのは清浄な神様の領域なので、穢れの状態にある人が入ってはいけない、とされているのです。

要するに、悪い状態のままで神様の神聖な領域(神社)には行ってはいけないよ、ということですね。

ということなので、喪中の場合は神社に初詣の参拝に行かないほうがよいという結論です。

穢れを持ち込んではいけないというのはなんとなくわかった気がしますが、それでも毎年のあの大勢の参拝客の中には喪中やもしかしたら忌中の人もいるかもしれませんよね。
当然、ダメだというのも知らない人もいるわけだし…。

まぁでも聞いてしまったからにはちょっと神社は避けておこうかな、と思いました。


お寺は大丈夫なの?


ただし、お寺は考え方が違います。
お寺は死を穢れと考えません。

当然といえば当然ですよね。
お葬式もしますし、四十九日法要もお寺でできます。

むしろ喪中の時はお寺にお参りをするのは良いことと捉えることができます。

確かにお寺はよく考えると全く問題ないように思いますね。
お墓参りも大抵お寺ですしね。

来年の初詣はお寺に行くのがいいかもしれませんね。


スポンサーリンク




いつまで神社に行ってはいけないの?


さて、では神社に行ってはいけない期間というのはあるのでしょうか。

ここが実は少し曖昧な部分で、神社によって多少考えが変わってくる所なんです。

まず、亡くなってから五十日間を忌中と言います。
忌中はいわば謹慎期間中であり、本来は外出や社交さえも控える期間です。

そして四十九日の法要が済み、忌が明けると喪中になります。


喪中というのは簡単に言うと、「死者を偲ぶ期間」になります。
よく喪に服すといいますが、悲しみに暮れる期間のことです。

神社によっては忌中が過ぎれば大丈夫、というところもありますが、一般的には喪中が明けるまでは
参拝は控えた方がよいとされています。


ちなみに喪中の期間は亡くなった人の関係によっても変わってくるのです。

一般的には、

親の場合は1年間
子供の場合は6ヶ月間
祖父母も6ヶ月間
兄弟姉妹は3ヶ月間


となっています。

あくまでもざっくりとした目安ですので、亡くなった人が親しい人であれば、喪中=1年間という考えでもいいかと思います。


四十九日も済んだし、初詣に行っても大丈夫だろうと思うかもしれませんが、大体1年間、喪中が明けるまでは控えたほうがよい、というのが結論です。

四十九日が明けると忌が明ける、というのはなんとなく知っていましたが、喪中ってそれぞれ期間が違うのはちょっと意外でした。

まぁでも調べていても、きっちり決まっている感じではなかったので、やっぱり喪中=1年間がなんかしっくり来るなぁと感じました。


喪中に祈願をしたい場合は?


ちょっと話がそれますが、喪中であっても、例えば安産祈願とか合格祈願、お宮参りなどどうしても神社に行きたい時もありますよね。

そういう場合は忌が明けている、つまり四十九日の法要が住んでいれば大丈夫のようです。

忌中であってもやむを得ない場合は「お祓い」を受けることも出来るようですので、この場合は直接神社に問い合わせるのがいいでしょう。

やっぱり祈願に行きたいとなったらまずは問い合わせるべきでしょうね。
その時に喪中なのか忌中なのかを伝えたほうがよさそうですね。

何かで読んだのですが、忌中の場合は忌が明けてからお越しくださいね、と言われる神社もあるみたいですね。


まとめ


家族に不幸があった場合、50日間は忌中、50日を過ぎてから1年間は喪中という風に覚えておきましょう。
初詣は喪中の場合は、神社に行くのは穢れを持ち込む、ということで避けた方がいいでしょう。
どうしても祈願などで行きたい場合は忌が明けていれば大丈夫のようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ