年越しそばっていつ食べるのが正しい?にしんを使う意味や由来は?

年越しそば いつ 食べる

夏が終わるとあっという間に冬が来て、そうなるともう1年も終わりに近づいてきます。
涼しい季節になってくると、そろそろ年末へ向けて、いろんな準備を始める頃合ではないでしょうか。

大晦日で楽しみなことといえば、年越しそば。
こたつに入り、除夜の鐘を聞きながらお蕎麦をすするのは幸せですよね。

そんな年越しそばについて、今回は詳しく調べてみました。
いつ食べるのが正しいのか、にしんを使う理由はなんなのか、そのあたりにスポットライトを当ててみたいと思います。


スポンサーリンク




年越しそばっていつ食べるのが正しいの?


年末に家族みんなで食べるというイメージが強い年越しそばですが、いつ食べるのが正しいとされているのでしょうか?

実は年越しそばを食べるタイミングには、絶対にこの時間でなければだめ。という決まりはありません。

年内に食べ終わらなければ運気が落ちる
新年を迎える前に完食しなけらば金運に恵まれない


などといった都市伝説のようなものがはびこっていますが、これらにはまったく歴史的根拠はありません。
年越しそばは好きなタイミングで各々食べればいいのです。

23時を回ったあたりから準備して、年明けする瞬間には食べ終わっているというご家庭もあれば、大晦日の普通の夕食の時間に年越しそばを食べる、というご家庭も多いのではないでしょうか。

そして地域によっては、そばを年末ではなく、年明け一番目の食事としてすする文化があるところもあります。
それくらい「年越しそば」にはいろんな楽しみ方があるんです。


年越しそばの意味や由来とは?そもそも年越しそばって何?


それでは年越しそばというのは何がキッカケで食べられるようになったのでしょうか?
大晦日にそばを食す習慣は、江戸時代にはじまったとされています。

そばは長くて伸びるものなので、来年も「寿命」「家運」が永続していきますように、という願いを込めて年越しの瞬間に食べるようになったという説があります。

これは引越しそばにも通ずるものがありますね。
やはりそばは昔から縁起のいいものとして扱われていたようです。

あとは「そば=切れやすい」というイメージから、旧年の苦労や災いをそばをたべることで切り捨てられますように、という思いから、年末にそばを食べるようになったという説も存在しています。

地域によってそばを食べるタイミングが年明けの前後で異なるのは、上に挙げた2つの説の違いにありそうですね。

「そばの長さ・伸びる様をこれからの幸せの永続に重ねる」地域は、新年明けてからそばを食べるようになった。
そして「そばは切れやすいので、不幸をここで立ちきろう」という地域は、年明け前の大晦日にそばを食べるようになった。

こいうった経緯があると考えられますね。
あなたのお住まいの地域は、どちらのタイプですか?

昔から「そばじゃなくてうどんじゃだめなのかな?」と思っていたんですが、そばの特徴を縁起物に例えて、昔の人が食していたとしたらうどんではやはり代用が難しいですよね。


スポンサーリンク




年越しそばと言えばにしん?意味や由来知っていますか?


年越しそばに入れる具といえば、何が思い浮かびますか?
ご家庭によって、様々だとは思いますが「にしん」と答える方が多いのではないでしょうか。

実はにしんを入れる文化は関西方面に主に根付いているものだそうです。
なので関東圏や東北の方には、にしんはあまりお馴染みではなかもしれませんね。

にしんを年越しそばに入れ始めたのは、京都のお蕎麦屋さんだそうです。
やはりにしんもそばと同じく縁起物で、「にしん」を「二親」という語呂合わせにしたことがきっかけだそうです。
この語呂合わせには、多くの子供に恵まれますように、という願いが込められているんだとか。

ちなみに、にしんの他にメジャーな年越しそばの具は、かき揚げ、天ぷら、ネギ、卵などだそうです。
関東の人にはこちらの方がピンとくるかもしれませんね。


まとめ


年越しそばににしんを入れる習慣は、関東に住む私にとってあまり馴染みのない感覚でした。
こ年の年越しそばには思い切っていれてみようかな?と思います。

温かいダシをとって、旧年の疲れをお蕎麦でしっかり癒したいですね。
忙しい季節になりますが、体調を崩すことなく新しい年を迎えたいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ