正月飾りの処分の方法とは?いつまで飾るの?来年も使える?

正月飾り 処分 方法

みなさんの家ではどんなお正月飾りを出していますか?
破魔矢、しめ縄、鏡餅、いろんな飾りがありますよね。

そんな正月飾りですが、お正月が終わったら片付けると思いますが、どうやって処分したらいいのでしょうか。
またいつまで飾るの?とか来年も再利用していいの?など疑問もあるかと思います。

今回はお正月飾りの片付け方について詳しく解説していきます。


スポンサーリンク




玄関や神棚の正月飾りの正しい処分の方法とは?


新年を気持ちよく迎えるためにも、正月飾りはしっかり出したいですよね。
ただ役目を終えた飾りたち、一体どうやって処分すればいいのでしょうか?

やはり正月の装飾品は神聖なものとして位置づけされています。
なのでお役御免だから、といって他の不用品と一緒にゴミ箱へ、なんて処分は適していないようです。

一番いいのは、神社へ行って処分してもらうことです。
1月15日に神社で行われている「どんど焼き」や「お焚き上げ」に参加して、自分の家の正月飾りを焼却処分するのがおすすめです。

一般的な神社は1月15日にどんど焼き・お焚き上げをしていますが地域によってやっている時期が違うとのことなので、近くの神社に問合わせてみてください。

そして自宅で処分する方法もご紹介します。
前述しましたが、正月飾りをぞんざいに処分するというのはNGです。
自宅から家庭ごみとして出す前に、しっかりお清めをしてから捨ててください。

まずは正月飾りを大きな紙を敷いた床に広げます。
そして塩をふりましょう。
左→右→中央という順番にふっていってください。

終わったら、正月飾りたちをゴミ袋に入れます。
他のゴミと混ぜないで、新しい袋に入れてくださいね。
そしてしまったら最後にもう一度、塩を上からふりかけます。

これでお清め終了です。
捨てるときには、神様にしっかり感謝の念を唱えてくださいね。


正月飾りはいつまで飾るものなの?処分する日はいつが最適?


お次は正月飾りの飾りつけ期間についてお話しましょう。
お正月の雰囲気を醸し出すのにはピッタリですが、あまり出す期間が長いと正月の雰囲気がいつまでたっても抜けなくなりますよね。

基本的には「松の内」の期間中に、正月飾りを飾っておくというのが古くからの習わしだそうです。

松の内は正月元旦から15日までのことを指していましたが、最近では短くなって7日までというのが一般的になりました。

よって正月飾りは元旦から1週間ほどでしまうのが良いと思われます。

ただ地域によっては松の内の期間が異なるとこがありますので、注意が必要です。
関東だと7日まで、関西だと15日までということが多いんだそうです。


スポンサーリンク




正月飾りって来年も使えるの?再利用はNG?


ここでひとつの疑問がわいてきます。
それは「正月飾りって来年も同じものを使っちゃだめなの?」ということです。

正月飾りは外に飾っておく期間も短いですし、とくに汚れたり壊れたりすることもないものです。
なんだか1年に一回しか使わないのはもったいない気がする、とお考えの方も多いのではないでしょうか。

これに対する答えは、
「来年に再利用してもしなくても、どっちでもOK」です。
次の年も同じものを使うのが縁起上悪いという考えもとくにないようです。

毎年新しいものを用意するかどうかは、それぞれの信仰心によるところが強いようです。
熱心に神社に通ったり、スピリチュアルな感性が強い方は毎年新品を買ってそれを飾り付けたほうが精神衛生的にもいいでしょう。

お正月の飾りは、さまざまな神様に対してお祝いをする神聖な行事とされています。
なのでできれば新年の幕開けに、新品の飾りを用意したいところですが毎年が厳しい場合は、汚れたら随時処分するという形で大丈夫だそうです。


まとめ


今回は処分や飾りつけ期間に迷う、お正月飾りについてお話していきました。
最近は核家族化が進んで、軒先にお正月飾りを付けるご家庭が減っていますよね。

クリスマスやハロウィーンの方がきらびやかだったりして、とくに都会では正月飾りを出している家をなかなか見ない気がします。

せっかく日本の伝統的な文化ですから、お正月にも神聖な気持ちで破魔矢やしめ縄を飾りたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ