換気扇をピカピカに掃除する方法!重曹で綺麗になる?ダスキンはどう?

換気扇 掃除 方法

年末の大掃除、特に台所をピカピカにしたいですよね。
そして多くの主婦を悩ませているのが恐らくキッチンの換気扇ではないかと思います。

キッチンの換気扇は油汚れにホコリもプラスされていて一筋縄ではいかない掃除場所ですよね。
我が家でも苦労した経験があって、いろいろ調べた結果、今では毎年ピカピカに掃除しています。


今回はキッチンの換気扇の掃除方法について解説していきたいと思います。


スポンサーリンク




換気扇の掃除方法のおすすめはこれ!


それでは換気扇掃除にはどんなものを使えばいいのでしょうか。
まずはキッチンの換気扇がどんなタイプなのかを見てみましょう。

羽根が付いているタイプであれば、羽根を取ります。
レンジフードタイプであれば網目カバーを外してそこからファンを本体から取り出しましょう。

羽根やファンはバケツにぬるま湯をはって、そのなかにアルカリ性洗剤を適量入れてつけおきしておいてください。
市販の洗剤でしたらマジックリンなんかがアルカリ性洗剤になります。
アルカリ性洗剤は油汚れに強いという特徴があります。

時間がある程度たったら、スポンジでこすり洗いしましょう。
油汚れのこびりつきがひどい場合は、さらにつけ置き時間を延長してくださいね。

さて本体の掃除ですが、まずは大きめの油汚れを大雑把でいいので擦って取り除いておきましょう。
テレホンカードなどのカードを使って油汚れを削り取るようにすれば、比較的簡単に落とすことができます。

大雑把にこすり掃除が終わったら、今度は洗剤を使って油汚れを落としていきます。
ここでもつけおきのときと同じで、アルカリ性のものを使用します。
油汚れはアルカリ性でないとなかなか浮いてきません。

歯ブラシやスポンジをつかって、細かい部分も掃除していくようにしましょう。
このときも水ではなくお湯やぬるま湯を使うと効果的です。

また、アルカリ性洗剤の代わりに、セスキ炭酸ソーダや重曹でも代用できます。
どちらもアルカリ性の性質を持っていて、油汚れを落とすのには最適です。

また、これらはナチュラルクリーニング用としての使用が注目されていて、洗剤のような化学用品とは違って、体にもやさしい成分でできているのです。

セスキ炭酸ソーダは、無機物からできているのでキッチン周りの油汚れを落とすのが得意です。
なので換気扇掃除にも非常に役立つこと間違いなしです。

ただ強力な汚れにはなかなか効果が実感しづらいというデメリットもあるので換気扇の汚れが激しい場合は重曹を使いましょう。
お次はそんな重曹を使った掃除の仕方を紹介していきます。


換気扇の掃除に重曹って効果あるの?


重曹は前述したように、無機物のアルカリ性という特徴があります。
なので、強烈な油汚れも私たちの体に害を及ぼすことなく落とすことができます。

使い方は、ぬるま湯200mlに重曹小さじ1杯をまぜてそれを霧吹き用のスプレーに入れれば出来上がりです。
これをキッチンの換気扇に吹きかけて、30分ほど放置してください。

油汚れが浮いてきたら、そこを濡れ雑巾でこすれば、驚く程キレイに掃除が完了します。

スプレーで落ちないような強力な汚れには「重曹ペースト」を塗りこむのがおすすめです。

ペーストは重曹に少量の水を加えて作ります。
ペースト状にした重曹を、油汚れの上からカバーするようにつけてこれも数時間放置します。

これでほとんどの汚れが落とすことができるはずです。
ぜひ試してみてくださいね。


スポンサーリンク




換気扇の掃除、ダスキンの評価はどう?費用はどれぐらい?


キッチンの汚れがひどすぎる!徹底的にピカピカにしたい!
という方には業者に換気扇掃除を依頼するという選択肢もあります。


外注お掃除会社でいちばん有名なのはダスキンだと思いますが、換気扇掃除を頼むと、約18,000円程度の料金になります。
換気扇だけなので、なかなかいいお値段ですねよね。

私はいつも自分でやるので、ダスキンを頼んだことはないのですが、
前に一度試してみようかなと思っていろいろ口コミを調べてみたところ、
「女性が2人ほどきて普通の掃除をして帰っていった」というなんとも残念なものも見られました。

ダスキンはエアコン掃除などはかなり評価も高いようですが、換気扇掃除に関しては、あまり得意ではないみたいですね。
台所の換気扇なら自分で重曹や洗剤を使って掃除したほうが経済的です。

ダスキンでなくとも、地元の個人経営の掃除屋さんなんかは数千円で掃除してくれる所もあります。
どうしてもベタベタの油汚れが取れない!という方はぜひお近くの掃除サービスの業者さんに相談してみてくださいね。


まとめ


キッチンはほぼ毎日使う場所だけあって、掃除の労力もほかに負けないくらいですよね。
もちろんきれいになれば嬉しいんですが、やっぱり面倒くさいものです(笑)

今回紹介した方法を駆使して、年末の大掃除に役立てていただければなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ