鏡餅の飾りの意味・由来とは?正しい飾り方・飾る場所って知ってる?

鏡餅 飾り 意味

お正月の飾りと言えば、まず「鏡餅」を連想される方も多いのではないでしょうか。
平べったい丸いお餅を重ねてみかんを乗せる、というイメージですよね。

簡単に飾れるし、今は市販でも売っています。

でも鏡餅の意味や由来、正しい飾り方などご存知の方は少ないのではないでしょうか。
ここでは鏡餅についていろいろ解説していきます。

是非、意味や正しい飾り方を知っておいてくださいね。


スポンサーリンク




鏡餅の正しい飾りとは?その意味や由来を解説します



そもそも鏡餅にはどんな願いがこめられているのでしょうか。

これは鏡餅に限りませんが、基本的にお正月に飾る装飾品には歳神様を我が家に迎えるためのお供え物という概念があるのです。
つまり、家を豪華に派手に飾り付けることで神様に「うちへ来てください」とアピールするような目的なんですね。

さて、鏡餅の話に戻りましょう。
鏡餅は丸い形をしていますが、これは「円満」という言葉を連想させる縁起物としてお正月に用いられるようになりました。

さらに2つ重ねて飾り付けることは、「かさねがさね」ということを表わしています。
円満・かさねがさね、ふたつの意味を合わせて「円満に年を重ねていけますように」という思いが込められているのです。


また、丸くて平べったいお餅を三種の神器である鏡に見立てていることから「鏡餅」という名前になったんですね。


そして鏡餅には、他にも装飾品がついていますよね。
例えばみかん。
これはみかんがひとつの木に実をつけている姿を表わしています。
この木を家族にたとえて、「家系代々このみかんの木のように長く繁栄していけますように」という願いが込められています。

扇は末広がりから、これも繁栄の意味。
柿は「賀来」を連想させ、幸せをかきあつめることを指します。
昆布は喜ぶや、子生(こぶ)を象徴するために飾ります。

ちなみに、鏡餅の正しい飾り方は以下の通りです。
①三宝の上に半紙の端っこが、三宝から垂れるように敷きます。
②裏白の葉の白い方を前に向けて乗せます。
③その上に、お餅を2つ重ねて置きます。
④お餅の上にみかんを乗せます。


これで完成です。
地域によっても違いがあるので、
そのあたりはしっかり確認するようにしましょう。


スポンサーリンク




鏡餅の飾り方って玄関が正しいの?


それでは正しく飾りつけした鏡餅を、家のどこに置けばいいのでしょうか。
鏡餅は家の中、特に内玄関や神棚に飾るイメージですよね。

実は正式に言えば一か所だけでは足りないのです。


鏡餅は大きくて立派なもの・小さめなもの・さらに小さいもの、というように何種類か用意して、それを家の各所に飾るのが正式です。

大きくて立派な鏡餅は、床の間や玄関先に飾ってください。
お正月で人の出入りが激しいので、できるだけたくさんの人の目につくような場所ということで床の間・玄関先がいちばん適している場所です。

小さいものは仏壇や神棚に置きましょう。
そしてさらに小さな鏡餅は台所や家族の各部屋に置きます。
ここまでできれば完璧です。

ただうちには神棚や仏壇がないよ、というご家庭もありますよね。
そんなときは玄関先に大きいものをひとつ置いておけば大丈夫です。
できれば各部屋にも欲しいですが、そこまで家が広くなければ必要ありません。

一般的には1月11日に鏡餅を下げますが、関西方面では15日まで飾っておくという風習があります。
しかし京都ではもっと期間が短く、1月4日までになります。

各地域によって違いがあって面白いですね。
鏡開きして下げた鏡餅は、ぜひ美味しくいただいてください。


まとめ


鏡餅の意味や飾り方についてご説明しました。
知らなかった、という人も多いでしょう。

そして本来はいくつも飾るんですね。
うちは今は玄関の一箇所だけですが、小さいころは各子供部屋にも飾っていた記憶がありますね。

こうして意味を知るのは大切なことです。
それぞれの意味合いを感じながら、ゆっくりお正月を味わいたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ