ロジクールのワイヤレスマウスM235とM510の使い比べレビュー!

ロジクールのワイヤレスマウスは
価格.comなどを見ても常にランキング上位で人気があります。

私も実際にロジクールを使っていて、
自宅ではM235、会社ではM510を使用しています。

これら2機種について、
使用感や電池の持ち、感度、総合的な満足度などを
レビューしていきたいと思います。


スポンサーリンク




ロジクールワイヤレスマウス M235を使ってみた感想


自宅ではM235を使っています。

ロジクールワイヤレスマウス M235を使ってみた感想

まず選んだ理由としては、
・妻も使うので軽くてコンパクトのものがいい
・そんなに高機能なものはいらないから安いのがいい
・電池寿命が長いものがいい

の3点を重視しました。

そこでいろいろレビューなどを参考にしてM235を選択しました。

それでは実際に使ってみた感想を書いていきます。


電池の持ちはどうか?


電池はめちゃくちゃ持ちます。
前に使っていたのが他のメーカーのかなり古い
ワイヤレスマウスで、3ヶ月ぐらいで交換してました。

どうしてもそれと比べてしまうのですが、
それでもかなり持つなぁという印象です。

メーカー発表では12ヶ月とありましたが、
それに近いぐらい持っています。

電池は単三が1本です。
使用していない時はスイッチを切るようにしていますが
たまに入れっぱなしの時もあります。

それでも1年近く持っていますので大満足です。


性能、感度はどうか?


感度は、ワイヤレスだからちょっと反応が鈍い、
などということはなく、コード付きとくらべても全く問題ありません。
ストレスなく使えています。

マウスパッドは無くてもサクサク動きますが、
ガラステーブルには合ったほうがいいと感じました。

機能は最低限です。
ブラウザの「戻る」「進む」ボタンぐらいは
あった方が良かったかなと思いましたが、
価格からしても無くても仕方ないと思っています。


使用感、大きさ、重さはどうか?


本体は大きすぎず、小さすぎず、
ちょうどいい感じです。
小さすぎると使いにくいかなぁと思っていたのですが、
全く問題ありません。

そしてすごく軽いです。
妻は軽いのはすごく嬉しいと言っていますが、
重量感を求める人には少し物足りないかもしれません。


デザインはどうか?


色は妻の好みで赤を選びました。
私は特にこだわりはないのですが、
M235は赤の他にも青、白、グレー、黒などがあり、
デザイン重視の方にもおすすめです。


総評


軽さ・使いやすさ・電池の持ちは言うことなしです。
大体、どこの家電量販店でも買え、1,000円前後とコスパもすごくいいです。
安い分機能的には最低限で側面にボタンなどもありません。

安くてストレスがないワイヤレスマウスにしたい
機能面にはこだわらない人にはおすすめです。



ロジクールワイヤレスマウス M510を使ってみた感想


会社ではM510を使っています。

ロジクールワイヤレスマウス M510を使ってみた感想

選んだ理由は
・電池の持ちはいいか
・重量感がすこし欲しい
・長時間使用して疲れないか
・感度はいいか

を重視してAmazonレビューなどを参考にして購入しました。


電池の持ちはいいか?


電池はM235と同じく不満はありません。
単三2本必要で、18ヶ月と書いてありますが、
使用頻度が高いので大体1年ぐらいでしょうか。
帰宅するときは必ずスイッチは切るようにしています。

常に電池のストックを置いていますが全く減りません。


性能、感度はどうか?


ワイヤレスによる遅延もなく、感度は全く問題ありません。
こちらもストレスなく使用しています。

白いデスクで使用していて、
マウスパッド無しでも問題なく動きます。

私は個人的にマウスパッドがあったほうが
静かにスムーズに動かせるかな、と思っているので
マウスパッドは使っています。


機能的には、サイドにボタンが2つついていて、
ブラウザの「戻る」「進む」に対応しています。
インターネットを閲覧するときにはとても便利で、
一度使いはじめると、無いと不便に感じます。


使用感、大きさ、重さはどうか?


はっきり言って、重くて大きいです。
男性向きかと思います。

自宅でM235を数ヶ月使用した後で購入したので、
余計に重く感じました。

でも重さは慣れもあるし、好みもあります。
私はこれぐらい重いほうが使いやすいです。

大きさも少し大きめですが、
男性の手ならちょうどいいと思いました。


側面が少し凹んでいて、ラバー仕様になっており、
手にフィットする感じがあり、長時間の作業でも疲れにくいと感じています。


デザインはどうか?


色は黒しかありません。
側面はラバー仕様で真っ黒ではなく黒とダークグレーのツートンカラーです。
個人的にはカッコイイと思っていて、デザインに不満はありません。

色も選びたい!という人にはおすすめできません。


スポンサーリンク




総評


少々重量感があり、重いのが好きな人向けです。

電池の持ちや感度、機能は言うことなしですが、
単三電池が2本必要なのが少し難点かもしれません。

また家電量販店にも置いていない所が多く、お値段も少々高めです。
Amazonで3,500円ほどで購入しました。

現在は後継機種としてM560になっているようですが、
ネット通販だとまだ買えるようです。

個人的にはM235よりもM510の方がお気に入りです。


ロジクールのワイヤレスマウスおすすめポイント


私がロジクールのワイヤレスマウスをおすすめするポイントは
何と言ってもダントツで電池の持ちが良いということです。

他のメーカーと比べても圧倒的に長持ちします。
これは最重要ポイントかな、と思います。


「SetPoint」という専用のソフトウェアをインストールすれば
マウスの挙動や電池の管理などが簡単に出来ます。

ロジクール SetPoint

電池が無くなりそうなときは、パソコンの画面の右下に
小さなウィンドウが出てお知らせしてくれます。

このお知らせが出てからでも1~2週間は大丈夫でしたので、
慌てて電池を買いに走らなくても大丈夫です。


レシーバーもとても小さいのでいいですね。
レシーバーとは、ワイヤレスマウスの電波をキャッチする機械で、
パソコンのUSB端子に挿して使います。

ロジクール ワイヤレスマウス レシーバー

とても小さいので挿しっぱなしにしておいても全く気にならないです。


また、マウスだけじゃなくて
他のワイヤレス製品を使う時にも
レシーバー1個でいけるのが嬉しいポイントです。
会社ではキーボードもロジクールのワイヤレス製品にしました。


ロジクールは多くの種類のマウスがあり、
大体どのマウスを選んでも
電池の持ち、使用感、感度、デザイン、
どれをとっても満足できるレベルだと思います。


後は好みの問題もありますので、
価格.comやAmazonのレビューを参考にして
選ぶのがいいのではないでしょうか。


まとめ


ワイヤレスマウスの最大のメリットは
何と言ってもコードの煩わしさから開放されることです。
これに尽きます。

実際私もワイヤレスマウスを使い始めて、
こんなに快適なんだ!と感動しました。

これを体感すると、
もうコード付きには戻れなくなりますよね!

でも電池や感度の問題があって、
なかなかワイヤレスに変えれなかったり、
たくさんある中で選べない人も多いでしょう。

私はたまたまネットで
ロジクールのワイヤレスマウスを
特集しているのをみて、
いろいろレビューを見て買ったのですが
全てにおいて大満足です。

今後買い換えるとしても
恐らくロジクール以外は選択肢に入れないと思います。

もちろん好みもありますが、
これだけ電池が持って
機能面でも充実しているマウスはなかなか無いと思います。

種類も豊富で目的によって選ぶことができます。
どれを選んでも最低限の性能は確保されているので安心感が違います。

ワイヤレスマウスに変えたいなぁと思っておられる方には
是非ロジクールをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ