RSウイルス感染症|子供の症状・治療方法は?肺炎のリスクは?

RSウイルス 子供 症状

毎年冬になると心配なのが、冬に大流行する病気です。
特に小さいお子さんがいるお母さん・お父さんは心配でしょう。

冬に流行る病気の代表的なものとして、インフルエンザが挙げられますが、RSウイルス感染症も小さいお子さんにとっては注意すべき病気の一つです。
RSウイルス感染症とはどんな病気なのか、どんな治療方法があるのか、そして重症化の危険性はあるのか。

詳しく解説しますので、小さいお子さんがいるお母さんは是非読んで欲しいと思います。


スポンサーリンク




RSウイルス感染症の子供の感染経路や潜伏期間、主な症状とは?


RSウィルスは、呼吸器系に感染するウイルスで、秋から冬にかけて流行します。
非常に感染力が強く、乳児の半分が1歳までに、そしてほぼ100%の子供が2歳までにこのウイルスに感染します。

RSウイルスは、抗体ができないので、何度でもかかってしまうという特徴があります。
乳児がかかる病気、というイメージがありますが必ずしもそんなことはなく大人でも感染する可能性が十分あります。

感染は飛沫感染でくしゃみや咳によって拡散されたRSウイルスが鼻・のどの粘膜に付着することによって症状を発症します。
潜伏期間が長い時だと3週間ほどありますので、気付かずに拡大しやすいというのも特徴です。

主な症状は風邪をひいたときと同じようなものが多く、主に咳・鼻水・発熱が起こります。
熱は39度近く出る人もいます。

特に注意が必要なのは1歳未満の乳児で、重症化の危険性もあります。
1歳半を超えると重症化の危険も少なく、単なる風邪のような症状で終わることもあります。

2歳を超えると、RSウイルスと気付かずに風邪だと思っていたら実はRSウイルスだった、ということもよくあります。


RSウイルス感染症の子供の治療方法・予防方法は?


RSウイルスの予防方法としては、やはり飛沫感染なので、極力人からもらわないようにする、ぐらいしかありません。

できるだけ人ごみを避ける、人が殺到している場所には行かない、などになりますが、やはり難しいので、そうなると手洗い・うがいが大事になってきます。
うがいはイソジンを使うとなお効果的です。

また、RSウイルスはアルコールに弱いという特性がありますので、アルコール消毒をするのがおすすめです。

乳児がいるご家庭は、おしゃぶりなど口に入るものに十分気をつけてください。
これもこまめにアルコール消毒することをおすすめします。
市販の消毒薬を携帯するのもいいでしょう。


またRSウイルスの治療方法ですが、抗生物質が効かないという特徴があるので、自宅で安静にし、栄養をしっかりとって療養する他に治療法がないのです。
できることと言えば、咳や鼻水を抑えたり熱を下げたりする対症療法になります。
もし万が一RSウイルスに感染したら、家で極力安静にし、しっかり水分補給をし、栄養と睡眠を取ることが大事です。


スポンサーリンク




RSウイルス感染症の子供のリスク!肺炎その他重症化の危険性は?


RS細胞の危険なところは、重症化する恐れがあるという点です。
風邪のような症状で収まることが多いですが、場合によっては重症化可能性もあります。

最も多いのが肺炎です。
咳やくしゃみの連続で、粘膜が弱ってそこから肺炎までいってしまうことがあります。
さらに気管支炎や上気道炎を併発する人もいます。

とくに重症化しやすいのは、やはり免疫機能がまだ備わっていない乳幼児です。
乳幼児の30~40%は気管支炎・肺炎を起こしてしまうというデータがあります。
そうなると入院が必要になります。

さらに喘息を伴う危険な状態にまで悪化してしまう赤ちゃんもいて、呼吸困難が続くと最悪の場合は死に至ってしまうケースもあります。

特に1歳未満の赤ちゃんがRSウイルスに感染すると重症化する危険性はグッと上がってしまいます。
39度以上の高熱に加えて、ゼーゼーと呼吸が苦しそうになったら、すぐに救急病院で診てもらいましょう。


まとめ


非常に感染力が強い、RSウイルス。
ほとんどの子供が2歳までに感染しますが、1歳未満で感染すると重症化も心配しなければいけないとても厄介な病気です。

風邪かな?と思っても、しっかり病院で検査をしてもらいましょう。
感染しないように気をつけることももちろん大事ですが、症状を見てどう対処するかも大事です。

単なる風邪と決めつけずに、病院でしっかり診てもらうことが大事です。
少しでも心配な症状が出たら、お医者さんに相談するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ