静電気を除去する方法・グッズとは?冬に起こる原因や体質改善方法など

静電気 除去 方法

冬場に困るものの代表格といえば、静電気。
どんなに気をつけていても、バチッ!と痛い思いをしていませんか?

特に静電気を起こしやすい人にとって、冬は非常に憂鬱な季節です。
どうにかしてこの厄介者を改善する方法はないのでしょうか、

今回はそんな静電気を除去したり軽減させる方法をご紹介します。


こちらの記事もどうぞ
車の静電気対策と原因とは?セルフのガソリンスタンドの危険性とは?


スポンサーリンク




静電気を簡単に除去する方法とは?バチっと痛くならないおすすめグッズもご紹介します


静電気で何が一番やっかいなのかと言うと、あの「バチッ!」という痛みですよね。
これは体内に帯電している電気が、何かを触ることによって放出される時に起こるんですね。

このバチッ!を防ぐ方法をご紹介します。


まずいちばんシンプルで簡単な方法は、壁をタッチすることです。
「え?それだけ?」と思われてしまうもしれませんが、これをやるだけで大抵の静電気は体内から除去されます。

壁でなくても、アスファルトや布や木製のモノでも大丈夫です。

樹脂製のものは電気を通さない(絶縁体)ですので効果はありません。
意外と知られていませんが紙や木、布は電気を通すので、これらをしっかり触っておけば大抵の静電気は除去できます。


ではなぜ、ドアノブなどの金属製のものに触ると「バチッ!」と来るのに、壁や地面は大丈夫なのでしょうか。
それは電気の流れやすさです。

金属はとても電気を流しやすいので、指先でちょっと触れただけで一気に電流が流れ、衝撃も大きくなり、痛みもその分大きくなります。
しかし壁や地面などはゆっくり電気が流れるので、少しずつ静電気が体から出て行くんですね。
ですので、体に伝わる衝撃もほとんど感じないぐらい小さなものになるんです。


ただ前述したように樹脂製のものだけは効果がありません。
これは絶縁体という、電気をまったく通さない素材でできてしまっているからです。
この点だけ留意しておいてください。


そして服装にも気をつけたいところです。
ここで注意したいポイントは「組み合わせ」です。

服の素材によって発生する電気の種類が違います。
ウール、ナイロン、シルク、麻、木綿などはプラス、アクリルやポリエステルは中間の電質です。

電気は違う種類が合わさると発生します。
なのでプラスの性質を持つ素材と中間の性質を持つ素材をいっしょに着ると、その分静電気発生の可能性もぐっと上がってしまうということです。

乾燥がひどい日には、ウール×麻や木綿×麻などといった同じ電気を帯びる洋服を組み合わせて着て行きましょう。


グッズによる静電気対策も有効ですよ。
いくつかおすすめの静電気除去グッズをご紹介しましょう。


■静電気除去キーホルダー


キーホルダータイプの静電気除去グッズです。
特に車に乗る前の静電気除去を除去するときに役に立ちます。
すごく簡単に静電気が除去できて、光って知らせてくれるので嬉しいですね。


■エレキエルZ ニードルタイプ


こちらは腕に巻きつけて使うリストバンド方式の静電気除去グッズです。
見た目もオシャレで、腕に巻くだけでしっかり静電気を除去してくれるので、普段から静電気が酷い人は着用してみてはいかがでしょうか。


■快適水


この商品は静電気が溜まりやすい物に霧吹きで吹きかける静電気除去用の水です。
よく静電気が発生するドアノブなどの金属製品に吹きかけると効果的です。

またホコリを寄せ付けなくなるので、パソコンやテレビなどの電化製品にも効果的です。
その場合は直接かけるのではなく、ティッシュなどに快適水を含ませてから使用してください。


スポンサーリンク




静電気が発生する原因は何?なぜ冬は発生しやすいの?


冬に静電気が起こってしまう理由、それはズバリ乾燥です。
夏は湿度が高く、そのおかげで電気が体内に溜まるという現象はおきません。
溜まる前にどんどん空気中に放出されていきます。

しかし冬になると、空気中の水分はぐっと少なくなります。
このことによって、人間の体内に電気が蓄積されてMAX状態になったときにバチン!と放電されてしまうのです。

静電気には思わぬ危険性が隠れている場合もあります。
可燃性の危険物質を扱うような仕事をしている人は、静電気の発生をいう些細なことが、思わぬ大惨事を招くことがあります。

ガソリンスタンドで給油をするときには特に注意が必要です。


静電気は体質で起こりやすくなる?改善する方法とは?


とくに静電気の溜まりやすい人というのは、体が「酸性」体質の人なんです。
血液の濃い人はこのタイプなようで食生活の改善等によって酸性体質を弱めていくことができます。

最もいい方法は、やはり体に良いものを食べるということです。
ジャンクフードや油っこいものを食べすぎると、血液がドロドロしてきて、いつのまにか体は酸性の方向へと導かれてしまいます。

野菜、マメ、海藻などが特に酸性体質には効果てきめんだそうです。
これらの食材を豊富に含んだ食事を摂るように心がけましょう。

ミネラルウォーターをたくさん飲むことも、血液をキレイにするのに効果的です。
コーヒーでも代用可とのことなので、私って静電気が起きやすい体かも、とお悩みの方はぜひ水分を積極的に摂ってみてくださいね。


まとめ


静電気はちょっとして工夫で除去できますし、起こりにくくすることもできるんですね。
私も静電気が溜まりやすい体質なので、上記にあげた方法をいろいろ試してみようと思います。

寒くて乾燥する、いや~な季節がやってきてしまいますが少しでも静電気の悩みを抑えたいものです。


こちらの記事もどうぞ
車の静電気対策と原因とは?セルフのガソリンスタンドの危険性とは?

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ