灯油が古いけど使用してもOK?新しい灯油と混ぜるのはダメ?処分方法は?

灯油 古い 使用

だんだん寒い季節が近づいてきて、そろそろ暖房器具の用意もしないといけなくなってきましたね。
そして多くの人が灯油を使った暖房器具を使うと思います。

しかしそこで一つ疑問がありませんか?
前のシーズンに使っていた灯油が残っている場合、使ってもいいのだろうか?という疑問です。

灯油ってなかなかピッタリ使い切ることって難しいと思います。
中にはファンヒーターのタンクに入れっぱなしの人もいるでしょう。

でも半年以上も経過した古い灯油を使うのって大丈夫なのでしょうか。
しっかり解説していますので、参考にしてくださいね。


スポンサーリンク




古い灯油は使用しても大丈夫なの?ファンヒーターは壊れない?



前シーズンの余りの古い灯油を使うのって大丈夫なのでしょうか。
品質が落ちていないか非常に気になりますよね。

灯油は時間が経つと、どんどん酸化していきます。
そのため成分も変わっていって、燃料としての品質も低下するのです。
さらに空気中の水分が混じって濃度も薄くなります。

こういった品質の劣化した灯油を使用してしまうと、正常に燃焼することができずに点火しなかったり燃焼不良を起こします。
最悪の場合は劣化した灯油が原因で、暖房器具自体に不具合が生じることもあります。

このように古い灯油は暖房器具自体に支障をきたす可能性があるので、可能な限り使わないようにしてください。


古い灯油に新しい灯油を混ぜるのは大丈夫?


古い灯油が少しだけ残っているので、新しい灯油を足してしまうこともよくありますよね。
それでは新しい灯油を古いものに継ぎ足す場合はどうなのでしょうか。

劣化した灯油にまっさらな質のいい灯油を混ぜることで使えそうに感じますよね。

しかしやはり古い灯油はいくら新しいものと混ぜたからといって燃料として使用できるようにはなりません。
すでに酸化して分離がはじまっている状態ですから、例え新品の灯油を混ぜたとしてもその分離状態は回復しないのです。

ストーブに入れっぱなしの灯油やポリタンクに入れたままの灯油は半年も経つと使い物にならないくらい劣化しているのです。

なので古い灯油は、新しいものと混ぜでも使用NGです。
覚えておいてくださいね。


スポンサーリンク




古い灯油を処分する方法って?


それでは使えなくなった古い灯油はどこで処分すればいいのでしょうか?
火気厳禁ですし、取り扱いや処分には気をつけたいところです。

まずは最寄りのガソリンスタンドに連絡をしてみましょう。
ほとんどのところが引き取ってくれるはずです。
ただ中には引取りを行っていないガソリンスタンドもありますのでやはり事前に電話で確認したほうが無難と言えます。

また新しい灯油を買う際のついでに古い灯油を引き取ってもらうのも手です。
これも大抵の業者が引き受けてくれます。

自治体によっては、少量なら新聞紙を牛乳パックに入れてに染み込ませるなどして灯油を可燃のゴミの日にだしても大丈夫なところもあるようですがそれも一部の地域に限られます。


東京都ではほとんどの区が、灯油の自治体でのゴミ出しNGとしています。
「灯油はガソリンスタンドか、もしガソリンスタンドに断られてしまった場合は業者を紹介しますのでご連絡ください。」
という注意書きがHPなどに掲載されています。

ご自身のお住まいの地域の規則に則って、正しい灯油の処分を行ってくださいね。


まとめ


前のシーズンで使っていた古い灯油はやはり劣化しているので使わないようにしましょう。
少しの灯油をケチってしまって、ファンヒーターが故障してしまっては元も子もありません。

できるだけ1シーズンで使い切るようにしましょう。
暖かくなってきたら、少しずつ買うようにして、それでも残ったら、ファンヒーターを運転して全ての灯油を使い切るようにしましょう。

古い灯油は使わない、もし余ってしまったら、ガソリンスタンドや灯油を買った所で引き取ってもらうようにするのがベストです。
取り扱いにはくれぐれもご注意を。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ