寒中見舞いマナー|喪中の時の文面は?いつ出す?相手も喪中の場合など

寒中見舞い 喪中 文例

年末が近づいてくると年賀状をそろそろ考えないといけませんね。
ただ喪中の人にとっては年賀状が書けないので少し寂しい感じもします。
そんなときは寒中見舞いを送って新年の挨拶としましょう。

寒中見舞いをいつだせばいいのか、文面はどうすればいいのかそういった点を中心に詳しく解説していきます。
寒中見舞いを出す予定のある人は、ぜひ参考にして見て下さいね。

スポンサーリンク

寒中見舞いの書き方!喪中の場合の文面はどうする?

まずは寒中見舞いの文面から詳しく調べていきます。

はじめにタイトルを入れます。
「寒中見舞い申し上げます」という文字を、できれば太字で協調してください。

そして冒頭のあいさつですが、時候の挨拶は省略する場合もあります。
もしも年賀状をもらったお返しとしてこの寒中見舞いを出すのであれば出すのが遅くなってしまったことを詫びる文章を付け加えましょう。

「このたびはご丁寧な年賀状をいただきましたありがとうございます。
新年の挨拶が遅れまして申し訳ありません。」

といった文言が一般的でしょう。

そして軽くでいいので自身や家族の近況を添えてください。
「今年は家族で登山に挑戦しようと話しています!そのためにトレーニングが欠かせません。今年も忙しく充実した一年にさせたいと思っています。」
など、こんな感じで近況報告してください。

最後は相手の体調をねぎらうような一言も忘れずに。
とくに寒中見舞いは体調を崩しやすい冬に送りますから、この挨拶は必須になります。
平成○年○月○日などと日付もしっかり明記してくださいね。

ここまでが一般的な寒中見舞いの文面です。
そこまで固く書く必要はありません。

ただ上司や目上の人に出す場合は、内容がくだけすぎないようにしてください。
そして時候の挨拶は省略せずにしっかり書きましょう。

寒中見舞いはいつまでに出すのがマナー?

寒中見舞いはいつごろ出せばいいのでしょうか。
寒中見舞いの適正な時期についてご紹介します。

寒中見舞いは松の内が明けてから立春までにだすのが目安です。
松の内というのは1月1日から1月7日までの期間。
7日に必着させたいのであれば、1月6ないしは7日に出してください。

そして立春は2月4日です。
なので寒中見舞いを出せるシーズンというのは約一か月間あります。
意外に長いですよね。

しかし年賀状や寒中見舞いをもらった人に対してはしっかりお返しするのが大人のマナーです。
なのでこの1か月の間に漏れなく寒中見舞いを送って挨拶をすませてくださいね。

ちなみに立春をすぎたら今度は「余寒見舞い」となります。
どうしても松の内明けから立春前日までに出すのが間に合わなかった場合はこの余寒見舞いを持って、新年の挨拶としてください。

スポンサーリンク

相手も喪中の場合、寒中見舞いって出していいの?

最後は知っておきたい寒中見舞いのマナーについてです。
はがきは年賀はがきを使用することは厳禁です。
年賀状にあるような干支や初日の出などを入れることも避けてください。

できれば派手なデザインよりも、冬っぽいシンプルなものがいいでしょう。
落ち着いた雰囲気の寒中見舞いを目指してください。

そして相手が喪中の場合ですが、そんな時でも寒中見舞いは出してもOKです。
ただ賀詞やおめでたいといった表現方法は使わないのがマナーです。
喪中の相手ですから、言葉のチョイスは慎重にしてくださいね。

そして前述しましたが、寒中見舞いには送るべき期間というのがあります。
これもしっかり守って出すようにしましょう。

まとめ

寒中見舞いはさまざまなシーンで使うことができる便利な挨拶状です。
しかしマナーもあるので、しっかり確認してから書きはじめるのがベストですね。

年賀状が出せない喪中の方も、これから寒中見舞いを用意しだす頃だと思います。
しっかり期間内に間に合うように準備していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ