悪酔いしない方法とは?悪い酔いしないお酒やしやすいお酒を知っておこう!

スポンサーリンク

悪酔い しない 方法

忘年会や新年会、歓迎会など会社で飲みに行くことってよくありますよね。
もちろんお酒は楽しく飲みたいですが、そこで心配になってくるのは「酔い」に関してです。
その場で酔いつぶれてしまったり、次の日に響くような悪酔いはぜひとも避けたいですよね。

そこで今回は、お酒を飲んでも悪酔いしない方法を詳しく調べてみました。
「お酒に飲まれない」ようにするためにも、ぜひ読んで参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク




悪酔いしない方法とは?事前にできるだけの対策を!


悪酔いしないためには、やはり事前の対策が重要です。
どんな対策をしていけばいいのか、いくつかご紹介します。

まずはウコンのパワーを借りましょう。
ウコンはアルコール分解するのを助けてくれる救世主のような存在です。
私はお酒が弱いので、飲み会のたびにウコンに助けられています(笑)

ウコンの製品は私たちが思っている以上に豊富なラインナップです。
いちばん有名な商品は「ウコンの力」というドリンク剤でしょうか?
これは薬局やコンビニで買うことができます。
最近は街中の自動販売機でも見かけることがありますね。

そしてウコン茶やウコンサプリなんかも売られています。
どちらも飲み会の前に飲めば、悪酔い知らずで次の日を迎えれられることと思います。
お茶も飲みやすくておいしいですが、やはり便利なのはサプリメントでしょうか。
カバンに入れておけば、出先で簡単に飲みことができますしね。

ウコンの成分は非常に強力なので、お酒を飲みすぎてしまった後に飲んでもしっかり効果が得られます。
「飲み会前にウコン飲み忘れた!」という方も絶望せずに、飲み会終わりにササッとすぐに服用すれば悪酔いを防ぐことができますよ。


そしてウコンと同じくアルコールを分解する効果を秘めているのがアミノ酸です。
アミノ酸はスポーツの前に飲んだりするイメージですが、実はアルコールの分解にも非常に優秀な力を発揮してくれるのです。

おすすめは「アミノバイタル」という粉状のステッィック包装されている商品で、これがいちばん飲み会前に飲みやすいと評判になっています。

1袋ささっと口の中に流し込めば、水いらずでスッキリ飲むことができます。
味も爽やかで好きな方も多いと思います。

こちらもぜひ試してみてくださいね。


悪酔いしない、しにくいお酒とは?悪酔いしたくないならコレを飲め!


事前の準備について言及したあとは、飲み会真っ只中にできる悪酔い対策をご紹介していきましょう。
いちばんの対策は「悪酔いしにくお酒をひたすら飲む」ということです。

悪酔いしづらいとされているのは、ズバリ蒸留酒です。
蒸留酒とは、醸造酒を蒸留してつくったもので一般的に不純物が少ないとされています。
だから悪酔いしづらいんだとか。

焼酎やウィスキー、ウォッカ、ジン、ブランデーなどが蒸留酒にあたります。
一見アルコール度数が高くて「悪酔いしてしまうんじゃ?」と思われそうですがこれらに含まれているアルコールは純粋なものなので、悪酔いしにくいお酒として知られているそうです。

好きなお酒の種類を我慢する必要は無いとは思うのですが、例えば会社の行事でどうしても飲まなければいけない場合など、悪酔いしたくない方は参考にされてください。


スポンサーリンク




悪酔いしやすいお酒とは?順番にも注意!


逆に日本酒・ビール・ワインなどはいろんな種類のアルコールが混ざっているので悪酔いを起こしやすとのこと。
乾杯でビールをジョッキ何杯か飲んでからの日本酒という順番は一番悪酔いするパターンです。

これらに留意しながら飲むお酒のチョイスをしていけば、悪酔い・二日酔いを避けられるのではないでしょうか。

どうしても醸造酒の類を飲みたい場合は、お水をチェイサーとしていっしょに飲むことをおすすめします。
お酒→水→お酒→水、という感じで飲み進めればアルコールの分解を促進することができるそうです。


ちなみにワインだと白ワイン→赤ワインの順番で飲んだほうが悪酔いを回避できるそうです。
順番を逆にしてしまうと、高確率で悪酔い・二日酔いを引き起こすらしいので、飲み会でワインを嗜もうと思っている方は注意してみてください。


まとめ


悪酔いしなお酒の飲み方をご紹介していきました。
いかがだったでしょうか?やはり事前の対策は非常に重要なようですね。
お酒が強くない方は、ウコンやアミノ酸にぜひ頼ってほしいと思います。

二日酔いや悪酔いは、自分にも不利益をもたらしますし周りの人にも迷惑をかける可能性が大いにあります。
「自分はそんなに酔わない。」と慢心しないで、正低減の悪酔い対策はしてほしいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ