車のエアコンが臭い!暖房を入れた時のカビのニオイの原因・対策は?

スポンサーリンク

車 エアコン 臭い

寒い季節になってきて、車に乗っている時に久しぶりにエアコンを入れた時、何だかいや~なニオイがしませんか?
何とも言えないカビ臭いようなニオイが送風口から漂ってきます。

長く使わなくて久しぶりにエアコンを入れた時に特に臭いですよね。
ここでは車のエアコンが臭い!とお悩みの方にニオイの対策方法を伝授していきたいと思います。
是非参考にしていただいて、快適なカーライフを!


スポンサーリンク




車のエアコンのニオイの原因とは?暖房を入れるとなぜカビ臭いの?


車のエアコンを久しぶりに入れると、なんだか酸っぱいようなニオイが漂ってくる、そんな経験をした方多いですよね。
この嫌な臭いの原因ですが、カビが元になっている可能性が大きいです。

もちろんニオイも不快ですが、このエアコンにこびりついたカビははやく掃除しないと私たちの健康にも害を及ぼしてきます。
つまり酸っぱい嫌なニオイは、掃除必須のサインととらえてください。

さて、こんな風に嫌なニオイの根源となっているカビですがどうしてエアコンの奥にまで発生してしまうのでしょうか。
それは車の中が換気しにくい環境にあることが原因と考えられます。

車は防犯上、窓を閉め切って鍵をしておくのが常ですよね。
もちろん仕方ないことなのですが、この状況がカビを助長させているといっても過言ではありません。

車の中の湿気はエアコンの奥に生まれたカビにとってこの上なく快適な環境です。
雑菌がどんどん繁殖していって、カビの範囲も広がってきます。

この過程から、あのエアコンをつけたときの嫌なニオイにつながるのです。
とくに夏場はジメジメして湿気の溜まりやすい時期になります。
夏に繁殖したカビたちが、秋になっても存在し続けるため、冬にエアコンをつけた時に不快なニオイがし続けてしまうのです。


車のエアコンの臭いの対策方法とは?


それでは具体的な対策に移りましょう。
カビの臭いを感じたら、まず何から始めればいいのでしょうか。

いちばん手っ取り早いのは、エアコン専用の消臭スプレーを使うことです。
専用のものは防カビ成分が配合されていますし、長いノズルがついていますから車のエアコン奥にしっかり届いてくれます。

あまりにもニオイがきつすぎる場合は、家庭用の消臭スプレーを使ってもOKです。
ただ塩素系が配合されているものは要注意です。
この成分は車の内部を痛めてしまう可能性があるので、使わないようにしてください。

そして家庭用のエアコンと同じように、フォルターの掃除をしっかりするのがニオイを減らすためにして欲しい対策です。
多くの車種では、ダッシュボードの裏側に取り付けられています。
フィルターを外したら、掃除機で吸ったり洗剤を使って洗ったりして徹底的にきれいにしてください。

洗い終わったら、しっかり乾燥させてもとに戻します。
防カビのスプレーをして戻すのもおすすめです。

自動車メーカーでは1年でフィルターを新しいものに変えることを推奨しています。
なので掃除ではなく、思い切って古いものは捨てて新品を購入してもいいでしょう。


スポンサーリンク




さらに、付け焼刃ではなく、エアコンを根こそぎキレイにしたいと考えてる方はエバポレーターの部分まで掃除するとニオイの元を完全になくすことができます。
エバポレーターとは、空気を冷やす部分のことでホコリや汚れがとくに溜まりやすい場所となっています。

ここはフィルターよりもさらに奥に存在します。
でもこのエバポレーターを掃除しろ!って言われても素人にはちょっと難しいですし、出来たとしてもかなり面倒くさいですよね。

そこで、エバポレーターを専用のクリーナで洗浄すれば、難しいことをせずに、簡単にあの嫌なニオイはしなくなりますしカビで空気が汚れることもありません。
その専用クリーナーがこちら


実際に車のメンテナンス業者の方も使っている、本格的なものです。
使い方は至って簡単で、挿入口から直接噴射するだけなので、私たち素人でも簡単に洗浄ができます。
ぜひ試してみてくださいね。


まとめ


せっかく楽しいドライブで、エンジンをかけてエアコンを起動させたら嫌なニオイがしてきた、なんて気持ちが落ち込んでしまいますよね。

気持ちだけでなく、実際に私たちの健康にも危害を及ぼす可能性もあるので車のエアコンは常に清潔にしておいて損はないことです。
カビまみれになってしまう前に、車のエアコンの掃除はこまめに行いましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ