ニットに毛玉ができる原因との簡単な取り方・毛玉の防止方法とは?

ニット 毛玉 取り方

寒くなってくると、着る回数が増えてくるニット。
可愛いデザインが多いのでいろんな色を揃えたくなりますよね。
ただ毛玉が付きやすいというのがニットの難点でもあります。

今回は毛玉はどうしてできてしまうのか、そしてどうやったらできづらくなるのかを詳しく解説していきます。


スポンサーリンク




ニットやセーターに毛玉ができてしまう原因ってそもそも何?


お気に入りで何度も何度も着ているニットやセーター。
いつの間にか毛玉だらけになっていた、なんて経験誰にでもありますよね。
そもそも毛玉はなぜできてしまうのでしょうか。

毛玉の原因は、簡潔に言えば摩擦です。
生地同士が擦れあうことによって、毛玉は発生してしまいます。
ニットやセーターは生地の性質上、どうしても摩擦が多くなる衣類。

普通に着用しているときも、脇の下を中心に多くの摩擦が常に生じている状態です。
さらに洗濯も摩擦を起こす過程のひとつ。

摩擦の力を受けると、繊維というのは毛羽立っていきます。
この毛羽立ちがどんどん集まっていって毛玉になるというメカニズム。
摩擦力が増せば増すほど、毛玉も大量発生するのです。

とくに素材の種類によっては毛羽立ちやすいものがあります。
動物繊維はその筆頭で、カシミヤ・アンゴラ・ウールなどのニットは毛玉がしょっちゅうできてしまいます。
毛足が長いものは、やはり毛玉できやすくなってしまうのです。

合成繊維の場合はアクリル・ポリエステルだと毛玉ができやすいです。
気になる方は、ニットを購入する前にしっかり商品のタグをチェックすることをおすすめします。


ニットやセーターを傷めずに毛玉を簡単に取る方法をご紹介します!


それでは毛玉を除去するための具体的な方法を紹介しましょう。
いちばん簡単なのは、毛玉専用ブラシでニットをなでて毛玉をとること。
手でブチブチとっていくのも手ですが、やはりこういった専用製品で効率よく除去する方が煩わしくないですよね。

参考動画を載せておきます。


こちらはブラシなので手動で毛玉とりをしていますが、メーカーによっては電動のものも売っていたりします。


さらに自宅にあるものでも簡単に毛玉を取ることができます。
それは食器用スポンジです。
100均にあるような普通のスポンジです。
これをニットに少し強めに当ててなでるだけで毛玉が取れてしまいます。

スポンジのいいところは、柔らかい素材なのでニットを傷める心配がない点です。
毛玉ブラシはけっこう硬い素材でできているので、毛玉取りできるニット素材が限られてきます。

ナイーブな素材・薄めの素材を使っているニットの場合はぜひこちらのスポンジ除去法を試してみてください。
参考動画も載せておきます。



さらにカミソリで毛玉を取ることもでます。
T字のものではなく、まっすぐなタイプの方が使い勝手がいいです。
ニット自体を切らないように、表面だけうまくシャッシャと切り落としてください。

できはじめの小さな毛玉はとりづらいですが、大きめの毛玉はカミソリによって一網打尽にすることができます。
ぜひやってみてくださいね。


スポンサーリンク




ニットやセーターに毛玉が出来ないようにする防止策とは?


それでは最後に、毛玉をできにくくする方法を紹介しましょう。
できればお気に入りのニットには毛玉をつけたくないですよね。
防止策を知って、毛玉知らずのニットにしましょう。

いちばんのポイントは、摩擦を最小限にすること。

まずは洗濯での注意点です。
ニットは洗濯ネットに入れて洗ってください。
ネットもできるだけ小さいサイズのものを使用しましょう。

小さめのネットに入れることによって、中でニットが動かず摩擦を防ぐことができます。

そして通勤通学などで混んでいるバス・電車に乗ることも着用しているニットに大きな摩擦を生んでしまいます。
できれば空いている時間を狙ってバス・電車に乗りましょう。

着る頻度を抑えるのもひとつの手。
いくらお気に入りであっても、着用は2~3日に1回に留めておいてくださいね。


まとめ


ニットに毛玉は気づいたら大量についていて処理するのもテンションが下がってしまいます。
今回紹介した防止策をぜひ実践してもらって、毛玉のないきれいなニットをいつでも着られるようにしたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ