引っ越しの挨拶は必要?アパートに女性が一人暮らしをする場合は?

スポンサーリンク

引っ越し 挨拶 アパート

3月は引っ越しシーズンですね。
新社会人や大学生など新しい生活を始めるための準備です。

さて引越しの際には大家さんや周りの住民への挨拶というものがついてまわります。

ただ一人暮らしの場合はそういった配慮は必要なのでしょうか。
特に一人暮らしをはじめる女性にスポットを当てて、引っ越しの挨拶について詳しく紹介します。


スポンサーリンク




女性一人暮らしの場合の引っ越しの挨拶はするべきか?


これからよろしくお願いします、という意味合いをこめて隣人にあいさつをしに行くのは大切なことですね。

ただこれが一人暮らしの若い女性だとしたらどうでしょうか。
する必要はないとまでは言いませんが、やはりファミリーに比べたら必要性は薄く感じるでしょう。
やはり女性の一人暮らしの場合は防犯上の理由からも積極的に挨拶をしなくても良いと考える人が多いようです。

物騒な世の中ですから、すぐ隣に若い女性が引っ越してきたということをわざわざ知らせなくても良いという考えです。
ずっとその地に住まうかもわかりませんし、アパートや寮であればその隣人すらコロコロ入れ替わる可能性があります。

一般的な一人暮らしのアパートだったら、とくに挨拶は必要ないでしょう。

相手方もとくに新入居者に対して挨拶を求めていません。
どうしても隣人の顔を知っておきたいという人はしてもいいですが、未成年ならできれば親御さん同伴で行ってください。

挨拶する時間帯にも注意が必要です。
同じアパートに住んでいる人間とはいえ、生活リズムはさまざまです。
一般的な昼の仕事をしている人もいれば、夜勤などで昼夜逆転している人もいるでしょう。

こういったことをくれぐれも念頭に置いて、挨拶に臨みましょう。
留守の場合はメモ書きを入れておくだけでも結構です。

そして寮などの学生しかいないようなアパートの場合。
こちらも行っても行かなくてもどちらでも良いというのが一般的な見解です。

ただ同じ寮に住んでいるということは、同じ学校に通っている可能性は十分にありますよね。
今後の交流や情報交換の面から考えると、ご近所と顔見知りになって損はないでしょう。
特に女性専用の寮でしたら、積極的に挨拶に行ってもいいと思います。

行く時は挨拶に行く時間に気をつけて、伺ってみてください。


アパートで引っ越しの挨拶をするならどの範囲でするべき?


もしも挨拶に行くことに決めたら、自分の住んでいる部屋の両隣の部屋には伺いましょう。

隣に住んでいるのが自分であるということを知ってもらえれば何かあったときに、それが役に立つかもしれません。

そして2階以上に住んでいる人は真下の階の人にも顔見に行きましょう。
やはり直下の部屋というのは、自分の起こした音がダイレクトに伝わる関係。
うるさいと感じたとき、挨拶をしたような間柄ならそれを伝えやすいでしょう。

さらに大家さんにも挨拶に行くべきです。
もちろん自分が住んでいるアパートの近くに大家さんがいるとは限りません。
離れた場所で経営をしていることも多いです。

距離的に無理のないような場所に大家さんがいるのならやはり挨拶に行くのが無難だと言えます。
隣人同士でトラブル等があった際にも、このワンクッションがあることで相談しやすくなるはずです。


スポンサーリンク




挨拶ってどうするのがいいの?言葉だけでいい?


挨拶はあくまで顔見せと、これからよろしくお願いしますというメッセージを伝えるために行うこのです。
これが例えば、一戸建てで家族で住むという引っ越しの挨拶なら、ご近所さんとは長い付き合いになるので手土産は持参した方がいいでしょう。

しかし今回はあくまでも女性の一人暮らしということを想定しています。
なので特別な手土産は持っていかなくていいでしょう。

引越しの挨拶くらいで何かモノをもらう方が相手が恐縮してしまう可能性があります。

まったく初対面同士の挨拶ですから、極力て身近に、簡潔に相手へ言葉を発することがいちばんですね。

どうしても何か持っていきたいのであれば、大家さんやアパートの管理人さんにちょっとしたお菓子でも持参してください。
1,000円程度のもので大丈夫です。

あまりかしこまりすぎないように、気をつけましょう。


まとめ


引っ越しの挨拶と言っても、どういう条件かによって、挨拶はした方がいいのか、手土産は必要なのかは変わってきます。
1戸建てやマンションに家族で引っ越してきた場合は、これからのご近所付き合いのことを考えて丁寧に挨拶をするべきですが、一人暮らしでいつまでそこに住むかわからない場合は、最低限の挨拶で良いでしょう。

女性なら防犯上の理由からも挨拶をしないケースも増えています。
住民が女性同士なら軽い挨拶ぐらいは行ってもいいと思います。

よく3軒隣までは挨拶しに行ったほうがいい、なんて言いますが、今は単身や核家族が多いので必ずしもそれには当てはまりませんね。
これから気持ちよく新生活をはじめるためにぜひこの記事を参考にして、挨拶を進めるようにしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ