保育園・幼稚園の入園準備!バッグの手作り方法や名前入れの便利な方法とは?

スポンサーリンク

保育園 入園 準備

保育園や幼稚園に初めて入園するお子さんがいるお母さんは、2月~3月ぐらいになると、そろそろ入園準備を始めたい時期ですよね。
でも入園準備と言っても、一体どんなものを準備しなければいけないのでしょうか。

大体のものは通園する保育園や幼稚園で事前に説明会がありますが、手作りや名前入れなど大変なことも結構あります。

ここでは保育園・幼稚園の入園準備に関する情報をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

保育園・幼稚園の入園準備に必要なものや便利な名前入れグッズをご紹介します

まずは入園に際して、そんなグッズが必要になってくるのかそれぞれ紹介しましょう。

生活用品で必要なもの

生活用品ではお弁当箱が必要なところもあるでしょう。
園によっては給食を準備しているところもありますが、手作り弁当持参の園も多いです。

お弁当箱は、幼稚園・保育園の子供であれば1段のシンプルなものでOKです。
できればフタの開け閉めが簡単にできるものが望ましいですね。
スプーンとフォークセットのものだとなお良いです。

そして歯磨きセットを持参するところもあります。
歯ブラシだけを持参するのか、コップもいっしょに持っていくのか園によって違いますので確認しておきましょう。
はじめからセットになっているものだと子供でも片付けやすいのでおすすめですよ。

さらに上靴上靴入れも必要です。
幼稚園などは制服プラス上履きが定番になっています。
子供はよく走りますから、滑り止めのゴムつきがおすすめです。
上靴入れは専用の布バッグも売っていますし手作りで作るものおすすめです。

園によっては着替えを常備しておくこともあります。
ほとんどが普段着で良いはずですが、あまりにも古着すぎてもいけません。
無難にジャージ類にしておく人が多いようです。

道具類で必要なもの

道具関連ですが、こちらは園で用意してくれて、購入する所もありますし、個人で用意が必要なものもあります。

個人で用意するものとしては、クレヨン・はさみ・のりなどが一般的です。
何が必要かはそれぞれ園で確認する必要がありますし、園の方から○○を持ってきてくださいねと必ず連絡があります。
ハサミは子供用のものがありますので必ずそれにしましょう。

夏はプールが始まります。
水着やバスタオルが必要になります。
お子さんが小さい場合でおむつが取れていない場合はプールでも履くことができるおむつもあります。

通園用品で必要なもの

通園で使うバッグ類は必要になります。
園によっては指定の所もありますが、そうでない場合は購入しましょう。
肩から斜めがけする通園バッグと手提げの布バッグが必要になります。

バッグ類も家庭で用意することが多いです。
通園用は、幼稚園であれば指定のものがあるはずです。
保育園はおそらく自由にですから、お子さんの好きなものを持っていきましょう。
特に指定がなければお子さんの好きなキャラ物でも構いません。
お子さんが喜んで持っていけるようなものがいいですね。

また夏になるとプールもありますので、水着やタオルを入れるビニールの手提げバッグも必要になります。

大変な名前入れ、どうするといい?

さて、ここで大変なのは、ほとんどの持ち物に「名前」を入れなければいけないという点です。
保育園や幼稚園の場合、ほぼすべてのものに名前がいります。
着替えをすることもあり、自分のものかどうか子供では分からないことがあるため、靴下や下着にも名前を入れます。

一つ一つに丁寧にペンで名前を書いていってもいいのですが、名前入れ用のおすすめグッズもありますのでご紹介しましょう。

■名前スタンプセット

いろんな大きさでお子さんの名前でスタンプが作れます。
これでどんなものにでも簡単にポンポンと名前を入れることができます。
衣服はもちろん、小さいスタンプも作れるので、靴下やハンカチにも簡単に名前を入れることができておすすめです。
一つ作っておけば重宝しますよ。

■ネームシール(アイロンラバー・布用)

スタンプもおすすめですが、こちらのネームシールもおすすめです。
注文時に名前を記入すると、名前入りのシールが届きます。
あとはそれをアイロンで貼り付けるだけ。
しっかり圧着すれば洗濯しても剥がれません。
洋服・バッグ・ハンカチ、どんなものでもOKです。
デザインも豊富なので、お子様にも喜ばれるでしょう。

こういった商品を使って、効率良く、楽に名前入れを行っていきましょうね。

スポンサーリンク

入園準備に必要なグッズや小物類は手作りがおすすめ!可愛く作るコツや方法をご紹介します!

入園グッズに手作りのものを持たせたい、というお母さんも多いはずです。
手作りできそうなのは、手提げかばんや座布団カバー、お弁当箱を入れる袋、上靴入れ、前掛け、ひも付きタオルなどがありますね。

まずは手提げの布バッグですが、大きさは大体A4サイズぐらいがいいですね。
ちょっと厚めのキルティング記事がおすすめです。

手提げバッグは一から手作りしてももちろんいいのですが、それだと結構大変ですので、既成品を買って、フェルトなどで大きく名前を入れたり、ワッペンなどで可愛く装飾するだけでも全然違ってきます。

座布団カバーは、お子さんの好きなキャラものにする家庭が多いです。
また、汚れても目立ちにくいように色味の強い生地を選んでおくのもポイントです。

手作りは確かに大変で手間もかかりますが、お子さんの好きなデザインのグッズが作れますし、見た目にも愛情が感じられて非常におすすめです。
カバンであればポッケを付けたりと、自分でアレンジが効くのもメリットのひとつではないでしょうか。

シンプルな生地であっても、ワッペンを付けるなど工夫すればきっとお子さんも喜んで使ってくれすはずですよ。

ここで、手作りにおすすめの人気の手作りキットを販売しているサイトをご紹介しましょう。

■手作りキットのお店 te-tte ~テッテ~
http://www.te-tte.com/

「お裁縫は苦手だけどなんとか子供の入園用品を手作りで作ってあげたい」
そんなお母さんの声から生まれた手作りキット専門店です。

始めから規定のサイズにカットされたパーツが届くので、初心者のお母さんでも簡単に手作り用品を作ることができます。
手作りで一番難しいのは、素材選びとカットです。
それらが最初からされているので、気になる用品や柄を選ぶだけです。

お子さんのために手作りをしてあげたいお母さんは必見のお店です。

まとめ

入園グッズの準備は確かに大変ですが、かわいいお子さんの旅立ちの第一歩でもあります。
お子さんのお気に入りのキャラで揃えるもよし、少しだけお母さんの趣味を入れてもいいかもしれませんね。

手作りも難しいと感じるかもしれませんが、今は簡単に作れるキットも売っていますし、是非挑戦していただきたいですね。
大切なお子さんのためにも、楽しんで入園準備を進めてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ