タバコをやめたい!簡単に喫煙する方法や離脱症状を克服するコツとは?

スポンサーリンク

タバコ 禁煙 方法
最近ではタバコがとても値段が高くなってきていて、禁煙する人も増えてきました。
喫煙する場所も年々減ってきていて、喫煙者はますます肩身が狭い思いをしていますよね。

これを機に禁煙を意識しだした方も多いはず。
でもなかなかそう簡単にスパっとやめられませんよね。

そこで、今回はタバコ断ちしたい方におすすめな方法を紹介します。
禁断症状に打ち克って、禁煙を成功させましょう。


スポンサーリンク




タバコを止めたい!簡単に禁煙する方法・コツとは?


それでは具体的な禁煙方法を紹介していきましょう。
タバコにはニコチンという中毒性のある物質が含まれています。
これが体内からなくなると、また新たにタバコを吸って補給したくなるのです。

なので、いきなりタバコを吸う本数を0にしてしまうと禁断症状に耐えられなくなって挫折する可能性があります。
自信のない人は少しずつ、本数やニコチン摂取量を減らしていきましょう。

一日1箱吸ってた人は、半箱にするところからはじめてみてください。
これが一週間もったら、次はさらに半分といった感じで徐々に0に近づけていってください。

本数はそのままで、ニコチン量の少ないタバコに切り替えるのも手です。
6mgだったものを、3mgにしてそれがうまくいったら次は1mgのタバコに切り替える。
こうやって少しずつニコチンへの依存を薄くしていきましょう。


そして「タモリ式禁煙方法」というのも話題を呼んでいます。
やり方はいたってシンプルです。
タバコが吸いたくなったら、15秒数えて気持ちを鎮めるという方法。
たったこれだけの禁煙方法です。

これはタバコの欲求は15秒以上続かないという科学的な根拠を利用した非常に賢い禁煙方法なのです。
つまりは欲望が消え去るまでじっと耐える、というのがこのやり方の大元。

これによってタモリさんは、一日60本吸っていたタバコを最終的には0にすることができたのです。


禁煙中はどうしても口元が寂しくなってしまうもの。
これによって「一本くらいなら・・・」と再び吸い始めてしまう人も多いです。
そんなときは、飴をなめたりガムを噛むのもおすすめです。

口の中に何か入っていればタバコを吸うこともできなくなりますし、禁煙中の口寂しい感覚も払拭することができます。
一石二鳥の禁煙方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

ニコチンが恋しくなるという方は、ニコチンが少量含まれている禁煙ガムも発売されています。
薬局やドラッグストアで売られているのでこちらも使用してみてもいいでしょう。


禁煙の最大の難敵!離脱症状を乗り切るコツとは?



タバコには離脱症状というものがあります。
前述したように、ニコチンという成分は脳に対して中毒性を植え付けてしまうのです。

これによって少しでもニコチンが体内から抜けると補充したいという気持ちに駆られてしまうのです。
具体的にはイライラしたり、集中力が切れたりします。

ここをうまく切り抜けられるかどうかが禁煙できるかできないかの分かれ目になるといってもいいでしょう。


離脱症状は最後のタバコを吸い終わってから、早い人だと数分後には出てきます。
ただ、この症状は思った以上に短いのです。

個人差はありますが、2~3日で離脱症状は収まってきます。
これはニコチンというものが洗浄され完全に排出されるのに1日ないしは2日しか要さないからです。

いったん体からニコチンが排除されてしまえば、禁断症状に悩まされることはありません。
はじめの数日だけ耐え抜けば禁煙できる可能性はいっきに高まるでしょう。


スポンサーリンク




離脱症状を乗り切る方法やコツとは?


この症状を乗り切るために、まずはタバコのある環境を断つようにしましょう。
自分の保有するタバコを処分するのはもちろん飲み会やパチンコ店など、煙を吸ってしまう環境もなくしてください。

さらにストレス要因を最小限にするのもおすすめです。

過度なストレスを感じると、それを解消するためにタバコに頼ろうとしてしまいがちです。
そもそものストレス源をなくすことで、タバコへの依存度は抑えることができます。

ニコチンパッチ、電子タバコなどの禁煙グッズに思い切って頼るというのも有効な手段です。
クチコミなどを見て、自分に合いそうなものを使ってみましょう。


まとめ


喫煙者に聞くと、禁煙を一度は考えたことがあるという人が大半です。
意志をもって始めてもなかなか続かないのが禁煙。

完全禁煙は甘くないというのが現実ですが
今回紹介した方法を駆使して、タバコの誘惑を振り切ってくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ