白髪の原因|まだ30代なのに白髪になる原因は?ストレスや栄養不足?

スポンサーリンク

白髪 原因 30代

まだまだ30代、若いし無縁だと思っていたのにいつのまにか白髪が出てきてしまったという方も多いはずです。
若白髪の原因とは一体何なのでしょうか?

今回は白髪が発生するメカニズムを中心に、根本的な原因について詳しく調査しました。
白髪で悩んでいる方はぜひこの記事を参照してみてくださいね。

スポンサーリンク

30代なのに白髪になってしまう主な原因は何?ストレス?栄養不足?

白髪と聞くと、おじいさんおばあさんになってから生えるもの、つまり加齢が原因というイメージがありますよね。
しかし30代でも白髪の生えている人の割合は多いんです。
そもそもの原因は何なのでしょうか。

ストレス

いちばん有力な説はストレスによるものです。
ストレスを感じることが多くなると、必然的に白髪は増えていきます。
人はストレスを感じると、体の中でさまざまな変化が起こります。

その代表格と言えるのが自律神経の乱れです。
自律神経が乱れ始めると、まず影響が出るのが血行。
自律神経の不調は血行不良に直結しています。

その結果、髪の毛に本来行くはずの栄養素がなかなか行き届かなくなってしまうのです。
毛髪というのはその長さゆえ、末端まで栄養が行き届くのにはほかの組織と比べてただでさえ時間がかかります。

血行不良によってそれがさらに滞ってしまうと、白髪になる可能性がぐんぐん上がって行きます。

さらに私たちの髪の毛を黒く色づかせているメラノサイトという物質はストレスに極端に弱いという性質を持っています。
ストレスによって正常な働きを失ったメラノサイトは色彩を失い、これによって白髪が増加してしまうという結果になります。

白髪の増加のいちばんの天敵はストレスです。
仕事や家庭内において、過度なストレスを感じた場合はできるだけその環境を離れるかうまく発散するかしないと
白髪はどんどん増え続けてしまう一方になります。

食生活

そして食生活も自律神経を乱す要因のひとつです。
野菜の足りない生活、またはアルコールを毎日している生活、心当たりのある方はいませんか?
これらも白髪の増える要因として挙がっています。

ダイエットで食事を抜くようなことも、自律神経にはマイナスの働きをします。
しっかり三食、栄養バランスのとれた食事を取るようにしましょう。

生活の乱れ

寝不足、タバコ、運動不足も血行不良を助長させる原因になりませんません。
白髪の発生というのは前述したように、生命活動の低下から引き起こされることがほとんどです。

乱れた生活をしていると、その分のツケは体の活動低下として返ってきます。
白髪の増え始めはこれらのサインだと考えてしっかり自分の生活を見直すようにしましょう。

ちゃんと規則正しい生活をおくっているのに白髪が増えてきた、という方は頭皮ケアに力を入れてみてください。
毛穴のつまりや地肌の汚れは髪にとって悪影響を及ぼします。

シャンプー中に爪を立てないように、しっかり頭皮マッサージをするだけでも変わってきます。
まずは今日のお風呂の時間から、はじめてみてくださいね。

スポンサーリンク

紫外線

髪の毛を紫外線に長時間さらすことも、白髪発生の原因になってしまいます。

紫外線はメラノサイトの働きを低下させる働きを持っています。
黒髪は紫外線によって、色素をどんどん失って最終的には白髪になるのです。

紫外線が強い日は、帽子をかぶったり日傘をさしてしっかりガードするようにしましょう。

出産

出産を機に、白髪の数がどっと増える女性も多いのです。
理由は体内に分泌されるホルモンのバランスが乱れてしまうから。
この乱れによって、髪の毛の色素が抜けるという現象が起こってしまいます。

さらに産後の育児による過度なストレスも女性の白髪を増やす要因になっていると言われています。

遺伝

若白髪は遺伝であるという可能性も示唆されています。
「黒色の色素を合成する機能が低下している」という遺伝情報が親から子供に引き継がれるため、若白髪も遺伝するというメカニズムです。

そして親子で生活環境が似ていることも白髪が遺伝と言われてしまうことの一因になっているのです。
若白髪の遺伝は100%ではありませんが、かなりの確率で子供にも似たような形質が現れてしまいます。

まとめ

若いうちに白髪ができるなんて嫌ですよね。
数本であれば抜いて処理してもいいですが、ごっそり出てきてしまったら白髪染めしないといけませんし、ほんとうに厄介な存在です。

白髪の原因をしっかり見定めて、健康な髪の毛をキープしたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ