ゴールドのK10・K18・K24の意味とは?プラチナのpt表示も解説します

ゴールド K18 K10

クリスマスプレゼントにネックレスや指輪を贈りたい!という男性もたくさんいらっしゃるでしょう。
今までにアクセサリーの贈り物をしたことがあまり無い男性ならどんなものがいいのか迷いますよね。

ネックレスや指輪といってもその種類は無限にあります。
まず最初に一番大きな違いは素材ですよね。

貴金属のアクセサリーといえば、シルバー・ゴールド・プラチナがあります。
ごれぐらいなら知ってるよ!という男性の方、ではそれぞれ純度というものがあるのをご存知でしょうか。
実際にお店などに行って、予算を決めてネックレスを選ぶときに、必ず遭遇するのが純度です。

ゴールドならK10、K18、K24という風に表記してありますし、プラチナならpt900のように表記してあるのが純度です。

ここではゴールドやプラチナ、シルバーの金属の純度について説明していきます。
特にゴールドやプラチナを購入するときには純度で価格がかなり変わってきますので、アクセサリー選びの際の参考にしてくださいね。

こちらの記事もどうぞ
クリスマスプレゼント 妻にネックレスは?1万円でブランドが買える?

スポンサーリンク

ゴールドの純度の表し方とは?K10・K18・K24とはどういう意味?

ゴールドの純度の表し方はちょっと特殊で、K10、K18、K24と表記されています。
ゴールドは24分率で純度を表しているんですね。ちなみにこれは日本だけだそうです。

よく、「24金」とか「18金」という言葉を耳にしたことは無いでしょうか?

24金というのは「K24」のことで、24/24で純度100%、つまり純金ということになります。
24金というのは純金のことなんですね。

そして18金とは、「K18」と表します。
18/24なので、75%が金、残りの25%には銀や銅、パラジウムなどの別の金属が含まれています。

同じように「K10」は10/24で約42%が金、残りは別の金属ということになります。

金の純度が高いほどもちろん価格も上がります。

さて、ゴールドは純度もそうなのですが、色も記号で表記されているのをご存知でしょうか。
ゴールドのアクセサリーを選ぶ時に、ホワイトゴールドやピンクゴールド、イエローゴールドと言った色が付いているものがありますよね。

これは、例えばK18なら75%が金で残りの25%が別の金属であることは説明したとおりですが、この25%の金属の種類や比率を変えることで、ホワイトやピンク、イエローというような色をつけているんですね。

記号で表すと、
WG:ホワイトゴールド
PG:ピンクゴールド
YG:イエローゴールド

となります。

通常はK18WG、K18PG、K18YGのように、K○○(金の純度)の後ろに色を表す記号が付いています。
K18WGという表記なら75%の金、ホワイトゴールドという意味になります。

スポンサーリンク

プラチナの純度(pt表示)の表し方とは?

プラチナの純度はpt850、pt900、pt950、pt1000(純pt)と表記され、4段階に分かれています。
プラチナの純度は1000分率で表しますので、例えば、pt900と表記されていれば、900/1000となりプラチナの純度は90%ということになります。
残りの10%にはバラジウムやルテニウムなどの別の金属が含まれています。

当然ですが、純度が高ければ高いほど、価格も高くなります。
しかしプラチナのアクセサリー類はほとんどpt1000(純pt)を使用せず、大体pt950pt900を使っています。
プラチナはもともと柔らかくてよく伸びるという性質があり、純度が高ければ高いほど、細部の加工も難しく、傷つきやすいというデメリットがあります。

ですので、わざと少しだけ純度を落として他の金属を混ぜることで強度を上げるという目的があります。

シルバーにも純度ってあるの?

アクセサリーの中では最も安価で購入しやすいシルバーですが、シルバーにも実は純度があり、プラチナと同じく1000分率で表記します。
アクセサリーとして一般的なのは、純度92.5%のシルバーで「SV925」とか「925」と表記されています。

シルバーも純度が100%というのは柔らかくてアクセサリーとしては加工に向かない性質があるので、他の金属と混ぜて最適な色や強度を保ちます。
それが92.5%なんですね。

シルバーアクセサリーはほとんどが925を使っていますが中には950(95%)を使っている製品もあり、違いはほとんど無いと言っても大丈夫でしょう。

まとめ

以上、プラチナ・ゴールド・シルバーの純度や色について説明しました。
知らなかった~という男性の方は多いと思います。

プラチナだったり、K18のホワイトゴールドだったりすると、見た目はシルバーなので、ほとんど違いなんて分からないと思います。
もちろん見る人が見ればわかるんでしょうけど、アクセサリーに疎い男性にはちょっと違いを見つけるのは厳しいでしょう。

そんな時はちょっと注意して、アクセサリーに記された表示に注目してみてください。
高いな~と思ったらpt900だったりK18だったりします。

以上は知識として知っておくと、今後のアクセサリー選びにとても約に立つと思います。

こちらの記事もどうぞ
クリスマスプレゼント 妻にネックレスは?1万円でブランドが買える?

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ