昼寝に最適な時間は?効果的な昼寝で仕事効率をアップさせよう!

仕事中、どうしても眠くなってしまうことってありませんか?

仕事がつまらないとかいうわけではなくて、お昼を食べたあたりから、うとうと~と。
特に私は事務職なので机に向かってする単調な仕事は睡魔を誘います。

ちょっとでも午後の眠気を解消するために、お昼休みの時間を利用してお昼寝をしてみようかな、と思う今日この頃。

昼寝に最適な時間は?効果的な昼寝で仕事効率をアップさせよう!

ということで、お昼寝に最適な時間はどれぐらいなのか、午後の仕事が超はかどるような効率的なお昼寝の方法がないかなど、お昼寝についていろいろ調べてみました。


スポンサーリンク




昼寝に最適な時間とは?いつ頃何分間ぐらい寝ると良いの?


そもそも人間は、昼寝をするようにできているのです。
なぜお昼になると眠くなるのか、いろいろと説があります。

■お昼ご飯を消化するため

よくいわれるのが、食べたものを消化するため。
血液が胃や腸に集まり、脳への血流が減少するからという説です。


■睡眠物質の作用

睡眠を誘発する睡眠物質は、約30種類ほどあるといわれています。
食事をしたあとに血糖値が上がると、この睡眠物質が働きだし、眠くなるというものです。


■睡眠の周期が1日2回あるから

人間は起きてから眠くなるまでの周期が、1日1回だといわれていますが、実は1日2回あるという説です。
1回目のピークがお昼過ぎにやってくるので、昼間に眠くなるというものです。


昼寝が生理現象なのだとしたら、ではどの時間帯に昼寝をした方がよいのでしょうか。

最適な時間帯といわれているのは、午後1時から午後3時の間です。

その理由としては、人間が眠くなる周期が1日に2回来ると、1回目に眠くなるのが午後2時ごろだから。
もしくは、午後10時に寝て午前7時に起きた場合の、中間の時間の12時間後が午後2時間だからというもの。

そもそも午後3時を過ぎて昼寝をしてしまうと、夜の睡眠に影響が出てしまい、夜に眠られなくなってしまうということがあげられます。

とは言っても仕事中に午後1時からお昼寝をするのはほぼ不可能ですよね。
ですから、お昼ご飯を食べ終わって、ちょっと休憩して、12時半ぐらいからお昼寝をするのが最適ですね。


■昼寝は何分間ぐらいするのが理想?


昼寝に最適な時間は、20分程度と言われています。
人間の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠からなります。

眠りに入るとまず、浅いノンレム睡眠に入り、次にレム睡眠に入ります。
レム睡眠に入ってしまうと、人間は熟睡します。

熟睡している最中に無理やり起きると、頭も身体もはっきりと目覚めることができません。

ぼーっとしたままそのあとを過ごすことになります。
これでは昼寝が逆効果になってしまいます。

レム睡眠に入る前、すっきりと起きられる時間が昼寝にちょうどよい時間 = 約20分になるのです。


結論としては、
12時30分頃から昼寝をし始めて、20分経ったら起きる
これが理想的な昼寝と言えます。

これぐらいなら会社でも環境によってはできる人も多いのではないでしょうか。


スポンサーリンク




効果的な昼寝の方法を知って仕事効率をアップさせよう!


昼寝を効果的に摂るには、「寝すぎない」これに尽きます。


時間先ほども言いましたが20分間が理想です。長くても30分は超えないようにしましょう。
あくまでもすっきりと起きられる時間にとどめておく。
これが大事です。

オフィスで昼寝をとる場合、椅子にすわったまま眠るのがいいでしょう。

あくまでも仮眠なので、ぐっすり寝入ってしまわないようにしなくてはなりません。

机に突っ伏して寝るか、背もたれに身体を預けて寝るかは、それぞれのお好みのスタイルでどうぞ。
ただし、首に負担がかからないように気を付けましょう。


お昼寝をより快適なものにするためのグッズもいろいろありますのでいくつかご紹介しましょう。

■王様のうたた寝枕



机に突っ伏してお昼寝をするのにまさにうってつけのグッズです。
机に突っ伏すと腕がしびれたり、おでこやほっぺたが痛くなったり、跡が付いたりしますが、これならとても快適にお昼寝をすることができます。


■快眠用 繰り返し使える遠赤外線アイマスク



アイマスクなのですが、遠赤外線効果で疲れ目に効くという優れもの。
明るいオフィス内でどうしても眠れない時は、アイマスクは必須です。


■crescendo OFFICE イヤープロテクター



完全に音をシャットアウトするのではなく、オフィス内の騒音を軽減してくれる耳栓です。
完全に聞こえなくなる耳栓だと寝すぎてしまうこともあるので、この耳栓はおすすめです。


昼寝前にカフェインを摂取しておく


昼寝からすっきり目覚めるには、カフェインをとることが有効です。

カフェインには、睡眠物質のひとつである、アデノシンの効果を阻害する働きがあります。

カフェインを摂取するためには、コーヒーか紅茶、日本茶を飲むのがいいでしょう。
たとえば温かいコーヒーの場合、カフェインを摂取してからその効能が現れるまで、30分かかります。

昼寝に最適な時間は?効果的な昼寝で仕事効率をアップさせよう!

つまり昼寝をする前に温かいコーヒーを飲んでおけば、目覚めたころにカフェインが効いてきて、すっきり目覚められるというわけなのです。

アイスコーヒーの場合は、カフェインを吸収する小腸粘膜の毛細血管が縮小するため、効き始めるまでには1時間かかります。

ですので、ご飯を食べたら食後のコーヒー、そしてお昼寝という順番がベストなんですね。


まとめ


オフィスでお昼寝をするのは午後の仕事にはとても有効だと言われています。
会社によっては積極的に昼寝を取り入れている会社もあるそうです。

最適な時間や方法を知ることで、より質の良い昼寝が出来て、午後の仕事もきっとはかどることでしょう。
もし昼休みに昼寝ができる環境にあるのでしたら、ここに書いた方法やお昼寝グッズなど試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ