自転車の違反の罰則・罰金はどう変わったのか?~2015年6月道路交通法改正を受けて~

2015年6月1日から道路交通法が改正され、自転車の違反に対する罰則が厳しくなった!というニュースをよく耳にするようになりました。

では、どのように厳しくなったのか?どんな行為が違反行為なのか?どんな罰則があるのか?
など具体的な内容は知らない人がまだまだ多いと思います。

私も主婦なので近くのスーパーに行くときには自転車に乗りますし、子供はもう少し大きくなれば自転車で学校に通学するようになります。

これはもう他人ごとではないんです。

そこで自転車の違反についてや罰則についてなど詳しく調べてみました。


スポンサーリンク




多くの人が勘違いをしている?改正された内容とは?


2015年6月に改正された道交法によって何がどう変わったのでしょうか。
近所のママ友さんや会社の同僚さんたちと話をしていても、多くの人がこの部分を勘違いされているように思いました。


まず改正されたポイントを挙げてみましょう。
それは、自転車の危険運転に対する取り締まりが強化されたという点です。

話を聞いていると、多くの人が勘違いしているのが、
・傘さし運転がダメになった
・スマホを触ったり、イヤホンで音楽を聞きながらの運転がダメになった
・歩道を走ってはいけなくなった

とうもの。

つまり、今までは大丈夫だったのにこれからは禁止になって違反すると罰則が付くようになったと思っている人が多いんです。
これは大きな間違い。


6月から改正された道交法ではこれらが新たに禁止されたのではなく、こういった危険運転に対する取り締まりの方法が変わったのです。

簡単に言うと、今までは見逃してもらっていた、もしくは厳しい取り締まりがされていなかったのに、今回からビシビシ取り締まりがされるようになったのです。

どういうことなのか具体的に解説していきますね。


自転車の危険運転に対する取り締まりが厳しくなるとはどういうことなのか?


これまでは自転車で違反をしていても、警察はその場で注意をすることはあっても「摘発」まではなかなか行かなかったのが現実です。

それはなぜか。

改正される前は自転車での違反・危険運転は即赤切符、つまり刑事罰が課されて前科が付くというものでした。
略式起訴されて、罰金刑が課され、いわゆる「前科」が付いてしまうのです。

しかしながら、自転車の違反というのはうっかりのミスというのがかなり含まれます。(中には悪質なものもありますが。)
その軽微な違反に対して、罰金刑が課され、前科が付くというのはさすがに現実的ではなく、ほとんどの場合が注意ぐらいで済んで、摘発されなかったのです。

警察官にとっても、赤切符というのは事務的な手続きもたくさんあるし、時間もかかる、大仕事なんですね。
警察だけではありません。
起訴されるのですから、検察や裁判所もそれなりの手間がかかります。

なので今までは自転車の軽微な違反ぐらいではほとんどの場合が摘発されずに注意だけで済んでいたのです。

余談ですが、車の違反には青切符と赤切符があります。
車でも軽微な違反は青切符を切られ、反則金を支払います。

重大な違反(酒気帯びや危険運転など)は赤切符で、罰金刑ということになります。


ところが自転車には反則金制度というのがなく、どんな違反に対してもいわゆる赤切符と同等の罰則しか無かったために、軽微な違反は「見逃されていた」のですね。


そして、今回の改正の大きなポイントがここにあります。

道交法で定められた自転車運転の14項目の危険行為に違反した人は、罰金刑ではなく、安全講習の受講を義務付け、講習料を支払うことでいわゆる反則金のような制度に変わったのです。


この新制度によって、どうなるのか。
それは警察官が取り締まりをしやすい環境になったということなのです。

今までは一発で「前科が付く罰金刑」しかなかったため、摘発に慎重だった警察官がほとんどでしたが、反則金制度が導入されたおかげで、これからは自転車の違反に対して、今まで以上にビシビシ取り締まりができるようになった、ということなんです。

自転車に乗る側としては、いきなり罰金刑が課されるリスクが無くなる代わりに、取り締まりがきつくなり、安全講習を受講しなければいけないというケースが増えるのです。


なぜ今回このような改正に繋がったのか?


ではなぜ今回、このような改正に繋がったのでしょうか。

全ての交通事故の中で、自転車による事故の割合は年々高くなっていて、自転車の違反による死亡事故も増えてきているのです。

特に自転車対歩行者の交通事故が、2005年から2015年までのここ10年で1.5倍にも増えています。
そのほとんどは自転車が第一当事者となっている事故です。

第一当事者とは、簡単に言うと、その交通事故における過失が重い方、もしくは過失が同じぐらいなら、人身損傷程度が軽い方を指します。

そうした背景から、自転車の危険運転に対する取り締まりをもっと強化しなければならない、というのが今回の改正の目的なんですね。


スポンサーリンク




違反して取り締まりを受けたらどうなるの?安全講習って何?


違反が見つかれば即安全講習を受講ということではありません。
道交法によって、14項目の危険行為が定めらていて、3年間で2回以上違反をした運転者は安全講習の受講が義務付けられます。

2回以上というのは、2015年6月以降の累積回数です。
何回目かというのはデータでしっかり残っています。

安全講習は正確には自転車運転者講習といい、公安委員会から受講するように命令が来ます。
安全講習には5,700円の受講料が必要となります。
これが実質的な反則金となりうるのです。


この受講命令を無視して、3ヶ月以内に講習を受けなかった場合は、裁判所への呼び出しがあり、事件として扱われ、5万円以下の罰金が課されます。
つまり赤切符と同等の罰則になるということです。

なお、安全講習の対象は14歳以上ですので、中学生や高校生でも違反したら取り締まられて、講習(反則金)の対象になります。

子供だからと言って、知らないでは済まされないのです。


具体的な違反の内容は?傘差し、イヤホンはダメなの?


自転車 違反 罰則

では、自転車の危険行為というのはどういうものなのか具体的に解説します。
まず、定められた14項目というのは以下を指します。

1.信号無視
2.通行禁止違反
3.歩行者専用道での徐行違反等
4.通行区分違反
5.路側帯の歩行者妨害
6.遮断機が下りた踏み切りへの進入
7.交差点での優先道路通行車妨害等
8.交差点での右折車妨害等
9.環状交差点での安全進行義務違反等
10.一時停止違反
11.歩道での歩行者妨害
12.ブレーキのない自転車運転
13.酒酔い運転
14.安全運転義務違反


なんだか難しいですね。
信号無視や踏切、一時停止ぐらいは分かりそうですが、ここでは特に気をつけなければいけない点、普段からやってしまいそうな点をまとめてみます。

・道路の左側(車と同じ方向)を通行する。右側通行(車とは逆走)はダメ!
・原則として車道を走る。やむを得ない場合は徐行しないといけません。
・歩道がない道路の路側帯では歩行者の通行を邪魔してはいけない。歩行者優先!
・スピード違反(標識より遅くても歩行者に危険と判断されればNG!)
・「止まれ」の標識がある交差点では、一旦止まって足を地面につけなくてはいけません。
・携帯電話を見ながら、イヤホンで音楽を聞きながら、などの運転
・雨の日の傘差し運転。雨の日に乗る場合は、レインコートを着用するようにしましょう。
・2人乗り。小さい子供を乗せる場合は専用のシートがついていればOKです。
・並走。友達同士でしゃべりながら横に並んで走るのはアウトです。



通学時などによくやってしまいそうなことを挙げました。
これ全部アウトです。

ちなみに、上記で挙げた14項目の危険行為は以前からある法律です。
ただ、摘発されなかっただけのことです。

これらの危険行為、やってる人いませんか?
中学生、高校生のお子さんをお持ちのお母さんには特に注意をしてもらいたいです。

今すぐ意識を変えて下さいね。


まとめ


2015年6月に道交法が改正され、自転車の違反に対する取り締まりが厳しくなりました。
今までは見逃されていた軽微な違反も講習の受講(受講料の支払い)といういわゆる反則金制度のようなものになり、これからは取り締まりもかなり厳しくなるでしょう。

特に誰もがやっているであろう、傘さし運転やイヤホンで音楽を聞きながら運転は取り締まりの対象です。

今まで大丈夫だった、まだ学生だから、まだ子供だから、というのは通用しなくなります。
なぜこれらがダメなのか?ということを再認識するいい機会です。
これらの行為は本当に危険なことなのです。


自転車は軽車両なのです。
危険な行為によって歩行者を危ない目にあわせる可能性を十分に秘めています。

自転車で重大な事故に繋がる前に、今すぐ意識を改めましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ